奇本の愉しみ その1 
渡辺眞子 A3-279R リフォーム・スペクタクル 入荷準備中 読売新聞社 1998年 C: ¥
踊りだす洗濯機、丈の揃わないカーテン、煙を吸わない換気扇、差し入れ口の開かない新聞受け・・・書きだしたらキリがないほどのリフォーム珍騒動の数々。子どもからお年よりまで、さらに国籍を超えて爆笑を誘うおかしさ。補修工事をするたびに新たな補修が必要になる凄まじさ。この本はリフォームの顛末をつづったものとはいえ「生きてゆくのは、こういう積み重ねかもしれない。悲しかったりつらかったり、不条理と思われることばかりが多くて、でもほんのちょっとだけいいことがあれば、また明日も生きていける」(「35 げげげのげ」)に至っては感動的。なぜ文庫化されないのか「不条理」、復刊を望みたい傑作。
Studio Voice A3-280 特集 へんなにっぽん 流行通信 1987年2月号 VOL.134 C:B ¥700
みうらじゅんが書き荒木経惟が撮る「へんなにっぽん」、キャストは工藤夕貴、京本政樹、木の実ナナ、柳沢慎吾。
赤塚不二夫 A3-332 赤塚不二夫の天才バカ本 ベラマッチャ・エッセイ+ニャロメ小説集 徳間書店 昭和52年 C:B ¥1,600
蓮郷巌 A3-806 岡山の奇人変人 岡山文庫 昭和52年 ¥600
主婦と生活社編 A3-996 有名人50人の禁煙おもしろ奮戦記 主婦と生活社 昭和58年 C:B ¥1,300
ハンカチ5枚を引き裂いた石井好子、いろいろ試したが深呼吸法がいいぞという柳家小三冶、止めても夢の中ではまだ吸っているという早坂暁・・・禁煙格闘の実践50例、珍本です。

寒川猫持 A3-327 猫持秀歌集 猫とみれんと 文藝春秋 1996年 C:A 帯 
¥700
「昭和三十年代の大阪小景」なんて追憶の歌も。
古舘伊知郎 A3-977 晴れた日には、会社をやめたい 扶桑社 昭和61年 C:B 
¥600
昭和59年6月の表向きは円満退社(内実は不満退社)記者会見から始まる退職をめぐる「赤裸々な自己中心的ハードボイルド」(まえがき、日々の動きを喋るように綴ったユニークな一冊。
田中小実昌 A3-48 ほろよい味の旅 毎日新聞社 1988年 C:B ¥1,000 
田中小実昌 A3-308 ふらふら日記 毎日新聞社  昭和62年 C:B ¥1,700
田中小実昌 A3-331R 新宿ゴールデン街の人たち 中央公論社 C:A 帯 ¥2,700
田中小実昌 A3-82 香具師の旅 泰流社 昭和54年 C:B ¥1,000 
田中小実昌 A3-69 香具師の旅 河出文庫 2004年  C:B ¥400
田中小実昌 A3-860 いろはにぽえむ ぼくのマジメな半世紀 TBSブリタニカ 1985年 C:B 帯 ¥1,700
KAWADE夢ムツク 文藝別冊 A3-51 総特集 田中小実昌 河出書房新社 2004年 C:A ¥600
田中小実昌 A3-973 オトコの気持ち 日本経済新聞社 昭和61年 C:B ¥1,500
ユーモアとは何か、ユーモアをまじえた話というのはよく聞くけれど田中小実昌は「ときにはまじるユーモアなんて、ユーモアではない。そんなのをユーモアだとおもってる人、ユーモアだとしている世間は、てんでユーモアをわかっていない。」 「ユーモアは、その人のまるごとの考え、その人のまるごとの生きかたなのだ。」(227ページ)に続くユーモア考には脱帽、軽妙にしてズッシリくることばが散りばめられた文章・・・などと記すとたぶん反撃されるのでしょう、この軽さ自体が思想そのものだと。
CONNECTION
文藝春秋編 A3-126 誰にも青春があった 文藝春秋 1989年  C:B ¥800
山口瞳 笹沢佐保 長部日出雄 田中小実昌 佐藤愛子。戦争の影をどこかしら滲ませながらの苦い味わいが漂う。随筆とはいえ小説のようでもあり、おそらく「物語」に満ちた青春の時代だったのでしょう。 
淀橋太郎 A3-957 ザコ寝の人生 立風書房 1972年 C:B 帯 ¥1,800
「いまは亡き森川信にこの書を捧げる」と扉に刻んだ淀橋太郎、浅草オペラから盛衰を見つめてきた著者の街と仲間たちの青春の日々。
SUNTORY QUARTERLY A3-861 特集 酒場憧憬ーなぜ人は酒場に往くかー サントリー 1991年 季刊38号 C:B ¥700
酒場漂流「新宿ゴールデン街」路地に潜む陽気な人びと 田中小実昌  不思議な国の「らどんな」 小林亜星 連載「行きつけの店」(山口瞳)は下北沢小笹寿し
中山あい子 A3-800R 浅き夢 新宿「まえだ」物語 講談社 1997年 C:B 帯 
¥1,500
この本と「奥山相姦」そして「私の東京物語」(海竜社)と追ってきましたがいい感じですね、懐かしい味がありそう。
中山あい子 A3-833R あい子の自由自在 光文社文庫 昭和62年 C:B ¥500
好きだなこのオバさん、巷にあふれている人生訓やら恋愛指南やらを吹き飛ばす独特のあい子節、文庫書下ろし。
いそのえいたろう A3-993 ザ・穴場 ピラミッド社 昭和61年 C:B ¥600  
「解説」は田中小実昌 文庫判。
田中小実昌という生き方  事大主義を嫌いさらりとベタつかない乾いた世界。
田中小実昌 A3-169 ポロポロ 中央公論社 昭和54年 C:B ビニールカバ装 
¥1,200
田中小実昌 A3-933 青春放浪記 ぼくの初体験 青樹社 昭和54年 C:B 
¥2,200
田中小実昌 A3-51R ぼくのシネマ・グラフィティ 新潮文庫 昭和61年 C:B 帯 
¥900
田中小実昌 A3-937 ぼくのシネマ・グラフィティ 新潮社 昭和58年 C:B 帯 
¥1,400
田中小実昌 A3-775 コミマサ・シネマ・ツアー 早川書房 1990年 C:A 帯 
¥1,900
上野・浅草・大井・蒲田・横浜・・・当たり前のように風に吹かれて映画(館)めぐり。こんな老後が送れるなら素敵だな、なんて時代も遠ざかり。
田中小実昌 A3-65-2 また一日 文化出版局 昭和55年 C:B 帯 ¥1,600
小説サンデー毎日 A3-747 コミ・シネ 首がないと美人にならないのかナ 毎日新聞社 昭和50年1月号  C:B ¥700
山本嘉次郎監督の特徴は、ニホンの映画監督にはめずらしく、本来、かるくあかるいことだ」という山本嘉次郎3本立て評は見逃せない。抱腹絶倒の吉行淳之介対談(ゲスト イーデス・ハンソン)も。

