CONNECTION
遠藤泰子 B4-401 どんどんばんばん ヤスコの被害妄想 文陽社 昭和50年 C:B 
¥1,200
さわやかなソーダー水の味。和田誠画も効いている。
遠藤泰子 B4-866 あったかいことばで話したい 大和書房 1989年 C:B 献呈署名入 ¥1,000
1966年TBS入社と略歴にありますから今やアナウンサーとしてかなりの古参(TBSはは1971年退社)、順風満帆の歩みと思っていたら修羅場をくくりぬけてこられたんですね、放送業界についてつづった章など闊達にして鋭くことばは柔らかいけれど辛辣。
今江祥智 B4-261 ぱるちざん 大和書房 1974年 C:B ビニールカバー装 ¥1,500
大衆がいた時代─「平凡」の雑誌とスタアたち
平凡 B4-883 お好み座談会 夕涼みユーモア劇場(三木鶏郎 柳沢真一 宮城まり子 力道山 南田洋子ほか 凡人社  昭和28年8月号 C:B ¥1,600  
希望対談 若尾文子・菅原謙二 表紙 雪村いづみ 口絵 有馬稲子 若尾文子 鶴田浩二ほか 仲よし浴衣 嵯峨三智子・中村扇雀。
平凡 B4-935 表紙 雪村いづみ 昭和31年12月号 C:B 付録欠 ¥1,400
「われらはカタキ役」(田中春男 高松英郎 菅井一郎 殿山泰司 上田吉二郎ほか) 希望対談 美空ひばり 三橋美智也
週刊平凡増刊 B4-711 カメラがとらえた3年間 平凡出版 昭和37年 5/31 C:B  ¥1,500
週刊平凡創刊3周年記念号、前半は皇室関係、後半は芸能人・著名人の悲喜こもごも、海外旅行などのグラフ特集。B5サイズ264ページ。
週刊平凡特別増刊 B4-712 芸能界この30年のアルバム 平凡出版 昭和52年 1/15 C:B 擦れ ¥2,000
戦後芸能界の総決算 昭和のヒット・ソング、日本の女優(秋山庄太郎)、年表などすたー・グラフ史。B5サイズ294ページ。
週刊平凡特別編集 B4-47 日本の大女優 週刊平凡の時代 マガジンハウス 1999年 5/25 C:B  ¥1,500
1959(昭和34)年から1973(昭和48)年までの時代を追いかけて、女優たちの輝きのヒトコマを追うグラビア集。もちろん懐かしのモノクロです。
週刊平凡 B4-880 卒業式 吉永小百合 市川好郎 伊東ゆかり 和泉雅子 平凡出版 1963(昭和38)年4/4号 C:B ¥1,000
おしやべりジャーナル(対談)は青島幸男×石原裕次郎 「今週のハイライト」は石原慎太郎 渥美清 加山雄三ほか 「さようならバス通り裏」では5年続いたNHK連続ドラマが3月30日の放送で最終回の話題を伝える。表紙は入江美樹 E.H.エリック 浜田光夫。
平凡パンチ B4-100 わたしの嫌いな人 平凡出版 昭和43年6/17 C:B ¥800
週刊平凡最終号 B4-267 28年間をありがとう マガジンハウス 1987年10/6 C:B ¥1,000
1959-1987素顔の芸能史、トップ記事でみる芸能事件史、私と週刊平凡など。
大橋歩 B4-936 大橋歩の生活の絵本 愛の画文集 婦人生活社(発売) 昭和53年 C:B ¥2,300
函入りだったようですが本体のみです、雑誌「私の部屋」の臨時増刊号として発売された大型本。
立木義浩 B4-851 コミュニケーション 集英社 2003年 C:A 帯 ¥1,400
いい本です、人とのつき合い方をテーマにしていますが1950年代後半からの回想と交友録。恩人である堀内誠一を筆頭にキラ星のごとく才能ある人との出会いを語る。人名索引がないのが惜しい。
高橋睦郎 B4-855 友達の作り方←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています  マガジンハウス 1993年 C:B 帯 ¥1,700
帯に太く「ぼくの60年代」とあり副題に「高橋睦郎のFriends Index」とあるように著者の交友録、巻末の人名を網羅した「いんでっくす」も便利で400ページを超す昭和人物帖。余談ですが「ルンルンを買っておうちに帰ろう」(角川文庫 林真理子)の解説(高橋睦郎)にはシビレましたね、もちろん本文にもですが・・・。女性に生き方を説く著書の多くがルンルンの出現で色褪せてしまった、というのは言い過ぎか。
山田宏一 和田誠 金井美恵子ほか B4-917 教養主義! フリースタイル 2003年 帯 C:A ¥500
映画(山田宏一) グラウィツク・デザイン(和田誠) 児童書・絵本(金井美恵子) ノンフィクション(井家上隆幸) エンタテインメント小説(石上三登志) 詩歌(高橋源一郎)らが説くひと味違った12のレッスン。どこを読んでも誘いこまれる発見があって目が釘付けに。特に和田誠の章は教えられることばかり。
岸田今日子 B4-937 あの季この季 朝日新聞社 1998年 C:B ¥600
「春隣」(はるとなり)は冬の季語で春はもうそこなのよ、を示すとある(39ページ)、いい言葉ではないか、はるとなり。「ぶらんこ」は春の季語だいう、知りませんでした、云われてみれば風に舞い小さな少年がギコギコぶらんこをこぐ姿は春にふさわしい。俳句を織り込んだエッセイですが表紙も素晴らしい(和田誠)
山際素男 B4-966 岸田今日子 吉行和子とのインド旅日記 脳みそカレー味 1985年 C:B ¥1,000
★昭和時代探訪古書店★

最新情報
古書藍書房TOP
A 昭和の時代と日本映画
日本映画黄金時代
昭和という時代 
奇人・変人・天才


B こんな人たちがいた
とてもかなわない人たち
高峰秀子本

対談の時間
イラスト・写真がいっぱい

C 文庫三昧
文庫の読み方
こんな文庫がいた

ご注文の流れ
古物営業法および通信販売法についても記載しています
松田道弘の本はどこかシャレていて遊び心と不思議の世界の扉を開けるような好奇心に満ちている。和田誠の世界に相通ずるものがありそう。映画のはなしも盛りこまれていたりします。
松田道弘 トリックランド
雑誌のつまみ食い
週刊現代 B4-993 天野祐吉さんにこれからの日本人の「生き方」について聞いてみた 週刊現代2012年3/10号 講談社 C:B ¥400
この1年(2012年)でもっともしみた文章のひとつ。モノクログラビア8頁にわたっての<天野祐吉さんにこれからの日本人の「生き方」について聞いてみた>は今年の金星、正岡子規の「ユーモア」と「想像力」をヒントに3・11大震災後の日本人のこれからを語る。震災は「暴力の時代」だった20世紀の遺物をぶっつぶした感じがする、私たちはどう生きるか。根っこにあるのは<ことばは元気ですか?>だろうか。 この号には大特集「いまいてほしい『12人の誇れる日本人』」があって高峰秀子(中島誠之助)渥美清(早坂暁)向田邦子(向田和子)らが選ばれている。
散歩の達人 B4-922 特集 銀座でなごむ 創刊1周年拡大号 弘済出版社 1997年6月号 C:B ¥400
刊行の1997年なんてついこの前の感じですがページを繰ると様変わりしたことを実感、「昔横丁 四谷荒木町を歩く」のページも。
Prints21 B4-931 LES JEUX お遊戯 金子國義 プリンツ21 1996年 C:B 付録 アートカード付 ¥500

エスクァイア B4-7 創刊100号記念 MADE IN AMERICA いつの時代もヒーローがいた エスクァイア マガジン ジャパン 1996年4月号 C:B ¥500
サブタイトルがThe American Hero1946-1996。戦後から今日(当時)にいたるアメリカンヒーローの系譜をたどる。川本三郎×井上一馬の対談がヒーローの変遷を語る。
BRUTUS B4-100 さあ、ブックハンティングの季節です マガジンハウス 2004年1月号 C:B ¥400
「本好き50人、400冊ハンティングの旅!」というサブタイトル通り。今どきのトレンドというやつ、勉強になります。
BRUTUS B4-388 特集 美術館 博物館 図書館 美と知の101コラム マガジンハウス 1992年12/1 C:B ¥400
日米欧の施設、特色を縦横に取材。
キング2月号特別付録 B4-48 1956年映画読本 付・芸能スタア名鑑 講談社 昭和31年2月号 C:C 小口ヤケ・本文ムレ・シミ ¥500
雑誌付録。付録とはいっても日本映画黄金時代にふさわしく200ページにわたってグラビア・スタアの話題・よもやま話など盛りだくさん。銀幕にあこがれる読者層も厚かったのでしょう。
太陽 B4-116 今、冴えてる女 平凡社 1982年11月 C:B 背シミ ¥700
「私が選んだ気になる女、いい女」「当世冴渡女人録」がメイン。80年代は女の時代なんて声もありましたな。表紙は樹木希林。
柳生博 生和寛 B4-773 風景を作る人 辰巳出版 平成9年 C:B 帯 署名入 
¥1,400  
The Way of Gardening in His Stile
FOREST FARM B4-774 森の標本箱 小学館 1994年 C:B ¥600
見つける、つくる、感じる、新しい森の遊び(副題)
浜美枝 B4-913 浜美枝の大切なものは、土と太陽の匂いがする 文園社 2002年 C:B 帯 署名入 ¥1,400
中学生の時に出会った1冊の本(柳宗悦)のことばに魂を揺さぶられたとあります。
面白グラフィティ 
藤田千栄子 井上保編 B4-998 タップ&ダンス 話の特集 1992年 C:B 
¥3,500
対談・座談でショウ・ビジネス、映画の世界を駆け巡る。吉田タケオ 笈田敏夫 殿岡ハツ江 雪村いづみ 黒柳徹子 和田誠。
内藤ルネ B4-980 内藤ルネ展 ロマンチックよ永遠に 朝日新聞社 2008年 C:A 
¥2,500
本文135ページ 資料28ページの図録。天地280mm左右225mmの大型判。
Prints21 B4-986 21世紀の手塚治虫 プリンツ21 2000年秋 C:A 
¥1,500
オリジナルポストカード&セル画付き。知る人ぞ知るこの企画編集はハンパではありません。濃くて詳しくてきれいで・・・
杉浦茂 B4-999 杉浦茂のちょっとタリない名作劇場 筑摩書房1993年 C:B 帯 
¥2,700
ぶっとんだ本です、雪国 たけくらべ 坊ちゃん 路傍の石 一握の砂・・・と続けば誰もが知っている名作なのですが杉浦ワールドに引き込まれるとこれこの通り。ニンゲンはこれくらいヘンでもいいんだ、と励ましてもらっているようでただただ凄いの一言。週刊誌のサイズですが本はハードカバーで堅牢。
筒井康隆 B4-987 筒井康隆全漫画 奇想天外文庫 昭和51年 C:B ¥400
池島信平 B4-991 洋酒マメ天国27巻 架空会見記 サントリー 昭和43年 C:B 
¥600
カットは和田誠。このシリーズを称賛(?)する読書家の方も多い、けれども本の造作としては最低・最悪、本文が洒落ているだけに困ったものです。やはり本に似せて作った本もどきで小型本とはとても言えない。そんな粗雑さもいいのよ、となれば確かに面白いシリーズ。
長谷川集平 B4-103 こじこじ映画館 平凡社 1989年 C:B 帯 ¥1,400
絵本作家が綴る絵と文章による映画日記帖。のっけから「ぼくの叔父に浦山桐郎という映画監督がいて・・・」には驚いた、キネ旬に連載されていました。
重松清・長谷川集平 B4-174 エイジ 朝日新聞社 1999年 C:B ヤケ ¥700
「朝日新聞」夕刊に1998年連載されたnewspaper version。つまり新聞に掲載された本文・イラストをほぼそのまま再録したもの。これが軽くて味わいがあるいい感じなんです。
山中恒 長谷川集平 B4-206 おれがあいつであいつがおれで 旺文社 1980年 C:B 
¥1,600
大林宣彦監督「転校生」の原作。男子と女子が、それも思春期の時期に入れ代わるというアイディアが秀逸。TVドラマにもなりました。
藤原マキ B2-934 幸せって何? マキの東京絵日記 文春文庫ビジュアル版 1987年 C:B ¥1,200
東海林さだお B4-108 ショージ薫の漫画文学全集110選 文藝春秋 2004年 C:A 帯 ¥1,100
堂々700ページを超す、背の厚みだけでも3cm以上あります。帯に「シェイクスピアから太宰治まで、古今東西の文学作品にいどむ!」とあります。
東海林さだお B4-175 なんたって「ショージ君」東海林さだお入門 文藝春秋 1999年 C:B 帯 ¥1,100  
「東海林さだお入門」といいながら800ページに及ぶ自選集。人間皆チョボチョボというようなこの俗物根性がたまらない。グラビアまであり。装丁は和田誠。