田中小実昌 A3-249 猫は夜中に散歩する 冬樹社 昭和55年 C:B 小口微シミ 
¥2,000
「池内淳子様」、中山千夏、加賀まり子と続く女優(性)讃の良いこと。ここだけでも図書館などで一読を。
田中小実昌 A3-96 自動巻時計の一日 河出文庫 2004年 C:B ¥400 
田中小実昌 A3-97 自動巻時計の一日 角川文庫 昭和51年 C:B ¥700
田中小実昌 A3-49 コミさん ほのぼの路線バスの旅 日本交通公社 1996年 C:B 
¥800
田中小実昌 ああ寝不足だ 旺文社文庫 1985年 C:B 少ムレ ¥600
田中小実昌といい殿山泰司といい脱力系の本が読みたくなる時ってありませんか。
田中小実昌 B4-922 ベトナム王女 旺文社文庫 1985年 C:A 帯 ¥700
田中小実昌 A3-219 田中小実昌エッセイ・コレクションⅠ ひと ちくま文庫 2002年 C:B 帯 ¥300
田中小実昌 A3-994 田中小実昌エッセイコレクション4 おんな ちくま文庫 2003年 C:B ¥400
「ぼくは、このキョトンとしている女性にヨワイのです。」と「池内淳子様」で書いている。たった2ページ少しの文章ですが、当サイトが最も優れた女優賛を選べといったらこの文章と中西龍(若尾文子さん)をあげたい。
田中小実昌 A3-997 田中小実昌エッセイコレクション6 自伝 ちくま文庫 2003年 C:B ¥1,000
田中小実昌 A3-271R 田中小実昌作品集1 ヴィーナスのえくぼ 現代教養文庫 1990年 C:B ¥1,000
田中小実昌 A3-885 田中小実昌作品集2 やさしい男にご用心 現代教養文庫 1991年 C:B ¥800
田中小実昌 A3-898 田中小実昌作品集3 いろはにぽえむ 現代教養文庫 1991年 C:B ¥1,000
文庫判田中小実昌作品集全3巻、3巻の「あとがきにかえて」の末尾、「・・あと十年たったら、ぼくは死んでいるだろうな。/生死を達観しているだけでなく、死ぬのはぞくぞくこわいが、明日死ぬんでもないし、とバカだからのん気にしており、でも、十年後には、ま、死んでるよ。」 忘れられないことばのひとつ。
この人が好き
河出書房新社編 B4-551 武田百合子 天衣無縫の文章家 河出書房新社 2004年 C:A ¥700
ユリイカ編 B4-551 総特集 杉浦日向子(ユリイカ10月臨時増刊号)青土社 平成20年 C:A ¥700
河出書房新社編 B4-551 没後5年特集 半村良 河出書房新社 2007年 C:A ¥700
河出書房新社編 B4-551 総特集 森茉莉 河出書房新社 2003年 C:A ¥700
武田花 B1-830 武田花写真集 猫・陽のあたる場所 現代書館 1987年 C:A 帯¥700
ユリイカ A3-931 特集 森茉莉 青土社 2007年7月号 C:A ¥1,000
千野境子 A3-224 あの時の「私」を語る 三修社  昭和59年 C:B ¥600
夕刊フジに連載された昭和53年以降の話題の人たちがズラリ。1970年代末から80年代初めの人物相。
永六輔 A3-74 永六輔のメディア 交遊録 逢えてよかった!朝日文庫 1998年 C:B 
¥300
1992年から95年まで朝日新聞に掲載。山川静夫の章で三國一朗と並べ語りの上手な人は文章もムダがなく読みやすい、「昔からペンの人」だったと記している。78人の人物コラム。遡ること約20年前に刊行された「われらテレビ乞食」。芸人論「越路吹雪」で高峰秀子、淡島千景、三木のり平、鶴田浩二、團伊久磨、京マチ子そして越路吹雪は同じ年だと書いている。目配りの広さはさすが。
永六輔 A3-87 われらテレビ乞食 白馬出版 昭和46年 C:B ビニルカバ装 
¥1,000
永六輔 大竹省二 A3-993 赤坂檜町テキサスハウス 朝日新聞社 2006年 C:A 帯 
¥1,200
異様な面白さ、帯の後ろに登場人物一覧がありますが草笛光子 笈田敏夫 若水ヤエ子 大竹省二 ドクトル・チエコ 三木鮎郎らが住むアパートに日夜出没する映画・TV・放送・音楽・ファッション界の新人たち。そこはメディア黎明期の磁場のようだったという。(戦後の)昭和時代が躍動し始める頃の人物群像、面白いヤツが一杯いて新しい風が吹き抜ける、極私的「梁山泊」のページが開かれた。
八島美夕紀 A2-985 ゆく空に 三波春夫、母そして私 集英社インターナショナル 2002年 C:B 帯 ¥800
当サイトが三波春夫を歌手ということだけではない経歴について知ったのは黒柳徹子の対談集からでした。国家と戦争がこの歌手と切り離せない、家族(娘)が語った三波春夫という人。
大宅壮一 A3-755 大宅壮一人物料理 スタミナ編 太平出版  昭和42年 C:B
¥800
週刊文春に連載された対談集、大蔵貢、渋谷天外、田多井吉之介、富田文子ほか。
週刊文春編 A3-955 とっておきのいい話 NESCO 1986年 C:B ¥600
週刊文春の連載コラム「わたしの好きなジョーク」他を再編したもの。もういない方も次から次へ登場してくる、青島幸男 戸板康二 田中小実昌 池部良 半村良 沢村貞子 神吉拓郎 赤塚不二夫・・・。新書サイズのハードカバー。 
福田蘭童 A3-980 随筆 志賀先生の台所 現代企画室 1976年 C:B 函入
¥1,200
石橋エータローの実父ですが掲載されている写真を見るとやっぱり似てます。志賀を軸にスケッチされた福田蘭童交遊録。
はかま満緒 A3-237 黙って書いてごめんなさい 青春出版社 昭和54年 C:B 
¥500
はかま満緒 A3-396 また黙って書いちゃった 徳間書店 1980年 C:B 帯 
¥1,000
最終章の[映画・演劇の知られざる笑話(昭和)史」であきれたぼういず、クレージー誕生物語、新宿ムーラン劇場も取りあげられています。
星新一 A3-70 きまぐれフレンドシップ 奇想天外社 1980年 C:B 背色オチ
¥500
解説・書評・推薦・追悼など星新一読書指南といったところ、三島、川端、司馬なども登場。
井上ひさし A3-992 ボローニャ紀行 文藝春秋 2008年(5刷) C:A 帯 署名落款入 ¥1,700
遠藤征広 A3-993 遅筆堂文庫物語 小さな町に大きな図書館と劇場ができるまで 紀伊國屋書店 1998年 C:B 帯 ¥700
遅筆堂とはもちろん井上ひさし。
佐藤愛子 A3-130 愛子の百人斬り 角川書店 昭和56年 C:B 帯 ¥600
10年後、20年後に「この本をふと開いたとき、また新たな興味、感慨が生まれる」とあとがきに。
佐藤愛子 A3-143 私のなかの男たち 講談社 昭和49年 C:B 帯 ¥600
カバーのイラストが薄いブルーに目玉焼き。シンプルな感じが良くて・・・中身は「男性百科」
佐藤愛子 A3-179 丸裸のおはなし 大和書房 1974年 C:B ¥600
カバーの絵がいいんですよ、「喧嘩好きの血が流れている」という著者になぜかピッタリ合うイラストが本文にも。装画 長新太。
佐藤愛子 A3-993 犬が西向いても・・・おかしくない本 KKベストセラーズ 昭和50年 C:B ¥700
「悪夢のような一年間であった」という400字随想は昭和49-50年報知新聞に連載された。
上坂冬子 A3-981 それでも私は結婚したい 21世紀ブックス(主婦と生活社) 昭和49年 C:B ¥500
サブタイトルが「体験的“売れ残らないため”の秘訣集」。よくあるハウツー本と味が違うのは著者の苦い青春、結婚、人生の味が沁み込んでいるから? 手練というのがピッタリ。
面白半分 A3-243 全特集 井上ひさしと藤本義一 面白半分 昭和49年11月臨時増刊号 C:B ヤケ 
¥700
藤本義一 A3-832 易行道大研究←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています  講談社 1984年 C:B ¥1,000
表紙画・本文イラスト 安西水丸。
戸板康二 A3-151 女形 駸々堂ユニコンカラー双書 昭和50年 C:B ¥600
文 戸板康二 写真 吉田千秋 A3-195 百人の舞台俳優 淡交社 昭和44年 C:B カバー少傷 擦れ ¥1,000
日本芸能実演家団体協議会 A3-232 ひと 芸と時代 日本芸能実演家団体協議会 1995年 C:B ¥1,700
芸能人が語り残しておきたい芸と時代。執筆者名はとても書ききれない。
戸板康二 A3-217 物語近代日本女優史 中央公論社 昭和55年 C:B 帯 ビニールカバー装 ¥500
池内紀 A3-605 地球の上に朝がくる 懐かしの演芸館 河出書房新社 昭和62年 C:B 帯 ¥1,600
川田晴久 石黒敬七 夢声 ロッパ 金語楼 アチャコ トニー谷など、芸を支えていることばに注目。テープから文字をおこした昭和の語り芸、時代の軸は昭和27年。
渡辺保 大倉舜二 A3-219 俳優探検 駸々堂 1991年 C:B ¥500 
芸人列伝。「やっぱり猫が好き」のあの3人やさんま、山田邦子までカバーした視野の広さ。昭和から平成にかけての人物相。
吉川英史 双調会 編 A3-965 米川文子 人と芸 双調会 平成8年 C:A 非売品 
¥2,000