東海林さだお B4-935 ピンキリ君 奇想天外文庫 昭和52年 C:B ¥500
解説は中山あい子、「哀愁と含羞」が残ると・・・
滝田ゆう B4-450 滝田ゆう名作劇場 文藝春秋 昭和53年 C:B ¥1,700
質屋の女房(安岡章太郎) 苦いお茶(木山捷平) 名刺(永井龍男) 夏の葬列(山川方夫)・・・。
滝田ゆう B4-660 寺島町奇譚(全) ちくま文庫 1988年 C:B ¥400
校篠剛 B4-954 ぬけられますか 私漫画家 滝田ゆう 河出書房新社 2006年 C:A 帯 ¥1,000 
新潮社の「小説新潮」に配属になって担当したのが滝田ゆうとの初対面だった。
遠藤周作 B4-451 恋の絵本 大和書房 1971年  C:B ¥400
多田敏捷 B4-78 ブリキのおもちゃ博物館 京都書院アーツコレクション 平成9年 C:B ¥900
江戸時代から昭和にいたるブリキの小道具と玩具の文庫判グラフィティ。プラスティックに変わったのは昭和40年台からで戦後は進駐軍のごみの空き缶を材料にして製作されたという。
田中健 B4-83 Les Angels d´amour 愛の天使たち 京都書院アーツコレクション 平成10年 C:B ムレ ¥400
アサヒグラフ別冊 B4-875 長谷川町子絵画館  朝日新聞社 2000年 C:B 
¥900
人物画、陶芸、動物植物、童画など未発表の作品や略年譜で特集の一冊全部長谷川町子。表紙画は50歳代後半から60歳頃のものだとある。
吉行淳之介 篠山紀信 B4-92 ヴェニス 光と影 新潮文庫 平成2年 C:B ¥300
東京イラストレーターズ・ソサエティ/井上陽水 B4-111 心もよう 115人のイラストレーターが描く井上陽水の115曲  メディアファクトリー 1997年 C;B ¥2,300
吉行淳之介 野坂昭如 丸谷才一 絵 和田誠 B4-114 大人の絵本 あゝ人生日記 新潮社 昭和58年 C:B ¥1,600
「あゝ文士劇」「人生市場」「ぼくのニセ絵日記」「大声で語れゴシップ」の4章から成る。文章のスペースは下段にレイアウトされて全編カラーイラストで展開されて、文字通り絵本というか画集というか・・・。絵を見ているだけでも楽しめる。第4編は4人の座談、これがまたおかしい。
サトウサンペイ B4-398 見たり、描いたり。 朝日新聞社 1995年 C:B ¥600
「暮しの手帖」に連載されたものの再編集版、自伝的戦後スケッチ。
サトウサンペイ B4-711 スマートな日本人 絵で見る 海外マナー 日本交通公社 昭和49年 C:B 献呈署名イラスト入 ¥1,800
文藝春秋デラックス B4-130 ジョーク&パロディ 文藝春秋 昭和53年5月号 C:B ヤケ ¥1,000
文藝春秋編 B4-933 ギャグマンガ傑作選 文春文庫ビジュアル版 1988年 C:B 帯 少シミ ¥800
766ページというヴォリュームもさることながら懐かしのスターアルバムや少年少女誌の付録やグラビア、広告、メンコ大図鑑などの「付録」(本文内)もあってよくぞここまでという力技に脱帽。
高木京子 B4-181 縁起笑店 京都書院 平成10年 C:B ¥600
招き猫に七福神、「月見るうさぎ」や「金運のたつお君 あ・うん」なんてのもありましてとにかくおかしい。
和泉雅子 B4-220 和泉雅子写真集 ハローオーロラ! 文藝春秋 1994年 C:B 帯 署名入 ¥1,000
鳩よ! B4-920 詩 私の歩いた道 美空ひばり マガジンハウス 昭和63年新春号 C:B ¥700
イラストレーション B4-176 特集 峰岸達 昭和ノスタルジー 玄光社 1995ー9 NO.95 C:B ¥500
昭和ノスタルジック・シアターと題して峰岸達特集がカラー6ページにわたって紹介されています。「昭和の時代」コーナーも合わせてご覧下さい。もうひとつの特集は「女性誌の徹底研究」。
スタジオヴォイス B4-454 特集 昭和の肉体 流行通信社 1991年8月号 C:A 
¥1,400
昭和35年から45年までの「高度成長、怒涛のニッポン文化論」に斬り込む。インパクトのある特集です。
イラストレーション B4-396 特集 似顔絵入門 玄光社 1983ー9 NO.22 C:B ¥600
山藤章二 和田誠 吉田カツらの名人登場。
漫画読本 B4-920 特集 新東京早わかり・ギャンブル金言集 文藝春秋 昭和41年新春特別号 C:B ¥500
「東京、わが偏見」山口瞳 「浪速のオンナの物語」(殿山泰司) 「意地悪ラッシー」(長谷川町子)
野口久光タッチ! 
三原佐知子 B4-979 ねこのるすばん 福音館書店 1990年 C:B ¥400
こどものともペーパーバック、古本屋にならなければ絵本に出会うということなどなかったに違いない、絵本というヤツこれが結構楽しい、小さな指が頁をめくり、指がたどった皺やちょっとした痕跡やじっと見つめた絵が今ここにある。時間が過ぎて紙も古びてきて、こんなに豊かな絵と物語だったのかと改めて驚く優れた絵本との再会。古びて見えるということの良さがなぜか絵本だと生々しく分かる。
佐々木マキ B4-976 はぐ(こどものとも年少版) 福音館 2011年11月号 C:A 折込ふろく付 ¥400
海辺、遠くに船が浮かび、のんびり進んでいる。久しぶりに会えたね、で、はぐ。すばらしい、2011年(つまりは大震災以後)に刊行されたということも含めて。
鈴木隆 和田誠・画 B4-145 はらまき大砲 国土社 1986年 C:B カバー欠 
¥1,200
明るくユーモアいっぱいの冒険ロマン。「はらまき」というのがおかしい。
きたもりお わだまこと・え B4-185 よわむしなおばけ 旺文社ジュニア図書館 1978年  C:B カバー 部分褪色 ¥1,900
北杜夫 B4-208 大日本帝国スーパーマン 新潮社 昭和62年 C:B 帯 献呈署名入
¥2,000
谷川俊太郎 和田誠 B4-370 けんはへっちゃら あかね書房 1976年 C:B カバー欠 ¥600 
ハードカバー版。
谷川俊太郎 和田誠 B4-885 とおるがとおる あかね書房 1997年 C:B 署名入 カバー欠 ¥1,600
谷川俊太郎 和田誠 B4-369 せかいはひろし あかね書房 1978年 C:B 
¥1,600
ハードカバー版。
谷川俊太郎・作 和田誠・絵 B4-933 ワッハワッハハイの冒険 講談社 昭和46年 C:B ¥1,200
2005年に新風舎から函入で復刊されていますがこちらは最初の講談社版、カバーか函があったかどうか不明ですが本体のみです。
長新太 B4-437 ブツブツとうさん ほらふきノート 晶文社 1973年 C:B ビニールカバ装 ¥3,400
ふくやま美術館編 B3-990 ふしぎな長新太展 ふくやま美術館 2002年 C:B 
¥2,700
長新太が好きなすべてのオトナたちのための図録。
長新太 B4-892 こどものとも453号 なんじゃもんじゃはかせのおべんとう 福音館書店 1993年 C:B ¥500
この色はどうだ。空の色ひとつとっても変幻自在。
長新太 B4-990 ぼくのすきなおじさん 童心社 1993年 C:B 擦れ ¥600
ハードカバー判。
松居直 B4-980 こどものともの歩み 付・創刊号から400号までの作品一覧表 福音館書店 C:A ¥1,000
こどものとも復刻版の付録として刊行されたもの。〝こどものとも〟の原資料、B5判8ページ。
飛ぶ教室 B4-956 飛ぶ教室 季刊 児童文学の冒険 光村図書 1981年創刊号 C:B 
¥600
対談 長新太・河合隼雄、工藤直子 今江祥智 まど・みちお 山田太一 落合恵子ほか。
松居直さく 長新太え B4-979 ぴかくん めをさます 福音館書店 1998年 C:B 帯 
¥300
街を俯瞰でとらえた見開き頁、長新太らしいのびやかさ。
長新太 B4-700R ブツブツとうさん ほらふきノート 晶文社 1973年 C:B 献呈署名入 ビニールカバ欠 背色落ち 擦れ ¥3,500
長新太 B4-900 子どもの本諸国漫遊記 理論社 1992年 C:B 帯 ¥1,200
長新太は詩人でもあったのでは・・・。
長新太 和田誠 B4-903 ハンバーグーチョキパー こどものとも 年少版 福音館書店 2009年3月 C:A 差し込み付録付 ¥500
長新太の遺作か(?)、小さい字で「しあげ和田誠」と記されている。
今江祥智 さく 長新太 え B4-988 きみとぼく 福音館 C:B カバーもしくは函欠 1970年(74年6刷) ¥1,500
ハードカバー角背のしっかりした絵本。ワクワクしながら物語のたのしさを追いながら、その先に命とか仲間とかかけがえのないものがフワッと降りてくる。優れた文と絵に脱帽です。
長新太 B4-911 トリとボク あかね書房 1985年(1995年6刷) C:B カバー付 ¥2,000
絵と文は長新太、代表作のひとつとして語り継がれる名作。この色!
月刊絵本 B4-878 特集 長新太 盛光社 昭和48(1973)年9月号 C:B 
¥1,900
長新太が児童文学にもたらした影響は、(または今後に於ける憶測は)人種的、階級的、思想的なあらゆる人間の分化対立をエロティシズムが同一平面に平等化するように、(子どもの味方ケストナーがしようとしてできなかった)子どもと大人の対立関係を同一平面に均質化してしまう、例えば“遊び”の優位性を導入したことではないでしょうか。」 堀内誠一が降ろした探針は長新太の世界と歩みを鮮やかに描きだして呆然としてしまう。堀内誠一は論理の人でもあったのだろうか、「なにによって絵本は進化するか 長新太の絵本をたどって 」(引用は29ページ)。
長新太 A3-977 絵本画家の日記 ブックローン出版 1994年 C:B ¥2,000
長新太 B4-893 絵本画家の日記2 BL出版 2003年 C:B ¥2,500
この本を読むと浮かび上がってきます、ファイティング・ポーズの長新太。生真面目、良識がつまるところ支配してしまうこの世界。そこからこぼれ落ちてしまうものにホンモノが潜んでる。
長新太 B4-439 ぼくのくれよん 銀河社 昭和52年 C:B ¥900
おはなし・え 長新太。天地297 左右210mmの大型サイズですがぐいぐい書き込んだ色の力強さ、最小のことばが踊りだすやわらかな世界。これが絵本だ! 講談社から再刊されているようです。
大場牧夫・ぶん 長新太・え B4-950 せんせい 月刊かがくのとも4 福音館書店 1992年4月号 C:B 折り込みふろく「どうぶつタイムス」付 ¥500
うまになったりお父さんになったりこぶたになったり・・・それが私たちのせんせい。
長新太 B4-937 ユーモアの発見 岩波ジュニア新書 1984年 C:B ¥1,600 
「子どもの言うことをバカバカしい、と思ったらオシマイである。その人の頭はもう不良品になっているのである。・・・/子どものいいところをドンドンすてて、大人になる人が多い。もったいない話である。すぐれた大人は、子どものいいところを残して持っている。」(まえがき /は行換え) 名著です。
イラストレーション B4-878 長新太さんを悼む 玄光社 2005年11 NO.156 C:B ¥1,000
「追悼 長新太 なかなかうまくいった人生だった」 和田誠 荒井良二 大田大八 土井章史 宇野亜喜良 井上洋介 片山健がその作品と人柄を偲ぶ。
J・ウェブスター 谷川俊太郎(訳) 長新太(画) B4-881 あしながおじさん 理論社フォア文庫 1988年 C:B ¥700
解説佐野洋子
小海永二作 柳原良平画 B4-977 こどものとも たぐぼーとの いちにち 福音館書店 1989年復刻版 C:A ¥1,200
1959年に刊行された「母の友」絵本39の復刻版。さすがに柳原良平、港そして船、色も線も素晴らしい! サイズはB5判。
佐藤忠良 いわさきちひろ B4-980 こどもをみつめて 佐藤忠良・いわさきちひろ展 開館7周年記念特別展 いわさきちひろ絵本美術館 1984年 C:B シミ擦れ ¥1,000
「小さい子どもがぎゅっとさわるでしょ、あの握力の強さはとてもうれしい」(いわさき) 佐藤忠良はいわさきを「本当に見ていたんですね、子どもを。愛情がなければああはいかない絵」だと評している、当時の館長飯沢匡と佐藤との対談「彫刻・こども・人生」も掲載されている。A4判表紙共32ページの記念パンフレット。

月刊絵本 B4-903 特集 民話絵本のイラストレーション 盛光社 1975年6月号 C:B ヤケ ¥700
永島慎二 B4-905 銀河鉄道の夜 NHK出版 1996年 C:B カバー少ヤケ 献呈署名入 ¥2、000
片山令子作 片山健絵 B4-933 もりのてがみ こどものとも408号 福音館書店 1990年 C:B ¥600  
横長判で中綴じの絵本、左右めいっぱいにもみの木が広がるワイドスクリーンが目に優しいこと。
片山健 B3-933 こどものとも年少版 とんねるをぬけると 折り込みふろく 絵本のたのしみ 福音館書店 2005年通巻344号 C:A ¥700
折り込みふろくに「長新太さんを偲んで」で谷川俊太郎が「不死の人」という標題で長新太の『真実』について綴る。
ビアンキ作 片山健え B4-500 ごてんにすむのはだれ? 月刊かがくのとも8 福音館書店 1990年 C:B ¥400
かがくのとも こうやすすむ(文) 片山健(絵) B4-952 どんぐりかいぎ 福音館書店 1993年 C:B 付録(どうぶつタイムズ)付 ¥600
岸田衿子さく 片山健え B4-951 こどものとも プッポコとペッポコ ねむりかいじゅうネーボーのまき 福音館書店 1991年7月 通巻64号 C:B 折り込みふろく「絵本のたのしみ」付 ¥700
ドンチャカ音楽が聞こえてきそうなへんてこりんな絵本、しかしこのセンスはかけがえのないもの。
かたやまけん B3-903 コッコさん おはよう 福音館書店 こどものとも 1986年 通巻111号 C:B 折り込み付録付 ¥700
片山健 B4-877 わたしの遠足日記 晶文社 1994年 C:B ヤケ ¥800
宮沢賢治 B4-457 注文の多い料理店 岩崎書店 2004年 C:A ¥500
和田誠の絵でモダンなメルヘンに。
安野光雅 B4-872 カットのエスプリ 岩崎美術社 1972年 C:B ¥500
B5判モノクロによるカット集、楽譜集(世界文化社のホームソング)に書きためたカット・コレクション。
安野光雅 B4-911 世界の旅Ⅰ 安曇野/日本の旅 文春絵えはがき文庫 1983・1984年 C:B 帯(世界の旅のみ) ¥700(2冊セット)
安野光雅 B4-912 旅のスケッチ/フランスⅠ フランスⅡ 文春絵はがき文庫 1984年 C:B ¥700(2冊揃)
安野光雅 B4-894 こどものとも あいうえおみせ 福音館書店 1993年 C:B 付録付 ¥500
チョコチョコといろんなお店がいっぱい。
安野光雅 B4-990  かがくのとも じゅんばん 福音館書店 1973年 C:B 消し跡 
¥500
「はじめてであう科学絵本57号」 安野光雅の文と絵。素晴らしいのひと言。
安野光雅 B4-881 旅のスケッチ/イギリスⅠ 文春絵はがき文庫 1983年 C:A 帯 ¥500
安野光雅 B4-882 パリのスケッチ 文春絵はがき文庫 1984年 C:B ¥400
くどうなおこ・うた 長新太・え  B4-499 うたのてんらんかい 理論社 1993年 C:B ¥700
四季をめぐる詩と絵のさんぽ。
武井武雄 B4-903 ラムラム王 銀貨社 1997年 C:A 帯 ¥600
黒柳徹子 武井武雄 B4-990 木にとまりたかった木のはなし 岩崎書店 1985年 C:B カバー欠 ¥600
黒柳の最初の絵本
別冊太陽 B4-258 絵本の作家たちⅠ 平凡社 2002年 C:B ¥700
長新太 佐々木マキ 山本容子 ささめやゆきら絵本作家の作品と聞き書き。
あらしやまこうざぶろう(文)あんざいみずまる(絵)B4-983 ピッキーとポッキー 福音館書店 1976年 C:B 折れスジ ¥800  
うさぎのピッキーとポッキー、おはなみに行く。
絵本の森へ!
乗り物を少しだけ 
柳原良平 B4-52 柳原良平の船の博物館 東洋経済新報社 昭和60年 C:B 
¥1,000
著者は昭和6年生、徳島で初めて船に乗ったのが「船キチ」のきっかけになったという。題名通り船と旅、港など話題満載。巻末の半世紀が面白い。
柳原良平 B4-301 船旅を楽しむ本 講談社新書 昭和62年 C:B ¥700
恒文社21編集部 B4-282 憧れのハワイ航路 恒文社 2001年 C:A 帯 ¥900
ハワイを訪れた著名人の写真帖、映画人、スポーツ、歌手、政治家など。帯に「お宝ショット満載」とあります、よくぞ蒐集したもの。
伊藤海彦 B4-41 走る歌 江ノ電  朝日文庫 昭和62年 C:B ¥600
江ノ電は私たちが失ったものを告げてくれる歌だ、と著者は言う。人々の暮らしに生きる江ノ電。この沿線はいいですね。
澤寿郎・鹿児島達雄 B4-53 江ノ電各駅停車  カラーブックス641 保育社 昭和59年 C:B 少ムレ ¥500
中田安治 B4-54 路面電車 消えゆく市民の足 カラーブックス264 保育社 昭和48年  C:B 小口ヤケ ¥400
高田隆雄監修 松尾定行・三宅俊彦 B4-298 時刻表百年史 新潮文庫 昭和61年 C:B ¥500
CONNECTION
天野祐吉 B4-69 バカだなァ ちくま文庫 1995年 C:B ¥300
この本にある谷内六郎の追憶はおすすめ。人見知りのお二人が25年にわたる交流を育む。
天野祐吉 B4-933 効いた広告 広告が描く人間の一生 秋田書店 昭和45年 C:B 帯 
¥700
装丁・イラストレーションは梶山俊夫。

漫画読本 B4-383 文藝春秋臨時増刊  文藝春秋新社 昭和30年 C:B ¥600
第一回文藝春秋漫画賞が発表され谷内六郎が受賞、「大人の絵本」と題して4ページ、カラーで作品紹介が。受賞のことばと選後評(飯沢匡 近藤日出造 河盛好蔵 横山隆一ほか)。
平野レミ+和田誠 B4-203R 旅の絵日記 講談社 1990年 C:B カバー端少シワ 
¥1,000
ヨーロッパ家族旅行、多彩なイラスト、写真、お子さん(唱、率)の絵も加わってのドキュメント&グラフィティ。
平野レミ B4-110R ド・レミの歌 文化出版局 昭和51年 C:B ¥1,700
平野レミ B4-952 平野レミのエプロン手帖 文化出版局 1995年 C:B ¥600
料理本というよりエッセイ集としての原点返りのようで〝料理と私のこれまで〟をつづる。やたら脱線していくのが愉しい。
平野レミ B4-173 平野レミ・料理大会 講談社 昭和61年 C:B 少しヤケ ¥800
和田唱・和田率 え B4-124 平野レミのおりょうりブック 福音館書店 1992年 C:B ¥600
253mm× 233mm 幼児向けの絵本ですがお父さんがデザインを受け持ちお母さんが「ひもほうちょうもつかわない」(サブタイトル)料理をあげお子さんが絵を書くという一家総出演の本。
和田唱・和田率 え B4-134 平野レミのサラダブック 福音館書店 1991年  C:B ¥600
253mm× 233mm 上掲の姉妹篇、刊行はこちらが先。
和田誠 B4-212 ねこのシジミ 入荷準備中 ほるぷ出版 1996年 C:  ¥
ショウちゃん、リッちゃん、おかあさん、おとうさん そして「ねこのシジミ」。この絵本には「!」まだ新刊書として入手できそうです。子どもだけが見て読むだけではもったいない大人にもおすすめ。
パンフレット B4-933 ぷりてぃ ウーマン シネマノン 2003年 C:B ¥500
表紙画 和田誠。いいでしょう、このパンフの顔。
この1冊
和田誠 B4-139 銀座界隈ドキドキの日々 文藝春秋 1993年 C:B 背色落ち ¥500 
60年代回想記あるいは著者の時代史です、横尾忠則、篠山紀信、寺山修司、矢崎泰久など名前をあげだしたらキリがないほど。自家製の絵本を作ったり「漫画読本」「話の特集」の時代・・・。「銀座界隈ドキドキの日々」で触れているいくつかの気になる本。「21頭の像」=初めての著書1960年刊。「がらすのお城」高橋睦郎作=自費出版絵本の第1号 1963年。「ジャズをたのしむ本」寺山修司・湯川れい子編 1961年=最初の装丁本、第2号が「アダムとイブの対話」谷川俊太郎。「話の特集」=創刊1966年2月。 
和田誠 B4-60R わたくし大画報 講談社 昭和57年 C:B 帯 ¥1,000
西暦だと1982年の刊行だから30年前の本ということになるけれど中味はもっと前のものもあってそれこそ昔の話題なのに古さを感じさせない。文が腐らないで若々しいのはなぜだろう。私生活のこと観た芝居や映画、出す本のこと、「いろんなことを書きつけた」(「あとがき」)日記帖のような本。例えば、栃折久美子「モロッコ革の本」(集英社文庫)装幀の件、「向田さん」のことなど1974年から81年にかけての怒り、哀しみ、楽しさ、発見の記録。
和田誠 B4-216 いろんなこと・いろんなうた 新潮社 1984年 C:B ¥1,500
「蛍」で始まり「さよなら」で終わる、うたとことばの追想グラフィティ。
和田誠 B4-55 似顔絵物語 白水社 1998年 C:B 帯 ¥800
和田誠 B4-254R 倫敦巴里 話の特集 昭和52年 C:B ¥700   