宇野重吉 A3-997 光と幕 村山書店 昭和32年 C:B 帯 補修跡(帯) 
¥1,800
著者の最初の「雑文集」、扉 文字 寺尾聰。「京マチ子さん」「デコ姫様」「賢兄信欣三」「芥川飲み介」「杉本良吉さんのこと」「新藤さんと共に」。
中村又五郎/山田五十鈴龍 A3-265 芝居万華鏡 めぐる舞台のうらおもて 中央公論社 昭和57年 C:B 帯 ¥500
Esquire A3-326  歌舞伎 夢の玉手箱 ユー・ピー・ユー 1991年12月号  C:B ¥400
沼野正子 A3-462 今宵も歌舞伎へまいります 晶文社 2001年  C:A 帯 
¥700 
 
芸人大全集
萩本欣一 A3-98 「笑」ほど素敵な商売はない 福武文庫 1995年 C:B カバー少痛み ¥400
萩本欣一 A3-172 テレビに恋して20年 泣いて笑って、笑って泣いて・・・ 日刊スポーツ出版社 平成9年 署名落款 C:B ¥2,000
萩本欣一 A3-173 欽ちゃんのつんのめり 光文社文庫 昭和59年 C:B ヤケ 
¥400
飛田裕子 A2-917 浜天国へ逝った満点パパ 東八郎の浅草人情物語 ハート出版 平成元年 C:B ¥1,400
東八郎は昭和11年東京足立区生れ、昭和22年に浅草へ戻り30年に浅草の舞台に立った。この方の力が抜けきった踊り(?)には笑った。
レオナルド熊 A3-206R ヤッ、熊が来た いかにも一般大衆にウケる本 祥伝社 昭和58年 C:B 帯 ¥1,200
この本は残したい、また残る本だと思います。今の時代にも、否今の時代だからこその本、熊さんの怒りと毒は消えない、しかも少しも古くなっていないのだ。
大村崑 A3-334 お父さん親してますか! 日本実業出版社 1986年 C:B 署名落款入 ¥700
崑ちゃんの“ふれあい”子育て論。 
由利徹 A3-502R 由利徹の過激にオモシロ本 ブックマン社 1984年 C:B 
¥1,300
「この本の中は最初から最後まで、腹抱えて笑ってしまうエピソードが、金太郎飴じゃないけど、切れ目なく詰まってるよ」(はしがき)。
高平哲郎 A3-91 由利徹が行く 白水社 1981年 C:C 小口ヤケ 帯 ¥1,200
益田喜頓 A3-618 下町交狂曲 毎日新聞社 昭和55年 C:B 帯 ¥800
小沢昭一 A3-218 ぼくの浅草案内 講談社 1978年 C:B 小口ヤケ 帯 
¥1,500 
広岡敬一 A3-46 ストリップ慕情浅草・吉原ロマネスク 講談社文庫 1993年 C:B 
¥700
井上和子 A3-144 熊さんに抱かれて 小学館 1995年 C:B 帯 ¥700
かって松竹で中川加奈の名で結構出演されていた方でした。
せんだみつお A3-151 ナハ 芸能生活30周年 東京書籍 平成14年 C:A 帯 献呈署名入 ¥800
立川談志 A3-186 酔人・田辺茂一伝←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 講談社 1994年 C:B シミ・擦れ ¥500
カタログハウス編 A3-189 大正時代の身の上相談 カタログハウス 1994年  C:A 帯 ¥700
巻頭に「身の上相談」はいつ始まったか、の疑問がこの本の誕生のキッカケだったとある。大正時代を政治・経済・文化からではなく“悩み相談”から入っていくアイディアに感心。時代の雰囲気を伝える誌面づくりも面白い。
週刊朝日別冊 A3-274 現代ニッポンにおける人生相談 朝日新聞社出版企画室 1997年 C:B ¥1,000
野呂邦暢 羽仁五郎他 A3-139 前代未聞の推理小説集 双葉文庫 1993年 C:B 
¥800
他に古川薫、赤塚不二夫、白石一郎、川村晃、三浦朱門、宮原昭夫、吉田知子、虫明亜呂無、夏堀正元。タイトル通りのめずらしい執筆陣。
山村正夫編 A2-993 サユリ・マイ・ミステリー 講談社 昭和60年 C:B 小口少汚れ ¥800
吉永小百合が表紙を飾っているのは「『サユリ』をキーワードにして、七人もの作家の方々に執筆して頂いた短編集」(カバー袖の吉永のことば)だからで「書き下ろし競作推理」です、これはちょっとしたアイデアですね。辻真先 梶龍雄 大谷羊太郎 草野唯雄 小林久三 菊村到 山村の作家陣、新書判。
たこ八郎 A3-398 たこでーす。オレが主役でいいのかなぁー。 アス出版 昭和58年 C:B ¥1,700
久世光彦、白川和子、高田純次、ファイテイング原田、細川俊之、山本晋也、由利徹ら19名の方々が語る「たこ八郎の世界」。
田中康夫・泉麻人 A3-150 大学・解体新書 祥伝社 NON BOOK 昭和59年 C:B ¥700
泉麻人の「実質的なデビュー作」(「いいだろ?これ」IMS出版 参照)だという。しかし遊びの偏差値という発想が面白い。副題は「“アソビの偏差値”で東京81大学を再編成」、大学を暇の場としていかに愉しく過ごさせてくれるか、の眼でカタログのように切り取っていく。60年代後半だったら間違ってもこういう本は生まれなかったのでは。時代観察者がここにもいたんですね。
梶山季之 A3-245 ぽるの日本史 桃源社 昭和48年 C:B 帯 ヤケ・少シミ 
¥900
梅田晴夫 A3-879 無我夢中に愉しむ本 ひまつぶしの本 ワニの本 昭和49年 C:B 
¥500
稲垣足穂 A3-166 少年愛の美学 河出文庫 昭和61年 C:B ¥500
カバーのデザインの色調といい文字色といい凝っています。解説が澁澤龍彦。
監修 神崎宣武 興倉伸司・矢島吉太郎著 A3-255 とっくりのがんばり 貧乏徳利は呑ん兵衛の味方 紀伊國屋書店 1998年 C:A 帯 ¥800
図版や写真が多く徳利の産声から「呑ん兵衛の都 江戸」を中心にした心和む徳利の時代史。
林佳恵 A3-267 箸と風呂敷と猫 廣済堂出版 平成5年 C:B 帯 ¥700
「好きなことだけやり放題」で行きついたところがタイトルの通りの小粋な装い。著者はブック・デザイナーだからその方面の記述も。愉しくて、軽いようでそうでもない不思議な本。
永倉万治 A3-180 読む御利益剤 とげぬき地蔵通信 KKダイナミックセラーズ 平成元年 C:B ¥600
「ホットドッグプレス」に連載された読み物、どこが「御利益」なのかよく分からない不思議なタイトル。
ニッポン放送編 藤本義一・前田武彦・山本道子ほか A3-181 男性対女性 24組の有名人が丁々発止のユニーク対談 永立出版 昭和50年 C:B ¥1,000
「男性対女性」はラジオ番組の再録ですが殿山泰司、田中小実昌、水の江滝子、中山千夏、などメンバーが凄い。
たちの輝き
加山雄三 A3-28 湘南に愛をこめて ファンハウス 1990年 C:B ¥700 
東京オリンピックを過ぎてから時代は加速度を強め怒涛の60年代後半に突入していく。そんな加速感を感じさせる力がありました、「君といつまでも」は昭和41年の大ヒット曲、映画「エレキの若大将」(昭和40年/1965年)の主題歌。
加山雄三 A3-207 若大将半世紀 君といつまでも 報知新聞社 昭和41年 C:B 擦れ 
¥1,800
加瀬邦彦 監修 若大将サポータークラブ A3-430 加山雄三 地球音楽ライブラリー TOKYO FM出版 1997年 C:B ¥900
新書サイズとはいえ緻密にして完璧なディスコグラフィー、フィルモグラフィーからTV出演まで網羅しています。ページを繰っていくと例えばシングルで62年に発売された「日本一の若大将」の作詞が青島幸男だったり、「蒼い星くず」(66年 「夕陽は赤く」がA面です)のアンサー・ソングとして「愛の星くず」(97年)がリリースされていたり(なんと30年を経て!)とか実に愉しい発見があります。60年代から始まるグラフィック史。
東宝 A3-870 帰ってきた若大将 パンフレット 昭和56年 C:B ¥600
加山雄三芸能生活20周年記念作品としてシリーズ再登場。このパンフは併画の「スニーカーぶるーす」も兼ねています。
ムービー・マガジン A3-431 特集 加山雄三 ムービー・マガジン社 昭和51年6号 C:B ¥900
田波靖男「若大将は永遠に」 川谷拓三アンコール登場。
CONNECTION
三宅裕司 A3-605R テケテケの日々 小学館 1992年 C:B ¥700
平均(植木等)と田沼雄一(加山雄三)が青春の星だった、三宅裕司の青春回想録。
三宅裕司 A3-885 錯乱の飛翔星人 スーパー・エキセントリック・フライド・スター 朝日出版社 1985年 C:B ¥600
熱海五郎一座 A3-909 熱海五郎一座「静かなるドンチャン騒ぎ」アミューズ 2006年 C:B 帯 CD付 ¥1,000
公演で配布され(あるいは販売され)たハードカバーの解説書でしょうか?。伊東四朗×三宅裕司と大瀧詠一×三宅裕司の対談と座員対談まで、おまけにCD「東京アチャラカ狂詩曲」まで付いている。
Switch A3-999 The 50TH Special Issue 扶桑社 1991年 Vol.9 No.3 JUlY(7月) C:B ¥1,300
表紙の陽水の特集と緒形拳「見事な不機嫌」が力を感じさせる、操上和美の写真が語りかけてくるからか聞き書きがていねいで緻密なせいか・・・力作。
大西信行 A3-332 落語無頼語録 角川文庫 昭和51年 C:B ¥900
三遊亭円之助 A3-35 はなしか稼業 1993年  平凡社 C:B ¥700
三遊亭円窓 A3-175 円窓-楽屋裏 はなし家ちょっといい話 PHP 昭和55年 C:B 帯 ¥900
小島貞二 A3-177 寄席芸人おもしろ史話 毎日新聞社 1994年 C:B ¥500
コメディ、漫才、落語、司会者、歌手・・・。ラジオでテレビで、楽しませてくれた芸人・タレント。
時代を呼吸していたヒトたち、輝いていた星たちの面影。放送から文人たちまで。