 order  


 和田誠「麻雀放浪記」をめぐって
和田誠 B4-68 新人監督日記 角川書店 昭和56年 C:B ¥1,000
和田監督のデビュー作はもちろんモノクロ映画「麻雀放浪記」。自分が見たい映画を作ったというけれど戦後すぐの空一面に青空が広がったような、昭和の時代が再現される。ひとりの映画大好き人間がいかにして映画を作ったか、アルチザンの集団のなかでの優れたドキュメント。シナリオはB4-53にあります。
パンフレット B4-133 麻雀放浪記 東映 昭和59年 C:B ¥500
阿佐田哲也インタビュー、撮影日誌(新人監督日記抄録)に加えて渡辺武信「賭けの情念の見事な造型-『麻雀放浪記』讃」が。この評論は「新人監督日記」でも触れられていますが必読もの。
吉行淳之介 B4-70 特別恐怖対談 新潮文庫 昭和62年  C:B ¥400
初体験大会篇と題して監督の周辺から話がスタート。「対談の時間」コーナのB3-50「おすぎのシネマトーク」も「麻雀放浪記」を話題にしています。
キネマ旬報 B4-71 特集 麻雀放浪記 キネマ旬報社 1984年10月上旬号 C:B 
¥400
和田誠と山田宏一の対談。撮影日誌と絵コンテ、評論など満載。小林信彦「コラムは笑う」の「私説『麻雀放浪記』」もおすすめ。「こんな文庫がいた」C2-93にあります。
CONNECTION
阿佐田哲也編著 B4-186 競馬狂想曲 廣済堂 昭和60年 C:B カバー ¥700
武内好古 B4-226 競馬を読めば 中央競馬ピーアール・センター 平成2年 C:B 帯 署名 ¥1,400
競馬観戦記にはファンが見た以上のことを書いたものが少ない「筆者の文体がないからだ」(まえがき)。
平凡ジャーナリズムが伝えてきた時代の風
星新一選 B4-212 森田拳次のヒトコマ・ランド 新潮文庫 C:B 昭和58年 ¥400
杉浦日向子 A3-962 ニッポニア・ニッポン 青林堂 1984年 C:B 署名入 
¥2,500
文 平野規好 絵 ささめやゆき B4-217 看板物語 ちくま文庫 C:B 1994年 
¥500
全国のユニークな看板を探し歩いたルポ、写真ではなくすべて絵で表現したところもいい。親本は「昭和の時代」に。
土橋とし子 B4-911 極楽さん 晶文社 1997年 C:A 帯 ¥600
誰もが持っている「極楽の素」とは? のんきでトホホな幼少、青春期を経て世の中の風に直面した厳しい丁稚時代をつづる、上京して初めて住んだ阿佐ヶ谷はまた住みたい町だが「絶対住まないと思うのが東横線沿線かなぁー」(199ぺーじ)には笑った。
結城昌子 B4-260 夢ならさめないで 女だから感じる名画 小学館 C:A 帯 1996年 ¥600
全国シャガール、クリムト、ロートリック、ミロ、ターナー、モネ、ダリなど14人の画家の描く衝動に眼を注いだ大人の絵本
NHK趣味百科 B4-290 安野光雅 風景画を描く 日本放送出版協会 C:B 平成7年 
¥500
「絵を書く道具」(第6回)「フランスの村の紙工場」(第7回)など紙や絵の具ができるまでもレクチャーに入っています。B5変型ワイド版。
安野光雅 B4-496 安野光雅の世界 日本放送出版協会 1993年 C:B ¥800
天地240mm 左右252mm 本文83ページ カラー。  
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 B4-932 佐藤忠良展 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 1997年 C:B ¥1,000

季刊銀河 B4-992 特集 佐藤忠良 彫刻の顔、人の顔 文化出版局 1996年 第百六号 C:A ¥1,000
忠良の彫刻(安野光雅) まっすぐな背筋 父・佐藤忠良のこと(佐藤オリエ) 少年期(佐藤忠良)
広告批評 A3-992 広告 佐藤忠良 マドラ 昭和54(1979)年11月号 7号 C:B ¥1,200
特集・おんな考 女が美人になるとき(浦山桐郎) 女の貌(土門拳) 広告のなかの女たち(島森路子) 女について(吉行淳之介) 対談 サトウサンペイ 天野祐吉
豊田コレクション B4-258 ぽち袋 京都書院アーツコレクション3 京都書院 C:B 平成8年 ¥500
志しを包む祝儀袋。原寸で掲載された遊びの世界。文庫判です。
河原淳 B4-996 アイデアレター 保育社カラーブックス 昭和46年 C:B ビニールカバ装 ¥400
手紙は人生を楽しくする、思わず引き込まれるアイデアと知恵がいっぱい。
週刊文春 B4-167 20世紀最終号 平成13年1月4日・11日新年特大号 文藝春秋 C:B 擦れ・綴じ補修 ¥700
特大号で和田誠の表紙を開けると20世紀グラフティがオープン。文春は特大号でよくこの展開をやっていますので和田ファンはお見逃しなく。グラビアは「20世紀の美女20人」。最近では<2005年8月11日・18日夏の特大号>で戦後60年グラフィティを描いています。
週刊文春 B4-982 日本映画の黄金時代 「もう一度見たいとっておきの50本」小林信彦 中野翠 鹿島茂 現職美女図鑑 吉永小百合 文藝春秋社 平成21年4/2号 C:B ¥1,000
創刊50周年記念企画が盛りだくさん、「週刊文春ベストショット100」 「私はそこにいた 重大事件の目撃者」「この世にドラマのある限り 山田太一 宮藤官九郎」対談、これぞ永久保存版。
イラストがいっぱい
an an /BRUTUS共同編集 B4-170R モボ・モガの時代 東京1920年代 平凡出版 昭和58年 C:B ¥3,500
平凡出版(現マガジンハウス)時代の記念碑的雑誌。特集雑誌の頂点といってもいいのではなかろうか。

新井恵美子 B4-94 腹いっぱいに食うために 「平凡」を創刊した父岩堀喜之助の話 近代文藝社 1994年 C:B 帯 ¥1,000
本の表紙に描かれた絵が昭和20年11月発売、平凡の創刊号、定価は1円、48ページA5版、発行部数3万部。社名は凡人社。“生涯一編集者”として著名な清水達夫と創業の岩堀は二人三脚で戦後を駆け抜ける。何ともユニークなその個性、何か面白いことないかが岩堀の口癖だったという。清水は誰もが見逃してしまう小さなことに目を向ける必要がある、そこに時代の動きが潜んでいる、と(別のところで)書いていますが、この本にある「大衆がいなくなった」ということばが響いてきます。
清水達夫 B4-108 二人で一人の物語 マガジンハウスの雑誌づくり 出版ニュース社 昭和60年 C:B ¥1,500
スタアがいた時代、原節子が平凡の表紙を飾り、美空ひばりが平凡とともに成長し、平凡の連載小説は映画になり歌になり・・・。社長自らネジリ鉢巻でお客さんにお茶をだしていたという岩堀と「雑誌は表紙だ」と平凡パンチに(当時まだ学生だった)大橋歩を起用した清水が奏でる時代の詩。「生涯一編集者」清水の目から綴られた雑誌づくりの歩み。それにしても風通しがいい会社だったんですね。確か向田邦子がアンカーライターとして動き始めたのが昭和35年だったはず。

平凡出版岩堀喜之助回想録刊行委員会 B4-961 岩堀喜之助を偲ぶ 平凡出版 昭和58年 C:B 非売品 ¥1,900 
現マガジンハウスの創始者岩堀喜之助の追想録、戦後起こした会社が凡人社で雑誌は「平凡」だった。「・・権力者と無名の若者という社会的地位の上下という二項間の巨大なへだたりをも、同一の地平上で無化していく発想」(「『平凡』の時代」 阪本博志 昭和堂 2008年 144ページ)が岩堀にあったと記している。この追想録も無名の方、芸能人、政財界と幅が広い。花森安治と岩堀の「ある夏の日」をつづった大橋鎮子の小文が印象的。
句 清水凡亭(清水達夫) 絵 大橋歩 B4-667 俳句絵本 帽子 書肆季節社 1983年 C:B 署名入(清水達夫) ¥2,000
「教会の堅き木椅子や冬近し」 ポツンと俳句が右ページに、左のページも余白をたっぷりとってポツンと大橋の絵。天地158mm 左右135mm
マガジンハウス B4-899 銀座3丁目から 休刊「さよなら」号! マガジンハウス 1993(平成5)年5月号 C:B ¥500
さよなら特集は時代と若者風俗をリードしてきた「マガジンハウスという会社」 木滑良久インタビュー 名企画TOP20総まくり 文化スタア列伝 そして清水達夫の「回想の編集者五十年 ざつだん編集ばなし」

清水凡亭 B4-793 ざつだん俳句ばなし 創樹社 1991年 C:B ¥1,600
装丁・装画 大橋歩  堀内誠一 美空ひばり 岩堀喜之助の別れを織り込んで・・・。
イラストレーション B4-199 特集 大橋歩グラフィティ 玄光社 昭和56年12月号 1981 NO.12 C:B ¥700
「平凡パンチ」で衝撃をあたえた大橋歩特集。作品とインタビューによるグラフィティ。「月刊平凡」「平凡パンチ」の初代編集長清水達夫のコメントも。
CONNECTION
大橋歩 B4-403 大橋歩のおしゃれアイデア通信 集英社 1996年 C:A 帯 
¥700
大橋歩 B4-480 絵本トマトジュース くらしのくふう 講談社 昭和51年 C:B 帯 
¥600 
大橋歩 B4-488 あなたの部屋はごきげんですか 主婦と生活社 昭和54年 C:B 
¥800
大橋歩 B4-936 わらべ遊び 集英社文庫 昭和62年 C:B ¥800
「まえがき」でこの本は1年もかかった、自分の子供にここに記した遊びを試してみたとある。遊びといっても創作というのか工作というのか自分の手で作って触って遊ぶという実に手間暇かけてじっくり遊べる実例集。
大橋歩 B4-937 いろいろ いろいろ 文化出版局 1992年 C:A 帯 ¥600
雑貨(子ども用の寝間着が主力だった)の店を立ち上げ店をたたむまでを綴った実にドロくさい「ああ、わたしのあのスタジアム」が圧巻のドキュメント、こんな苦労もされていたとは! 「いろいろ」あった仕事にまつわる半自叙伝。
Arne アルネ B4-553 Arne3 2003年4月 大橋歩 C:B ¥500
特集・安西水丸さんの大人のおしゃれ。大橋歩が発信した表紙共40ページのペーパー・マガジン。