女の自叙伝

「笑芸人」
笑芸人A3-145 特集 ひとりでできるもん ピン芸大爆進 2002年 秋号 白夜書房 C:B ¥500
笑芸人 A3-100 特集 エノケン生誕100年! 浅草笑芸パラダイス 2003年 夏号 白夜書房 C:A ¥700
笑芸人 A3-166 特集 笑芸界の一年 完全保存版まるわかり 2002年冬号 白夜書房 C:B ¥500
笑芸人 A3-221 東京コント王道伝承 2000年秋号 白夜書房 C:A ¥800
伊東四郎、小松政夫インタビュー。
笑芸人 A3-385 笑う演劇 本日も満員札止め 2004年秋号 白夜書房 C:A CD付 
¥1,400
三谷幸喜の伝説の前説 初CD化」は未開封の新品のまま。
笑芸人 A3-994 特集 古今亭志ん朝 ありがとう名人芸 白夜書房 2002 VOL.6 C:B ¥600
「そして志ん朝は去っていった 通夜告別式ドキュメント」まで掲載されている。
高田文夫 笑芸人 編著 A3-203 ありがとう笑名人 2003年 白夜書房 C:A 帯 
¥1,800
志ん朝、のり平、由利徹、松鶴、東八郎の5人にスポットをあてた総特集。「笑芸人」の名人特集を増補した「完全保存版仕様」というだけあってここまでやるぞという心意気がヒシヒシと伝わってきます。
昭和芸能メモランダム
 秋山庄太郎編 女が美しく見えるとき ごま書房 昭和48年 C:B ¥1,000
「女性の美とはなにか」をテーマに編んださまざまな接近。渥美清、内田良平、三国連太郎、二谷英明、増村保造、小松方正、中村敦夫など俳優・監督から作家、デザイナー、写真家までユニークな人選。意外とも思えるほど、どの考察もマジメそのもの。内田良平の「母なるもの」が秀逸とかんじましたが・・・。
青春の詩① A3-302 狩人よ、しなやかに跳べ 大和書房 1975年 C:B 
¥1,700
特別対談 俺たちの肖像 萩原健一VS.桃井かおり 星がドロップみたいな光になって(大橋歩) 天使か? 不良少年か?(あがた森魚) 思い出がふえればいい(岡本おさみ)ほか。
スタア創刊号 A3-280 特集 これが日本のスタア ベスト100人 平凡出版 1975年 C:B ¥2,900
日本のビッグ・スタア 越路吹雪物語、 独占グラフ オレの私生活 沢田研二、 松尾和子VS五月みどり、 五木寛之/関根恵子、 グラフ 池内淳子 女ざかり、 山口百恵 六代目踊り子 など。昭和50年は歌謡曲全盛の時代、この雑誌の「スタア」は各界の人気者に光をあてようとしたもの。A4判。
別冊キネマ旬報 A3-296 現代のチャンピオン キネマ旬報社 昭和39年 C:B 
¥2,400
東京オリンピックのこの年、テレビ・映画が生み出した「スタア」列伝。青島幸男、渥美清、吉永小百合、勝新太郎、藤田まこと、坂本九、村田英雄、梓みちよ、畠山みどり、舟木一夫ルポルタージュ。
舟木一夫 A3-599 怪傑!!高校三年生 近代映画社 平成4年 C:B ¥900
デビューは昭和38年、「高校三年生」から始まる学園ソングは今も歌い継がれている。
宮本外骨 A3-933 私刑類纂 全 半狂堂 大正11年 C:B ¥1,000
世界おしおき絵図とでもいえるかな、変な本。
PHP A3-973 逃げだしてしまいたい PHP6月臨時増刊号 PHP研究所 昭和53年 C:B ¥400
野呂邦暢 滝田ゆう 落合恵子 高石ともや 水森亜土。

花森安治 A3-773R 逆立ちの世の中 河出新書 昭和29年 C:B 帯 カバー欠 
¥1,700
合理性という目から暮しを眺めるとどう見えるか、ベタついた情緒やもっともらしい慣習伝統をある一点で透過していく批評の書。ホドホドということばは著者にはないようです。
飯田龍太ほか A3-990 尊魚堂主人 井伏さんを偲ぶ 筑摩書房 平成12年 C:A 函入
¥1,600
清潔感があってゴテゴテ煩いデザインなどなくていい感じの本です。
文藝春秋編 A3-996 同級生交歓 文春新書 2006年 C:A ¥400
団令子と田宮二郎 伊藤雄之助と芥川隆行 倉本聰と矢野誠一と堤義明・・・同窓でつながる意外な組み合わせ。
うえの春秋 A3-982 うえの春秋 上野のれん会 昭和55年 C:B 函入 限定出版(千部) ¥2,800
アメ横うろうろ(田中小実昌) 下町のひとびと(渥美清) 下町のコメディアン(榎本健一) 花は上野(三遊亭金馬) 上野とボク(サトウハチロー) 不忍池(安藤鶴夫) 下谷生れ(小島政二郎) 夏(武井武雄) A5判布地装425ページ。
高田文夫 A3-88 日常ちゃ飯事 毎日新聞社 1995年 C:B ¥500
1993年から94年にかけての芸能・小説・世間のメモランダム。人名が太ゴシックで次から次へと出てくるでてくる。
ビッグコミック編集部編 A3-996 オレの飲(や)り方 各界有名人が語る、熱烈酒ライブ 小学館 昭和60年 C:B 帯 ¥1,600
北杜夫 談志 五月みどり 安岡リキヤ 池波志乃 川上宗薫 原田芳雄 高橋真梨子らが酒との深くて長い関わりを語る、ビッグコミックの連載をまとめた新書判。
澤地久枝 A3-76 男ありて 志村喬の世界 文藝春秋 1994年 C:B ¥500
志村喬、明治38(1905)年生。この本には貴重な写真も豊富に掲載され、昭和9年の映画出演から56年の向田脚本のテレビ「続 あ・うん」まで、映画・テレビドラマの出演リストがまとめられています。活動屋列伝の熱さは何故かうすい印象、若い時代に日本映画とは距離があったせいか。一人の気骨ある「男」一代という眼を感じさせる。
梶山季之 A3-929 梶山季之のあたりちらす 女と酒と政治について サンケイ新聞社出版局 昭和47年 C:B ¥1,000
初出は夕刊フジ(昭和46年7月から47年1月)、雑文集だからこそ伝わってくる作家 梶山季之のセンス。
三土会 梶山グループ A3-988 梶山季之追悼文集 積乱雲とともに 季節社 昭和56年 C:B ¥2,500  
「積乱雲」は梶山の遺稿のタイトル、「ひたすらやさしかった」(田中小実昌)梶山季之は昭和5年1月生まれ昭和50年5月不帰の客に。
金井美恵子 絵 金井久美子 A3-948 待つこと、忘れること? 平凡社 2002年 C:B ¥900
趣味の良さが本にでています、喋りだしたら止まらない(品のいい)おばさんという感じで読点でつないでいく文体は勢いの表れか。
中山千夏 A3-167 世の中メチャメチャや 議員ノート2 話の特集 1982年 C:B 
¥600
1981年の1月から8月までの議員として、また個人としての日記。国会議員としての活動報告よりも日々の人物誌が面白くあれよあれよというまに読んでしまう。人名索引があれば、より面白かったのに。この記録の時期に市川房枝、向田邦子が亡くなっていて(サラッと書いていますが)「メチャメチャ」な世の中も今から思えばまだしもの感。
話の特集 A3-168 田辺聖子 インタビュー中山千夏 話の特集 昭和58年 C:B 
¥600
和田誠の表紙画とインタビューが見どころ。編集後記(矢崎友英)で無党派市民連合の話題がでている、政治の季節でもあったのか。
室内 A3-871 特集 リフォーム大作戦 工作社 2002年12月号 C:B ¥500
山本夏彦追悼号でもあります、久世光彦 鹿島茂 群ようこ らが追悼文を寄せる。
週刊文春編 A3-938 「家」の履歴書 光進社 2001年 C:A 帯 ¥800
週刊文春で連載されている<「家」の履歴書>集成で本文412ページのヴォリューム、野坂昭如 加賀まりこ 北島三郎 谷啓 池畑慎之介 島倉千代子 永六輔 鶴瓶 田中邦衛 阿久悠 由紀さおり 小松政夫らが語る。
吉井勇 A3-244 東京・京都・大阪 よき日 古き日 中央公論社 昭和29年 C:B カバー欠 ¥1,000
文藝春秋編 A3-286 人物読本 特集文藝春秋 昭和32年10月 文藝春秋新社 C:B ヤケ ¥1,000
高瀬實乗(山本嘉次郎) 夢声(山野一郎) 永田雅一(マキノ光雄) 花森安治(扇谷正造) 横山隆一(杉浦幸雄)など、カッコ内は筆者。
清水崑 A3-168 一筆対面 東峰書房 昭和32年 C:B カバー背褪色 少し剥がれ 
¥1,600
昭和31年2月から32年の3月まで朝日新聞夕刊に掲載されたイラストと「対面」談義で構成された101人の人物スケッチ。市川房枝や神近市子、京マチ子に岸恵子、徳川夢声に谷崎潤一郎、政財界からスポーツ界まで時代の顔が勢ぞろい。高峰秀子の章で「カルメン故郷に帰る」のタイトルバックを描いた話題がでています、イラストの楽しいこと。文章もいい。
横山隆一 A3-318 ひとりがてん 毎日新聞社 昭和33年 C:C カバーシワ 書込み有 
¥1,200
折にふれ綴られた身辺雑記、数寄屋橋の川がなくなったハナシやP・C・L撮影所時代の思い出など毎日新聞日曜夕刊に連載されたもの。軽い読み物ですが昭和30年代の街、ひと、風景が伝わってきます。林家三平が家へ遊びにきた写真も。
丸尾長顕 A3-886 日本で一番もてる男の話 光文社カッパ・ブックス 昭和39年 C:B 
¥1,200
鎌倉文学館 特別展 A3-880 久保田万太郎展 昭和63年 B5判24ページ C:B 
¥700
成瀬櫻桃子編 A3-908 久保万太郎句集 こでまりあ抄私の銀座日記 ふらんす堂 1991年 C:B ¥800
文庫本よりいくらか大きいサイズの小さな句集。
市河三喜 A3-827 私の博物誌 中央公論社 昭和31年 C:B ¥1,400
関誠夫 A3-828 ヨーロッパひとり旅 関誠夫 中和出版 1964年 C:B 
¥1,200
序 徳川夢声 レイアウト、写真が良くて糸とじ本、類書に見られない良さがあります。
福田蘭童 A3-998 世界つり歩き 報知新聞社 昭和42年 C:B ¥600
釣りの話題もあるけれどむしろ世界漫遊記。
NHKテレビロータリー編 A3-96R わたしの散歩道 竹井出版 昭和55年 C:B 
¥500
谷内六郎が砧緑地を、團伊玖磨が横須賀の秋谷海岸を、田村隆一が鎌倉の月影の谷を、滝田ゆうが国立を、吉村公三郎が逗子を歩く。TV放映をもとに編集された46名の散歩道。実際の散歩の時の写真が掲載されている。
加藤千代 A3-191 わが父の愛と修羅 主婦と生活社 平成元年 C:B ヤケ 帯 
¥1,200
父 加藤嘉、母 中村雅子(東映2期のニュー・フェイス)の知られざる日々を綴ったもの。娘である著者がボロボロに傷ついていたとき「父の沈黙は、いわば私の肩にそっとおかれた神の手のようなもの・・・無口だったが、私にはいっぱいの言葉が聞きとれた」(「父からの贈り物」)というところ、まいりました。それにしても「修羅」の場面には驚きの連続。
千秋実 A3-412 生きるなり 脳卒中からの生還 1984年 C:B ¥400
佐々木文枝 A3-438 愛情減塩食 リヨン社 昭和57年 C:B ¥400
「生きるなり」の続編、単に減塩食だけでなく食生活全般にわたる試行錯誤のノート。著者は千秋実夫人。
松村達雄 A3-411 のんびり行こうよ 浪漫 昭和49年 C:B ヤケ 帯 ¥1,000
松村達雄 A3-917 金はなくても 芝居と女と貧乏と 未央書房 昭和43年 C:B 
¥1,200
佐賀潜 團伊玖磨 桂ユキ子の閑話対談のページも。
佐貫百合人 A3-413 役者烈々 俳優座養成所の軌跡 三一書房 1995年 帯 C:B 
¥1,000
意外なエピソードがポンポン飛びだしてくる役者列伝。
東野英治郎 A3-885 漫遊無限 講談社 1982年 C:B 署名落款入 ¥1,600
「水戸黄門」とともに14年の副題がありますが映画人交友から生い立ち、日々雑録まで。
小澤栄太郎 A3-999 パリの銭湯 法政大学出版局 昭和34年 C:B 函入 
¥1,500
意外な方々(例えば越路吹雪)も登場してくる1953年のパリ訪問記。写真は函と本体。

 order  

春日油三編 A3-278 アンテナは花ざかり NHKの楽屋裏 鱒書房 昭和29年 C:B シミ 小蔵書印有 ¥1,600
とんち教室 二十の扉 三つの歌 素人のど自慢などのグラビアを巻頭に人気の司会者、ラジオ・スタアの話題が満載。大衆がいた時代のNHKの舞台裏、エピソード。
青木一雄 A3-201R 「とんち教室」の時代 展望社 1999年 C:B 帯 
¥1,000