ブルータス B4-401 BRUTUS創刊号 Presentation Issue1 平凡出版 昭和55年 1980 7月号 NO.1 C:B ¥1,200
ブルータス B4-402 特集 親爺たちの時代 Presentation Issue2 平凡出版 昭和55年 1980 8月号 NO.2 C:B ¥1,200
古いアルバム帖から昔の親爺たちの暮らしの場面を訪ねていくという特集。後戻りすることの愉しみをイメージいっぱいに拡げていく見事な企画力! 
鶯谷喜一 B4-197 きいちのぬりえBOOK 小学館 1998年 C:B ¥350
蔦谷喜一 B4-869 きいちのぬりえときせかえ 京都書院アーツコレクション 平成10年 C:B ¥700
文庫サイズのPostCard Book
ミヤヅ・ヒロシ(宮津博 B4-422 こどもの学校 えんげき教室 増進堂 昭和22年 C:B ¥1,700  
こども向けに演劇の楽しさを分かりやすく説いたもの。中身の平易さもさることながらこのまま和物雑貨店に置いてもしっくりする感じ、B6判122ページ。
武井武雄 B4-198 思い出の名作絵本 武井武雄 河出書房新社 2001年 C:B 
¥600
立川昭二・高柳篤 B4-209 新版 遊びの百科全書1 からくり 河出文庫 昭和62年 C:B ¥300
フランソワ・トリュフォー 山田宏一訳 B4-204 子供たちの時間 講談社 昭和54年 C:B 少しヤケ ¥1,200
トリュフォーの小説、カバーの絵が良くてこちらに。

つかこうへい他 B4-128 殺し文句の研究 読売新聞社 昭和63年 C:B ¥700
和田誠も映画の名セリフを紹介、白井佳夫、水野晴郎、つかこうへい、近藤富枝、宇野信夫、池井優ほか。巻末に索引付。
和田誠 B4-7 日曜日は歌謡日  講談社 1976年  C:B 帯  ¥1,700
懐かしい歌謡曲のオンパレード。いま読み返すと歌と歌手、そして時代背景が思いおこされる好著。帯は腰幕文学大賞(そんな名だったと思います)に輝いた。
平野威馬雄 B4-76 平賀源内の生涯 甦る江戸のレオナルド・ダ・ビンチ ちくま文庫 1989年  C:B ¥500
平野威馬雄 B4-147 銀座物語-街角のうた- 日本コンサルタントグループ 昭和58年  C:B ¥1,700
平野威馬雄 B4-255 おとなを寝かせるお伽噺 あまとりあ社  昭和30年 C:B ヤケ・シミ ¥600
平野威馬雄 B4-604R レミは生きている ちくま文庫 1993年 C:A 帯 
¥1,000
名著、少年少女に伝える著者の歩み、「戦前」そして「戦後」と著者はどう向き合ったか。表紙画は和田誠、解説は平野レミ。
平野レミ B4-250R ドレミの歌 中公文庫  昭和59年 C:B 小口ヤケ ¥700
平野レミ B4-972 笑ってお料理 ちくまプリマー新書 C:A 帯 署名入 
¥1,000
名著「ド・レミのうた」の続編、そう言ってもいいような味がでています。

芸術新潮 B4-102R 特集 没後20年記念 谷内六郎 いつか見た夢 新潮社 2001年5月 C:B  ¥1,000
新潮社出版部編 B4-200 谷内六郎の世界 新潮社 昭和56年 C:B ¥1,900
週刊新潮の表紙画は昭和31年に始まったという、装本、紙芝居、童話や漫画などその世界をすみずみまで紹介。128ページの本文ですがていねいに編集されています。北杜夫、宮城まり子、大原麗子、横尾忠則、井上ひさしなどが寄せる文章も魅力。

谷内六郎 横尾忠則編集 B4-212 谷内六郎幻想記 駸々堂出版 昭和56年 C:B 
¥2,700
一緒に作っていた本だったのに完成を待たずに谷内は旅立つ、「あとがき」で編集の横尾は「ここから出発して ここへ帰る そんな場所がこの本であれば・・・」と書き母胎回帰と呼んでいます。

谷内六郎 B4-995 海と風船 アートデイズ 2006年 C:A 帯 ¥700
没後刊行されたはじめての絵本。
CONNECTION
サライ B4-106 出でよ!平成の宮武外骨 面白くなければ新聞じゃない 小学館 1992年 3/19号 C:B 端少し切れ ¥300
カラー18ページにわたって宮武外骨を特集。筋金入りの出版人、ここまでやるかという気骨に感嘆
吉野孝雄 B4-107 宮武外骨 河出文庫 昭和60年 C:B ¥500
吉野孝雄・編 B4-112R 新編・予は危険人物なり 宮武外骨自叙伝 ちくま文庫 1992年 C:B ¥800
600ページを超すヴォリューム。
地域雑誌 谷中・根津・千駄木 C1-862 特集/宮武外骨 外骨住んだ町 谷根千工房 1996年 No.47 C:B ¥300
外骨は48歳(大正4年)の時に下谷区上野桜木町に住んだとある。「私たちが谷根千を続ける限り、外骨はいつも私たちの背後霊でありつづける」(23ページ)とは“過激なるジャーナリスト” 外骨へのエール。
小木新造 B4-110 ある明治人の生活史 相沢菊太郎の七十八年間の記録 中公新書 昭和58年 C:B 帯 ¥800
78年間日記を書き続けた相沢菊太郎は慶応2年の生まれ。明治・大正・昭和を生きた生活記録が市井の歴史を呼び起こす。
澁澤龍彦 B4-123 偏愛的作家論 福武文庫 1986年 C:B 少ヤケ ¥500
南方熊楠と夏目漱石は同年生まれで明治33年に南方はロンドン留学から帰り漱石はロンドンへ渡航、そのズレは1週間(9月1日と8日)とある。南方を「体系なき博覧強記」と捉えている。
山田宏一・和田誠 B4-33 たかが映画じゃないか 文春文庫 1985年 C:B ¥400
和田誠 B4-31 にっぽんほら話 講談社文庫 昭和63年 C:B ヤケ ¥500
和田誠 B4-34 きなきな族からの脱出 角川文庫 昭和59年 C:B ¥500
和田誠 訳 B4-987 オフ・オフ・マザー・グース ちくま文庫 2006年 C:B 
¥400
単行本2分冊を一冊にまとめた文庫判。
和田誠 B4-955 サニーサイドアップ 和田誠ポストカード・ブック 瑞雲舎 1999年 C:A ¥1,000
和田誠 B4-31R 銀座界隈ドキドキの日々 文春文庫 1997年 C:B ¥500
これは名著です、当サイトにとって60年代の本といえばこれと「60年代日記」(小林信彦 片岡義男)が双璧。
和田誠 B4-214R ビギン・ザ・ビギン 日本ショウビジネス楽屋口 文春文庫 1986年 C:B ¥500
名著。人名索引を付けてリニューアル復刻を!
丸谷才一 和田誠 B4-180 女の小説 光文社 1998年 C:B ¥700
本文のイラストはすべてカラー刷り
安西水丸 和田誠 B4-188 青豆とうふ 講談社 2003年 C:A 帯 ¥700
おふたりが交互につづりカラーイラストでまとめた一粒で二度美味しい本。

話の特集の特集 B4-317 200号記念臨時増刊 話の特集 1982年 C:B 
¥1,500
対談・座談会が充実、昭和57年の何でもありの「発言」集。
長谷川隆・和田誠 B4-36R メイキング・オブ・快盗ルビイ 筑摩書房 1989年 C:B 帯 ¥1,600
大人の絵本のような幸福な映画「快盗ルビイ」の現場からの撮影ドキュメント。

いわゆるビジュアルな本のページですが好みにまかせて雑誌や文庫本もあります。東京人バックナンバーもこのページです。

 和田誠 COLLECTION 文庫本
和田誠・絵 B4-2 超時間対談 集英社文庫 昭和60年 帯 C:B ¥600
和田誠 澤井信一郎 B4-53 シナリオ麻雀放浪記 角川文庫 昭和59年 C:B 
¥600
和田誠 B4-4 シネマッド・ティーパーティ 講談社文庫 昭和58年 C:B ¥500
阿久悠 和田誠 B4-46 A面B面  ちくま文庫 1999年 C:B ¥600
和田誠 B4-32 ブラウン管の映画館 ちくま文庫 1995年 C:B ¥600
和田誠 B4-311R 3人がいっぱい1 2 新潮文庫 昭和56年 C:B 帯
¥1,000(2冊揃)
「亭主にしてみたい3人」(佐藤愛子)とか「笑いの求道者たち」(小林信彦)とか、それらしいテーマの短文と和田誠の人物イラストで描いた昭和人物グラフィティ。2巻で250名をこえる文庫オリジナル。
鈴木隆 B4-143R けんかえれじい1.2 角川文庫 昭和57年 C:C ヤケ強 
¥800(2冊揃)
2005年10月「岩波現代文庫」から復刻された名著。角川文庫判の優れた解説(和田誠)に出会わなかったらこの本を手にすることもなかった。
鈴木隆 B4-337 けんかえれじい TBS出版会 1976年 C:B 2のみ帯 
¥1,400(2冊揃)
鈴木隆 B4-144 1.青春編 2.軍隊編 理論社 1966年 C:B 函入り ヤケ・シミ ¥4,000(2冊揃) 
刊行された1966年といえばビートルズが来日した年、日活で製作(鈴木清順・シナリオ新藤兼人)されたのもこの年。青春編が軍隊編へなだれ込みある結末へ。知られざる傑作。
遊び心とトリックの楽しさ
手塚治虫 B4-22 手塚治虫ランド 大和書房 1977年 C:B ¥800
手塚治虫 B4-23 手塚治虫ランド 2 大和書房 1978年 C:B ¥800
手塚治虫 B4-115 マンガの描き方 似顔絵から長編まで 光文社カッパホームズ 昭和52年 C:B 小口シミ ¥500
手塚治虫 B4-936 原画 キャラクターズコレクション KKベストセラーズ ベストポストカードブック 1997年 C:B ¥1,200
根本進 B4-252 たのしい造形 まんが 美術出版社 昭和44年 C:B カバー欠  B6判 ¥600
村松武司編 B4-253 安野光雅 すばる書房文庫 1977年 C:B 蔵書印 ¥500
松田道弘 B4-29 トランプものがたり 岩波新書 1979年 C:B ¥500
ピエール・ベルロカン 松田道弘訳 B4-28 ロジックのパズル 現代教養文庫 1991年 C:B  ¥400
松田道弘 B4-26 ジョークのたのしみ ちくま文庫 1988年 C:B ¥500
松田道弘 B4-177 トリックものがたり ちくま文庫 1986年 C:B ¥500
松田道弘 B4-25 おもしろゲーム実戦本 講談社文庫 昭和62年 C:B ¥500
松田道弘 B4-190 おどろきの発見 マジック世界の魅力 岩波ジュニア選書 1999年 C:B  ¥500
松田道弘 B4-194 ジョークでパズる 講談社 昭和60年 C:B シミ 帯 ¥600
千田松緑 B4-936 新奇術 鶴書房/コンパクトシリーズ 昭和37年 C:B ¥500
文庫版サイズです。
糊と鋏 文房具考
串田孫一 B4-119 文房具52話 1996年 時事通信社 C:B 帯 ¥1,500
文房具と著者との間にある手ざわりの気持ちを大切にしている様子が伝わってくる。三國一朗「鋏と糊」(文中では「ハサミとのり」)の紹介もあって「文房具に関する文献としても勿論のこと、スクラップという誰にでも出来る作業について、これほどまで細々と書かれたことでも、名著だ」(「スクラップ・ブック」)と。
三國一朗 B4-120R 鋏と糊 ハヤカワ文庫 昭和62年 C:B ¥800
別冊暮しの設計NO.10 B4-64 文房具の世界 昭和58年4月 中央公論 C:B 表紙ヤケ ¥700
1983年の刊行ですから20年以上も前になります。このシリーズの3冊目で「人とモノ」がテーマだという。「鉛筆」には高峰秀子の鉛筆談議や三國一朗が愛用の万年筆について語っています。セラミック製のはさみが登場したと話題になっています。
大川哲平ほか B4-470 STATIONERY Wonderland 伊東屋の文房具たち プチグラパブリッシング 2004年 C:B ¥900
1904(明治37)年開業の伊東屋グラフィティ、大正・昭和初期のポスター・カタロク、包装紙のすばらしさ。
 