副題は「ラジオを囲んで日本中が笑った」このラジオ放送が始まったのは昭和24年。
中西龍 A3-211R 人を恋い唄に酔う 柏書房 1984年 C:B ¥1,700
中西龍49歳から50歳にかけての(生きた)証ともいうべき本、久しぶりに再会してやっぱり中西龍はいいなあと感じました。こんな時代だからこそピッタリ寄り添ってくれる哀調の名文と放送詞文。 今や時代はめぐりめぐって中西龍を求めているのではなかろうか、中西龍コレクションをどこかの版元で企画してくれまいか、「銀座百点」に連載されたエッセイ(たぶん単行本には収録されていないはず)もぜひ入れて欲しい。
中西龍 A3-553R 続ことばつれづれ 中西龍書簡集 教育センター出版 昭和53年 C:B 贈呈印有 ¥1,600
最近でた「当マイクロフォン」(角川書店 三田完)が中西龍の、ひいてはマイク職人たちの世界を拡大していくきっかけになってくれれば・・・。三田の本にも山根基世は登場してきますが中西も「大阪からY・Mさんが、東京に転勤・・・」、教育係としてあれこれ面倒をみたのはこの人ひとりと書いている(107ページ)。山根は自著「であいの旅」(毎日新聞社 1988年)で師匠中西について「大阪、新人時代」で綴っています、中西はアナウンスについては何も云わず夜、飲みに連れて行ってくれた、「あーあ、お湯の流れる温泉に女と一緒に行きたいなあ ─ こんな新人教育ってあるかしらん。」 中西の魅力のひとつは繰り返し“自分を律する”ことを自らに問い掛けていること。鎌倉に中村光夫を訪ねた帰り道、「ああ駄目だ、このまま老いてしまっては、ほんとうに駄目だ。このままでは<自分>にすまない」と綴る。
中西龍 A3-311R 中西龍書翰集2 続・続ことばつれづれ 教育出版センター 昭和54年 C:B ¥1,500
ここに綴られていることばのひとつひとつは昭和50年の中西龍の生きた証、「いちど世の中が徹底的に貧乏になったらいいと近頃僕はしみじみ思います。」(67ページ)とある。揺れつづける男ごころ、模索する精神、書かずにはいられなかった中西の想いは深く途に迷うばかり、しかしそこが中西節の魅力でもあって・・・
中西龍 A3-995 背なに吹く風 中西龍刊行会 昭和57年 C:B 献呈署名入 
¥2,700

「銀座百点」で「若尾文子さん」を読んだ時にはホントに驚いた、よくもまあ書いたものだと、「あの女が生きているから私も生きている、あの女が生きている限り私も生きていたい・・・・・・かくほどまでに想う。」 「女」にはもちろんヒトとルビがふってあります。中西龍が「銀座百点」で綴った全12回分は単行本に収録されていないと思っていたのですが中西自身が自費出版で刊行していたんですね。あなたの放送が続く限り私は死ねない、死ぬわけにはいかないとリスナーに言わせた中西龍、こんなラジオの語り手がいたことも少しづつ遠のいていく。中西龍はもう一度発掘されるべき方なのではないでしょうか。
生方恵一 A3-960 生放送だよ人生は 双葉社 1990年 C:B ¥1,000
コクがあって節度があって実に気持のいい本。平成元年大晦日NHKホールに招かれた、5年ぶりに復活する都はるみと言葉を交わす、渥美清が〝都はるみの背中に神がいる〟といったことを思いだしながら「美空ひばりのステージは彼女自身が神様に近づいて行くような感じがありました」と綴り多くの出会いのなかで最も気になる人がこのふたりだと。サラッと綴られた「まえがき」から胸が躍る。3年先輩の中西龍とは旭川局で指導を受けたとある、艶歌人間への変貌は中西の影響もあったようだ。
生方恵一 A3-29 生放送だよ人生は 双葉文庫 2001年 C:B ¥400
生方恵一ヴァラエティ・ブックといいたいほど交友録、足どり、話すこと、司会のこと、放送のこと、などあったかくて(そのくせズバリ直言したりして)いい話が満載。
尾嶋義之 A3-770 志村正順のラジオ・デイズ 洋泉社 1998年 C:B ¥800
尾嶋義之 A3-30 志村正順のラジオ・デイズ 新潮文庫 平成13年 C:B ¥300
日本放送協会編 A3-108 放送夜話 座談会による放送史 日本放送出版協会 昭和43年 C:B 帯 扉シミ ¥1,000
放送の歩みを前史、事件、芸能、スポーツ、教育、技術の大分類に分け、さらに細かくテーマを絞りこんでいく座談の集成。
鈴木健二 A3-771 鈴木健二の生々流転 ビクトリー出版 昭和47年 C:B ¥800
「私達の年代には、昭和二十年に一度死んでいたのではないかというぎりぎりに追いつめられた生命観が、いのちのどこかの底に深く根を下ろしている」(「太宰治との出会い」)という昭和4年生まれの青春エレジイ。
小川宏 A3-256 ま~るい会話 カッパビジネス 光文社 昭和58年 C:B ¥700
小川宏 A3-981 汗をふきふき・・・小川宏のにんげん談義 山手書房 昭和51年 C:B 帯 ¥1,200
「小川宏ショー」10年の歩みは「出会いの集合体」だとまえがきにあります。昭和40年にスタートした番組の裏ばなし、人間模様を綴る。
露木茂 A3-961 露木茂の話の輪は話 説得のテクニック 有斐閣 1985年 C:B 署名入¥500
木島喜世子 A3-991 私と木島則夫の闘い 癌と老いとの2500日 リム出版 1991年 C:B 帯 ¥700
知らなかったですね、木島則夫にこんな晩年があったとは。家を売却して有料老人ホームへ入るところからすべての歯車が軋みだす。
金子辰雄 A3-393 つぎの方どうぞ NHKのど自慢旅日記 日刊スポーツ出版社 昭和53年 C:B ¥900
歌は世につれ場所により、すずらんの花咲く北海道から南国・九州沖縄まで歌を通しての日本紀行と人語り。
グラフHNK A3-394 NHKのど自慢日本一 NHKサービスセンター 1978年3月号 C:B ¥800
放送記念日特集「放送のルーツをたどる」 阿木翁助×中村メイコ対談。
ノーサイド A3-31 ラジオディズ 文藝春秋 1996年 C:B ¥1,000 
美里美寿々 A3-921 美寿々の気まぐれエッセイ 双葉社 昭和60年 C:B ¥500
The CD Ciub A3-946 文学 音のカタログ 新潮社 1999年 C:A(音源)¥800 文学の朗読CDの出だし5分(位)の集成、井伏鱒二(山椒魚 森繁) 向田邦子(男どき女どき 黒柳徹子)太宰治(走れメロス 草野大) 夏目漱石(坊ちゃん 風間杜夫) 池波庄太郎(上意討ち フランキー堺)など12作品。
CONNECTION
はかま満緒 A3-8R はかま満緒の放送史探検 朝日文庫 1995年 C:B ¥400
山川静夫編 A3-67 歌舞伎読本 福武文庫 1992年 小口ヤケ C:B ¥400
山川静夫 A3-83 山川静夫の歌舞伎十八選 これだけは見てほしい平成の歌舞伎 講談社カルチャーブックス 1991年  C:B ¥600
NHK取材班 A3-84 鏡獅子三代 山川静夫・推理ドキュメント 日本放送出版会 昭和62年 C:B ¥800 
ノーサイド A3-58 特集 歌舞伎の新時代 文藝春秋 1996年6月号 C:B 
¥1,000
ノーサイドの最終号は「歌舞伎の花形スター総登場」。山川静夫司会の座談会も収録。
この1冊