堀内誠一  パリ通信
母の友 B4-990 絵本作家のアトリエ 堀内誠一 福音館 2012年12月号 C:A 
¥300
特集は「地震列島にくらす」。
MOE B4-254 特集 堀内誠一の世界 白泉社 1998年10月号 C:B ¥600
巻頭大特集は「日本の絵本」。
Pooka B4-272 特集 復刻!絵本ガイド 学習研究社 2004年7月号 C:B 付録カレンダー欠 ¥500
特集のなかで堀内絵本について6ペー ジ掲載があります。
堀内誠一 B4-338R パリからの手紙 パリとフランスの町々 マガジンハウス 1990(2007)年 C:B 帯 ¥1,700
アンデルセン 作 木島始 訳 堀内誠一 画 B4-905 おやゆびちーちゃん 福音館 1967(1974)年 C:B 函入 ¥1,000
堀内誠一の30代半ばの仕事

宮沢賢治 画 堀内誠一 B4-255 雪わたり 福音館書店 1969年 C:B 函入
¥900 
詩 与田準一 画 堀内誠一 B4-405 おひさまがいっぱい 童心社 1975年 C:B 
¥600 
色による光のシャワーか。
堀内誠一 B4-256R 配色の手帖 草思社 1987年 C:B ¥700
イラストレーション B4-779 堀内誠一 独走する発光体 1932-1987 玄光社 1998ー11 NO.114 C:B ¥700
木滑良久責任編集 B4-273 雑誌づくりの決定的瞬間 堀内誠一の仕事 マガジ ンハウス 1998年 C:B ¥2,900
天才の仕事としかいいようがない。古くならない感覚というものはどこからくるのか。「誰がつくったかわからないような香りのない雑誌が氾濫するなかで、堀内印の雑誌は芳香をひそかにはなっていた」とは木滑のことば(「あとがき」)。
堀内誠一 B4-270R 父の時代 私の時代 日本エディタースクール出版部 1979年 C:B ¥2,500
副題「わがエディトリアルデザイン史」。2007年マガジン・ハウスからソフトカバー版で復刊されています。
秋山庄太郎 B4-18R 昭和の美女 朝日文庫 1989年 C:B ¥500
秋山庄太郎 B4-42 花筐 朝日文庫 1990年 C:B ¥300
浅井慎平 B4-84 カメラはスポーツだ フットワークの写真術 角川文庫 昭和58年 C:B ¥400
チャカ(PSY・S) B4-990 チャカのハッピーイングリッシュ ソニー・マガジン 1991年 C:B ¥700
下手な取説的なパサパサに乾いた味気ない文章に比べるとこの本(英語および異国文化入門といったハウ・ツー本)の良さはズバぬけている。表現が豊かで体験を基礎に実に楽しく内容も深い。
内藤ルネ B4-998 内藤ルネ自伝 すべてを失くして 小学館 2005年 C:A 帯 
¥900
路上観察学会 B4-58 路上観察 華の東海道五十三次 文春文庫ビジュアル版 1998年 C:B ¥500
永六輔 山下雄三 B4-59 せきこえのどに六輔 飛鳥新社 平成8年 C:B 帯 ¥600
橘蓮二 B4-891 おあとがよろしいようで 東京寄席往来 大増補版 講談社文庫 2005年 C:B ¥500
監修高田文夫 1996年刊のちくま文庫版「おあとがよろしいようで」の増補版。
ローレンス・シラー他 B4-16 M・モンローベストコレクション1.2 新潮文庫 昭和58年 C:B ¥1,400(2冊揃)
金子國義 B4-997  調理場の子ねずみたち 新潮社 1995年 C:B 函入 
¥1,500
斎藤真一 C2-988 さすらいの画家 斎藤真一の世界 岡山文庫 平成11年 C:B 
¥600

荒木経惟 B4-17 軽井沢心中 光文社文庫 1999年 C:A ¥500
荒木経惟 末井昭  B4-889 荒木経惟・末井昭の複写「写真時代」 ぶんか社 2000年 C:B ¥1,000
疾風怒涛の1981-1988を活写した写真と雑誌の集成。
高橋暎一 B4-55 愛しのマレーネ・ディートリッヒ 現代教養文庫 1992年 C:B 
¥500
平田幸子監修 B4-871 香水の本 香りへの招待 新潮文庫 昭和61年 C:B ¥500
雄鶏社編 B4-962 主要各国通貨図鑑 付換算表雄鶏社 昭和51年 C:B ¥1,000
文庫サイズ。
PENTHOUSE B4-287 創刊号 講談社 昭和58年5月号 C:B  ¥900
「エロスの肖像」岸恵子、「スクープインタビュー」岡田茂。
PLAYBOY COLLECTOR’S EDITION B4-360 40th ANNIVERSARY 集英社 平成6年 C:B ¥1,900
S・ペキンパー B・ワイルダー M・ブルックス S・キューブリックらのインタビューも。
筒井たけ志・編 B4-131R ヨーロッパ名画座 野口久光映画ポスター集成 朝日ソノラマ 昭和59年 C:B 帯 ¥2,000
淀川長治 筒井たけ志編 B4-509R 懐しの洋画ポスター大全集 講談社 1979年 C:B ¥3,200
和田誠洋画ポスター集が巻末に付いています。
野口久光 B4-57R 懐しの名画ポスター 河出絵はがき文庫 1983年 C:B 帯 
¥1,600
パンフレット B4-169 大林宣彦監督作品 ふたり PSC 1991年 B5サイズ  C:A ¥1,000
大林宣彦監督作品 B4-219 ふたり<VHSビデオ> アミューズビデオ パイオニアLDC C:B(画像状態)スタート少しノイズ 149分 COLOR STEREO hi-fi 
¥1,000
大林宣彦監督作品 B4-951 青春デンデケデケデ(パンフレット) PSC 1992年 C:B ¥1,600
表紙画は野口久光。「野口久光さんのこと。」(淀川長治) 60’ヒツトパレード  「純粋消費としての青春の輝き」(渡辺武信)─『世界が開けて行く」ことを体験した人のための映画だという批評は感動的。当サイトにとっては忘れられない映画評のひとつ。
大林宣彦 B4-170 きみが、そこにいる PHP 1992年 C:B 帯 ¥600
鳩よ! B4-160 鳩よ!創刊号 マガジンハウス 昭和58年12月 C:B ¥700
表紙に「ポエムによるニュージャーナリズム」とある。時代はますます見えにくく、人の心は「型どおりのライフスタイルに括られること」を拒否している、詩がそこに浮上し時代をかすかに映しだしていくのではないか、というメッセージ。1983年創刊。
Hanako B4-159 Hanako 創刊号 マガジンハウス 昭和63年 1988 6.2 No.1  C:B ¥700
表紙のタイトルデザインと絵 Ken Done。表紙から受ける印象、南からの「心地よい風」(巻頭ページ)は全体に感じられるトーン。昭和の終わりを迎えるよりいち早く創刊された雑誌として注目。
Olive(オリーブ)
 B4-930 オリーブ創刊号 平凡出版 1982年 C:A 
¥1,300
Hanako B4-933 六本木バイブル マガジンハウス 1989年5・25 No.49 C:B ¥500 
谷内六郎 B4-10R 心のふるさと 旺文社文庫 1985年 C:B 帯 ¥1,100
谷内六郎 B40ー11R 谷内六郎展覧会 春 新潮文庫 昭和57年 C:B ¥500
谷内六郎 B40ー14R 谷内六郎展覧会 夏 新潮文庫 昭和57年 C:B ¥600
谷内六郎 B40-12R 谷内六郎展覧会 秋 新潮文庫 昭和57年 C:B 微擦れ 
¥450
谷内六郎 B40-13R 谷内六郎展覧会 冬・新年 新潮文庫 昭和57年 C:B ¥500
谷内六郎 B40-16R 谷内六郎展覧会 夢 新潮文庫 平成8年 C:B ¥600
横尾忠則編 B04-15R 谷内六郎の絵本歳時記 新潮文庫  昭和56年 C:B 表紙擦れ ¥400
谷内六郎 B40-9R 旅の絵本 旺文社文庫 1980年 C:B ¥700
谷内六郎 B40-183 谷内六郎 旅の絵本 マドラ出版 2001年 C:B ¥1,100
2001年に「六郎工房+天野祐吉」の編集により谷内六郎文庫シリーズ(四六判)として刊行。
谷内六郎 B40-184 谷内六郎 北風とぬりえ マドラ出版 2001年 C:B 
¥1,1 00
谷内六郎 B40-201 谷内六郎 遠い日の歌 マドラ出版 2001年 C:B 
¥1,100
サトウハチロー 絵 谷内六郎 B4-978 サトウハチロー詩集 ある日のうた ワコール 昭和50年 C:B 函入 シミ・ヤケ ¥1,000 
 谷内六郎 ビジュアル文庫
文 小玉節郎 絵 安西水丸 B4-488 水玉全集 水玉風物詩 水玉歳時記 JJCC出版局 C;B 函入 2冊セット 1985年 ¥2,500
文 小玉節郎 絵 安西水丸 B4-178R 水玉大全集 風物詩&歳時記 講談社文庫 C;B 1997年 ¥500
題名通り淡いというかほのぼのというかひっそり持っていたいような文庫版画文集。これだけ味わいのある文庫本もめずらしいのでは。
安西水丸 B4-185 春はやて ちくま文庫 C:B 帯 1987年 ¥400
安西水丸 B4-215 POSTCARD←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 学生援護会 C:B ヤケ 1986年 ¥1,500
画文集ですが変化に富んだいい本。「安西水丸グラフィティ(1942~1986)」が目を引きます、子供の頃描いた絵や漫画、セピア色の関取プロマイドなど宝物のページ。
安西水丸 B4-349 東京エレジー ちくま文庫 C:B 帯 1985年 ¥700
安西水丸 B4-61R 黄色チューリップ 角川書店 昭和63年 C:B 帯 ¥2,200
石津ちひろ 安西水丸 B4-973 恋する四重人格←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています フレーベル館 1996年 C:B 微擦れ ¥500  
あなたのためにしねそうなきがする をちょこっと文字の順番をかえると あたしねためになるうそがすきなの になったりこんなパターンがあとふたつ紹介されていて「四重人格」。ポストカード集のようですが文庫サイズの「絵はがき絵本」、遊びごころがイッパイ。
安西水丸 B4-987 バードの妹 平凡社 1998年 C:B ¥1,000
短編小説集ですがイラストレーションのような描き方。 
田島征三 B4-141 この世で静かに暮らすために 話の特集 1993年 C:B ¥700
内澤旬子 B4-901 おやじがき にんげん出版 2008年 C:A ¥700
「タイトルの「おやじがき」の枕に「絶滅危惧種 中年男性圖鑑」とある。街や電車、プラットホームなどでよく見かける背中に人生を背負った「すさんだおやじ」(著者のことば)たちをイラストレーションで抉りだした快著。笑わないで読み通すなんてそれは無理というもの。こういう本が絶滅しないで繰り返し刊行されることを祈りたい。
矢吹申彦 B4-200R 東京面白倶楽部 1984年 話の特集 C:B ¥1,200
本文も表紙とおなじ調子で好きな街、人、モノだけを独断的に綴るシブイ本。
サライ ステラ アサヒグラフ・・・
サライ B4-104 モノ語り 懐かしいあの番組この番組 小学館 1995年2/2号 C:B ¥500
昭和30年代の懐かしのTV番組を放送局別に10ページにわたって紹介している。「ジェスチャー」「チロリン村とくるみの木」(S31)「月光仮面」(S33)「私は貝になりたい」(S33)など、そして34年の御成婚パレードの中継と続きテレビの黄金時代へ。余談ですがこの号の79頁の写真(塩野正雄「カーネーションの女性」)は一見の価値あり。チョコレートのポスター写真ですがモデルに原節子さんが・・・。
サライ B4-50 文豪が愛した洋食 小学館 1992年5/7号 C:B ¥400
池波正太郎、鴎外、漱石、獅子文六、国木田独歩たちが好んだ味の店、メニューを紹介。表紙は大正10年頃の麦酒ポスターだという。
サライ B4-51 だからM・モンローを愛している 小学館 1992年5/21号 C:B 
¥700
36歳の生涯を閉じたM・モンローが来日したのが1954年だというから半世紀前のことに。この特集は没後30年を節目としたモンロー讃歌。
サライ B4-695 土門拳 「写真は絞りだ」 小学館 1999年6/17号 C:B 
¥400
サライ・インタビューは池部良登場。
サライ B4-696 縁日の定番 あの頃の弁当と弁当箱 モノ語り チューインガム とじ込み付録 今は昔の五都風景 小学館 1993年8/5号 C:B ¥400
NHKウィークリーステラ臨時増刊 B4-214 紅白50回 NHKサービスセンター 平成12年1月号 C:A ¥600
紅白歌合戦の歩みを振り返る。
藤井一市 B4-399 NHK放送楽屋ばなし 附「のど自慢出演者のために」 力書房 昭和26年 C:B ¥1,600
この時代はラジオの時代。ハードとソフトの両面にわたってていねいに解説した放送のあれこれ、著者は日本放送協会調整課長。
キネマ旬報臨時増刊 B4-400 テレビ大鑑 キネマ旬報 昭和33年 C:B ¥1,000
テレビ人名鑑、人気番組・自画自讃、座談会(夢声、藤原あき、三遊亭金馬)ほか。
アサヒグラフ増刊 B4-213 ブラウン管とわたしたち 「テレビ放送25年」 朝日新聞社 昭和53年 3/15 C:B ¥600
昭和28年から53年までのTV番組・人をカバー。
CONNECTION
Switch B4-266R 版画家・山本容子 世界と遊ぶ方法 1994年3月号 扶桑社 C:B ¥1,000
山本容子 B4-998 プラハ旅日記 文化出版局 2001年 C:A 帯 ¥800
プラハが好き、「そのときの旅のノートブックをそのまま本にしたもの」(はじめに)ですが何と真っ赤なノートなのだ。

白石冬実 B4-288 十二人の猫たち 話の特集 昭和53年 C:B 天小口少シミ 
¥1,200
読む前と読んだ後では気持が変わっていくのが分かる・・・そんな本です。
山本容子 B4-39 マイ・ストーリー 新潮社 2004年 C:B 帯 署名・イラスト入 
¥1,400
和田誠イラストレーション集  墨一色の世界、素材としてのイラスト集。
和田誠 B4-205 装幀パレード 岩崎美術社 1982年 C:B ¥1,300
和田誠 B4-206 CMくらぶ 岩崎美術社 1982年 C:B ¥1,300
和田誠 B4-207 SF大会 岩崎美術社 1982年 C:B  ¥1,300
和田誠 B4-960 和田誠肖像画集 PEOPLE PEOPLE2 美術出版社 1973年 1977年 C:B 函入(函 C:C)書き込み、線引きあり  各¥1,500
和田誠の似顔絵について 横尾忠則 PROPLEのためのノート あ、そっくりと言ってひとびとは手をたたく 土屋耕一 PROPLE2のためのノート。本文は週刊誌サイズ、分売です。
和田誠 B4-38 いつか聴いた歌 文藝春秋 1977年 C:B 小口ヤケ ¥600
文庫本は「昭和という時代」に掲載しています。
和田誠 B4-120 ことばのこばこ すばる書房 昭和59年 C:B カバー端スジ 扉シミ 
¥1,400
267mm×303mmの大判サイズ、絵とことばが繰り広げる奇想天外、やわらかな遊びの世界。

和田誠 B4-123 ことばの波止場 白水社 1995年 C:B カバー少しシミ 扉折れスジ ¥900
ことば遊びの講演録に手をいれまとめたもの。読みだすと止まりません。「目からウロコが落ちる」は新約聖書からきている、とは知りませんでした。
小薗江圭子 和田誠 B4-995 モザイクの馬 千趣会 昭和50年 C:B ¥1,700
小薗圭子・文 和田誠・絵 B4-903 モザイクの馬 講談社 2005年 C:A 帯 
¥1,600
1975(昭和50)年に千趣会から刊行されたものの新装版。右頁に縦一行が20字で10行分の文章(200字)、左頁に和田のイラストレーションの構成で本文40頁の小さな本。手にとって見ていただけないのが残念。ひそかに宝物にしていらっしゃる方も多いのではなかろうか。
川崎洋・詩 和田誠・絵 B4-734 だだずんじゃん いそっぷ社 2001年 C:B 帯 
¥900
ことば遊びの詩集、ほとんど全ページにイラストがつけられています。
和田誠(エーリッヒ・ショイルマン編集/岡崎照男原訳) B4-306 絵本パパラギ はじめて文明を見た南の島の酋長ツイアが話したこと 立風書房 2002年 C:B 帯 ¥500
月刊絵本 B4-215 特集 和田誠の世界 すばる書房 昭和53年1月号 C:B ヤケ 
¥1,200
谷川俊太郎との対談「絵本の周辺を語る」を初めとして山田宏一、永六輔、長新太、矢吹申彦、横尾忠則らがその世界をそれぞれの眼で語る。
犬養智子 檀ふみ 高橋洋子ほか B4-99 私の猫ものがたり 集英社文庫 昭和60年 C:B ¥400
猫についてのエッセイと写真です。意外な方まで登場して猫とのつきあいを語る。
犬養智子 B4-100 猫の事典 ごま書房 昭和51年 C:B ¥1,000
ネコの周辺を文学や映画、人物にまで広げて並々ならぬセンスが伺えます。
片岡義男 B4-591 ここは猫の国 研究社出版 1997年 C:A 帯 ¥500
世界のネコの絵本コレクションから。
佐野洋子 B4-690 猫ばっか 講談社 1995年 C:B ¥500
本文の見返しが表紙に貼り合わされた見返し(効き紙)にかがりあわされて造本も開きやすく読みやすい。
 和田誠 COLLECTION 単行本
和田誠 B4-977 知らない町角 入荷準備中 白水社 2001年 C:  ¥
久しぶりに読み返してみてこんなに偉大な本だったのかと改めて思い知らされた。とりわけ亡き友たちを綴った「あちらの人たちへ」にはまいりました、和田誠の本はサラッと乾いて軽い調子の語り口という印象が強いのですがここでは重低音が響いてくるかのように軋む音が聞こえてくる─「岸洋子さん」を見よ。突然が現実になる怖れと哀しみを綴った「安さん」への無念と感謝。著者の好きな同志たち(?)を記録した「グラスを上げる」、そして映画のこと音楽のこと、ことば、イラストレーションなど著者が見つめる時代と人は静かで力強く鋭い。
岸洋子 A3-331R さくらんぼの楽譜 報知新聞社 昭和58年 C:B ¥1,300
たくさんの歌を残してくれた岸洋子ですが1冊だけ自分の本を、そして生きる証を書き残していてくれた。「あとがき」のなかで「はじめて、原稿用紙のなかで旅をしてみました。・・・とうとう歩きとおしました」とある。酒田の病院の屋上で「思わずくちびるから歌があふれました。伴奏も何もない屋上でうたう『夜明けのうた』。」(180ページ)─岸洋子の歌とともに今世紀へ伝え残したい本。表紙画は和田誠。
和田誠 B4-6R 装幀の本 1993年 C:B ¥3,200
紹介されているなかでは絶版も多いだけに手にとってみたくなる本の多いこと。全部揃えられたら・・・なんてとてもムリか。
和田誠 B4-401 和田誠百貨店 1993年 C:B 帯 ビニールカバー欠 ¥1,700
天地33cm左右25cmの大型判。
和田誠 B4-256 指からウロコ  2001年  C:B 帯(シワ) ¥900
和田誠 B4-959 和田誠切抜帖 新書館 2007年 C:A ¥1,300
これは名著、内容はもちろん本としても秀逸。
監督・脚本 和田誠 B4-430 怖がる人々 松竹オームビデオ VHSビデオ(レンタルシール) 118分 シネスコサイズ 1994年 C:A ¥1,000
観てから読むか、読んでから観るかといえば、どちらにしろ観ないことにはすすめない。観る→読む→観るという繰り返し。怪談もしくは恐怖映画というより日常が非日常へ転変していくお楽しみ映画。5話からなるオニムバス、乗越駅の狂気や五六八航空のどうして撮ったんだろうというワンカット(に見える)のシーンなど極上。キャメラが機内から抜けて空中へどんどん上昇していくとは・・・。
和田誠 足立公良 佐藤太 B4-432 怖がる人々を作った人々 文藝春秋 1994年 C:B 帯 ¥900
巻末に脚本付き、何でもないシーンや背景にどれほどの力と知恵と技術が投入されているか、スタッフ・出演者たちの証言でつづる映画では見えなかった世界のドキュメント。五六八航空の不思議なシーンは監督がどうしても撮りたかったものだとあります。

東京人バックナンバー
東京人 B4-80 創刊号 特集 隅田川 都市出版社 1986年1月号 C:B ¥1,000
対談・大川いまむかし 吉本隆明/小林信彦 、吉本は月島の生まれ、昭和14・5年まで佃島にいたという。
東京人 B4-96 特集・暮らしに美学を 山本夏彦 小林信彦×古今亭志ん朝 如月小春 宮脇檀 教育出版 1986(昭和61)年夏 創刊3号 C:B ¥400  
東京人 B4-62 特集 映画館のない街には住みたくない 都市出版 1989年10月号 C;B ¥600
座談会「ぼくらは映画館で育った」高田文夫 高橋春男 中野翠、 映画館20選 私の好きな映画館。
東京人 B4-903 コドモたちの東京 都市出版 1990年6月 C:B ¥300
「世代別 わたしの子ども時代+戦後子ども風俗史」 川崎徹 佐山一郎 酒井順子 高山英男。
東京人 A3-266R 特集 大阪を見れば東京が見える 都市出版 1993年8月号 C:B 
¥600
山川静夫×古今亭志ん朝
東京人 A2-900 特集「東京の学校」 都市出版 1994年3月号(no.78) C:B ¥400
都心の小学校ものがたり(森まゆみ) 私の行った学校(平野レミ 阿川佐和子 吉本隆明ほか)
東京人 A3-131R 特集 やっぱし、落語だ! 1994年 9月号 都市出版 C:B 
¥1,200
橘右近落語博物館、現代ライバル論「志ん朝と談志」「志ん生と文楽」 林家ペー写真館。
東京人 A2-311 特集 安吾のいる風景。無頼派たちの戦後 都市出版社 1995年8月号 C:B ¥700
東京人 A3-137 特集 東京の喜劇人 1995年 7月号 都市出版 C:B ¥600
三木のり平、渥美清、クレージーキャッツ、萩本欽一、伊東四朗など、東京喜劇人列伝。
東京人 A3-890 創刊100号記念 特集 幸田家の人びと 都市出版 1996年1月号 C:B ¥1,000
記憶のなかの幸田一族(青木玉) エッセイ 久世光彦 中野翠 林真理子。
東京人 A2-22 特集 東京モードファイル 都市出版 1996年4月 no.103 C;B ¥500
六本木、銀座、新宿、原宿、青山、渋谷など街角の記憶のなかにファッションがあった。モード雑誌の変遷も追う。
東京人 A2-192R 特集 明治がいっぱい風俗画報 都市出版 1996年 10月号 C:B ¥600
東京人 A2-246 特集:物語の魔術師 山田風太郎 都市出版 1996年12月号 C:B 
¥600
東京人 A2-730 特集 都電のゆく町 1997年 1月 No.112 都市出版  C:B ¥1,000
特別付録 昭和25年都電路線図付き。荒川線リレー紀行(田中小実昌 南伸坊 池内紀) なつかしの系統(増田みず子 出久根達郎 青木玉 安西水丸ほか)。
東京人 B1-51 特集 日本橋界隈 都市出版 1997年 2月 C:B ¥400
日本橋出身の近藤富枝・小林信彦の対談がいい。今は亡き幻の町をめぐる。下町の人は遊びのために生きていたなんて、うらやましい限り。
東京人 A2-169R 特集 同潤会アパート 集合住宅の原点 1997年 4月 No.115 都市出版  C:B ¥1,700
東京人 A2-26 特集 テレビが知りたい 都市出版 1997年6月号 C:B ¥500
東京人 A1-91R 特集小津安二郎 汲めども尽きぬ映画の泉 都市出版社 1997年9月号 C:B ¥1,400
東京人 A2-273R 特集 劇場へようこそ 都市出版 1997年11月 C:B ¥600
東京人 A2-276 特集 神楽坂を味わう。 都市出版 1997年 12月 C:B 
¥600 
街、寺社町、食の町─神楽坂は「色川武大の生まれた町」でもある。
東京人 B4-65 特集 神田神保町の歩き方 1998年6月 都市出版 C:B ¥600
[付録 神田神保町マップ]  四つ折の神保町マップ(拡げてA3、畳んでA5サイズ 池谷伊佐夫)が気がきいています。
東京人 A3-34 特集 浅草は、笑いの王国だ。1998年 8月号 都市出版 C:B 
¥600
東京人 A2-590 特集 食べ歩き。 都市出版社 1998年11月号  C:B ¥500
 「町と人と美味しいものと」 小島政二郎 高橋義孝 久保田万太郎 山本嘉次郎 古川ロッパ・・・。
東京人 A2-998 特集 中央線の魔力 PartⅡ 都市出版 1999年2月号 C:B
¥400
藤村志保と相米慎二が老補(蕎麦屋)で佇む写真(8ページ)にまいってしまう、「荻窪、日だまり、大人のデート。」 写真にわずかなキャプションがあるだけなのもいい。藤村志保と安井かずみは高校の同級生、ちなみに藤村の本名は薄 操(すすきみさお)。さて、特集の「中央線」ですが「古本屋で探すひそかな幸福」(坪内祐三)を読むと古本(店)語りの名手たちの魅力のひとつは若き日の翳や屈折を今も抱え込んでいるところにあるのではないか、そんな気がしました。
東京人 B4-699 特集 本はなんでも知っている 都市出版社 1999年6月号 C:B 
¥600
絵本 落語 食 写真集 漫画など私流本のさがし方 名画座が東京から消えていく 大宅壮一の生涯。
東京人 B4-73 特集 世紀末は落語で笑え! 都市出版 1999年8月号 C:B 
¥500
「昭和の大看板の素顔」 「大襲名!古今亭志ん朝が語る 新・金原亭馬生」「立川談志×吉川潮 寄席 夢のラインアップ」。
東京人 B4-11 本はなんでも知っている 1999年(平成11年6月号) 東京都歴史文化財団 C:B ¥500
東京人 A2-50 特集 これが東京の味だ。東京っ子料理人列伝 都市出版 1999年 12月 C:B ¥400
東京人 B4-213 特集 神田神保町の歩き方 part2 2000年2月 都市出版 C:B ¥400
東京人
 B4-901 特集 写真が語る東京 都市出版 2000年3月 C:B ¥300
インタビュー 荒木経惟 篠山紀信 東京人インタビュー 沢木耕太郎。

東京人 A2-170R 特集 同潤会アパート 集合住宅ルネサンス 2000年 9月 No.157 都市出版  C:B ¥500
東京人 A2-172 特集 東京住宅 「都市の住まい」探訪記 2001年 3月 No.164 都市出版  C:B ¥500
東京人 B4-621 特集 絵本の世界 都市出版 2001年7月号 C:B ¥700
大正・昭和のさし絵画家 創作の現場 小特集 初夏は自転車に乗って 清水ミチコ 東京人インタビュー 三谷幸喜。
東京人 A2-720 特集 たてもの東京昭和史 2002年 9月 No.182 都市出版  C:B ¥500
東京人 B4-210 特集 神田神保町の歩き方 part3 2002年10月 都市出版 C:B ¥400 
逢坂剛×嵐山光三郎の対談に注目、年季が違う。
東京人 A2-171R 特集 同潤会アパート 78年の軌跡 2002年 11月 No.184 都市出版  C:B ¥500
東京人 A2-66 特集 文士の食べ歩き 都市出版 2003年 1月号 C:A ¥500
東京人 A2-993 特集 東京なつかし風景 テレビ、映画、写真にみる思い出の街角 都市出版社 2003年5月号 N0.190 C:B ¥500
「五十年経って、さすが表通りに占領軍の姿はなくなったが、代わって占領国の“文化”が駐留している。ふん、長い駐留のようだね。」(「懐しくも厭な街角。」早坂暁) 「誰が何と言おうとも、私は水のない町には住めない。」(「矢ノ倉のあでやかな女たち。」近藤富枝)
東京人 B4-93R 特集 生誕100年記念 今こそ明かす小津安二郎 都市出版社 2003年10月号 C:B ¥700
東京人 B4-71R 特集 落語に生きた親子三名人 志ん生 馬生 志ん朝 都市出版 2003年12月号 C:B ¥1,500
雑誌は突然変異を起こして奇跡的に突出することがあって、華はあるわグイグイ押してくる迫力はあるわで大変な1冊。「思い出の志ん朝」では寺田農が「葬式の時は、ぬぐってもぬぐっても涙がこぼれて。あんなに泣いたのは生れてはじめてのことでした。」(51ページ)と結び、<あの頃は楽しかったなあ>と語った(最後の)志ん朝のことばを綴っている。
東京人 B4-901 特集 好事家たちの食スタイル 食べ歩きあの人この人 都市出版社 2004年1月号 C:B ¥400
團伊玖磨 武田百合子 田中小実昌 山本夏彦 安藤鶴夫。東京人インタビューのページは久世光彦。 東京人 B4-963 特集 東京なくなった建築 都市出版 2005年4月号 C:B ¥500
東京人 B4-902 特集 昭和40年代街角写真帖 都市出版 2005年8月 C:B 
¥400
老補 都電 服装 看板 商店街・・昭和40年代東京風景。小特集 寺田寅彦、座談会 中村勘三郎 丸谷才一 関容子。
東京人 B4-230 特集 落語が、来てる! 2005年 9月号 都市出版 C:A 
¥400
東京人 B4-981 小特集 没後50年 映画監督溝口健二の世界 都市出版社 2006年10月号 C:B ¥400
新藤兼人 香川京子 成澤昌茂らが語る「溝口礼讃」。
東京人 B4-951 特集 三遊亭圓朝 都市出版 2007年 9月 C:A ¥300
対談 噺家にして稀代の書き手(桂歌丸×辻原登) 森まゆみ 矢野誠一 圓楽 川田順造 鹿島茂 橘左近らが圓朝をつづる。
東京人 B4-986 生誕130年、没後50年 永井荷風の愉しき孤独 都市出版 2009年12月号 No.275 C:A ¥500
「恋仇、荷風」小沢昭一 「僕はそこまで人間をさらけ出せない」新藤兼人 
東京人 B4-950 特集 あの頃の熱をもう一度 フォークの季節 都市出版社 2011年9月号 C:A ¥500
小室等 高石ともや 森山良子 遠藤賢司 南こうせつ。
CONNECTION
クラフト・エヴィング商曾 B4-62 どかかにいってしまったものたち 筑摩書房 1997年 C:B 帯 ¥1,500
卓上キネマハウスとか空中寝台とか夢か幻のような不思議なものたち。「架空」の世界に漂うこの気分はレトロにして新鮮。
織田正吉 B4-145 笑いとユーモア ちくまぶっくす 1979年 C:B ¥500
岡部冬彦 B4-331 いたずら紳士 講談社 昭和41年 C:B ¥1,000
松田道弘 B4-20R 奇術のたのしみ 筑摩書房 1975年 C:B ¥2,700
ちくま少年図書館30、一段低いものと見られがちな技巧、トリックなどだましのテクニックに正統の光をあてた名著中の名著。ヒッチコックがブーフーウーが落語が引用される。口絵の写真や図版が多いところもいい。
松田道弘 B4-30 トリック専科 社会思想社 1982年 C:B 帯 背ヤケ 四六判 ハードカバ ¥800
松田道弘 B4-24 トリック専科 教養文庫 1986年 C:B  ¥500
松田道弘 B4-40 トリックのある部屋 私のミステリ案内 講談社文庫 昭和60年 C:B
¥600
松田道弘 B4-129 遊びとジョークの本 筑摩書房 1996年 C:B  帯  
¥1,600
松田道弘 B4-144 トランプ・マジック ちくま文庫 1989年 C:B 帯 カバー汚れ  ¥700
松田道弘 B4-179 トリックものがたり ちくまぶっくす 1979年 C:B ¥700


和田誠 B4-57R 映画に乾杯  歓談・和田誠と11人のゲスト キネマ旬報社 1982年 C:B ¥1,000
向田邦子、黒柳徹子、赤川次郎、羽仁未央、高平哲郎他。映画名索引付で便利です。
キネマ旬報 B4-988 和田誠の映画の特集 キネマ旬報社 2011年9月上旬号 C:A 
¥1,000
2011年度のキネマ旬報の特集のベストは断然これ、保存版として永く愛読したい充実した内容。
和田誠 B4-96 また、近いうちに 大和書房 1986年 C:B 帯 ¥1,000
昭和人物誌列伝といってもいいくらい、著者の驚くばかりに幅広い交遊録。スイスイ読めるけれどさりげなくいいことばが秘められているようで一回読んだら間をおいてもう一度読みたくなる本。市川崑監督の“映画らしい映画とは真実をウソで作り上げてみせる映画”というのもそのひとつ。
和田誠編著 B4-990 映画とジャズ ビクター音楽産業 1992年 C:B ¥1,700
巻頭の「映画とジャズ」(和田誠)、色川武大 野口久光、双葉十三郎、植草甚一らのエッセイ、コレクション、資料まで。
高木史朗 B4-10R レヴューの王様 白井鑯造と宝塚 河出書房新社 昭和 558年 C:B 帯 ¥1,500
和田誠 B4-39R 落語横車 講談社 1980年 C:B ¥700
和田誠 B4-136 きなきな族からの脱出 角川書店 昭和56年 C:B ¥600
ページの上へもどる