山川静夫の眼

三國一朗 A3-158R 三國一朗の人物誌 毎日新聞社 昭和57年 C:B 帯 
¥1,600
「サンデー毎日」に昭和55年から56年にかけて連載されたもの。ラジオのスタジオへ「町ごと入ってきて」鮮烈な印象を残した田中小実昌の章ではその歩きっぷりをスケッチしています。ただひたすら歩く姿。余談ですが鴨居羊子の章、ゾクッときますね。

出久根達郎 A3-997 百貌百言 文春新書 2006年 C:A ¥500
100人のエピソード・名言集。ことばを掴み取る力が違うのか、角度が鋭いのか著者が切り取った一言で人物印象がぷあっとふくらんでくる。意識してのことでしょうが寺田寅彦 鶴田浩二 越路吹雪 長谷川町子と続き今和次郎 内田百閒 鶴彬 三木鶏郎と並べる。このタッチは「三國一朗の人物誌」(こちらは102人)につながるのでは?
三國一朗 A3-208R 徳川夢声の世界 青蛙房 昭和54年 C:B 函入 帯 
¥2,800
三國一朗 徳川夢声とその時代 講談社 昭和61年 C:B 微シミ ¥1,500
三國一朗 A3-205R 肩書きのない名刺 自由現代社 昭和55年 C:B 小シミ 
¥1,000
テレビのこと、昭和史のこと、古書のこと、小紙片愛のこと、舞台のこと・・・縦横につづる「昭和」の断片。
三國一朗 A3-187 女たちの遠景 潮出版社 1982年  C:B 日付印有  
¥1,200
映画のこと、本のこと、折々の女たちのこと、過ぎし日の情景をたどりながら綴ったエッセイ。冒頭に登場するのは伏見直江。「いま女流作家の中に、きものを長谷川時雨ほどに着こなせるひとが一人でもいるだろうか」と続く「いい女」の章など著者の時代の人物誌が新鮮。
三國一朗 A3-9 戦中用語集 岩波新書 1985年 C:B ¥500
テレビ東京編 三國一朗 A3-73R 証言・私の昭和史 旺文社文庫(全6巻) 1985年 C:B ¥1,600(6冊揃)
CONNECTION
グラフNHK A3-282 対談:三国一朗/鈴木健二 昭和50年11月 NHKサービスセンター  C:B ¥500
「決め手のないわが人生」というタイトル。

グラフNHK A3-893 話の交差点 われら、内幸町同窓生 三国一朗 中村メイコ NHKサービスセンター  昭和56年 C:B ¥600
特集は「35周年を迎えたNHKのど自慢」
奇人・変人・天才
小林信彦 A3-271R 名人 志ん生、そして志ん朝 朝日新聞社 2003年 C:B 帯 
¥350
サライ A3-32 特集 志ん生の貧乏自慢 小学館 1991年1/17号 C:B ¥800 
20ページほどの特集ですが読み応え充分の面白さ。志ん生の「飲む、打つ、買う、おまけに借りる生活術」を大解剖。
監修 美濃部美津子 小沢昭一 山藤章二 解説 矢野誠一 A3-911 志ん生復活! 落語大全集第八巻 講談社 2005年 C:A ¥1,200 
DVD(143分)と本をセットにしたシリーズ、収録は「おかめ団子」「姫かたり」「穴どろ」「三年目」「今戸の狐」。このうちモノクロ映像があるのは「おかめ団子」のみで後は(静止)写真。
NHK趣味悠々 A3-885 落語をもっとたのしもう 付録CD付(寿限無 林家たい平 時そば 桂平治) C:A ¥1,000
結城昌治 A3-184 志ん生一代 上下巻 朝日新聞社 昭和52年 C:B 下巻のみ帯 
¥1,500(2冊揃) 
読売新聞社編 A3-248 落語ワンダーランド 志ん生! 1993年 読売新聞社 C:B 
¥500
山本晋也・山折哲雄 A3-103 私のこだわり人物伝 古今亭志ん生 美空ひばり NHK放送出版協会 2005年 C:A ¥400  
2005年の8ー9月に放送、志ん生編では美濃部美津子との対談が、ひばり編では中村メイ子が交遊を語る。

桂文楽 A3-952 あばらかべっそん 青蛙房 昭和32年 C:B 函・カバー欠 ¥400
古今亭志ん朝 斎藤明 A3-109 志ん朝の日本語高座 PHP 1985年 C:B 蔵書印 
¥600
直接には落語の話ではなく昭和59年からNHK/FMで放送された「お好み邦楽選」から出来たもの。小唄、端唄、俳句に歌舞伎の世界から四季折々の世間を切り取る。風流入門とタイトルを変えたいくらい。
Switch A3-100R 特集 古今亭志ん朝 扶桑社 1994年1月号 Vol.11 No.6 C:B ¥4,500
古今亭志ん朝 A3-982 世の中ついでに生きていたい 河出書房新社 2005年 C:B 帯 ¥600
斎藤明 A3-219 志ん朝の風流入門 2002年 ちくま文庫 C:B ¥300
立川談志 A3-990 ナムアムダブツ 光文社 1998年 C:A ¥500
 
笑福亭松鶴 A3-981 六代目松鶴 極めつけおもしろ人生 神戸新聞出版センター 昭和61年 C:B 帯 ¥2,500
志ん朝のページ「20代は逃げまわり、30代は追いかけまわし」まであって天衣無縫 松鶴の魅力をつづる。
吉川潮 A3-996R 月亭可朝のナニワ博打八景 金持たしたらあかん奴 竹書房 2008年 C:A 帯 ¥600
この本は可朝版ギャンブル人生論、選挙までが(当選か落ちるかという意味で)ギャンブルの対象になるとは底抜けの発想ではないか、いいかげんなところで手を打たない生き方というのは何がどうであれ清々しいというのか天っ晴れ、“死んだら困る、けれど生きていてもこれまた困る”とは奥さんの弁ですがイヤハヤ。冒頭に可朝は寝たきりになった年老いた母を「自宅で介護をし、毎日可朝が風呂に入れた」母親が病院へ移っても日参したとある
月亭可朝 A3-971 勝率97% “女”の研究 文化創作集出版 1989年 C:B 
¥600
可朝はんの「男の運は女次第」というごもっともな指南書でクドき方・慰め方の研究と成果を披露。 横井洋司 写真 京須偕充 文 A3-522 志ん朝の高座 筑摩書房 2005年 C:A 帯 ¥2,200
平凡 A3-997 高橋圭三マイクかついで ゲスト古今亭志ん朝 平凡出版 昭和37年9月 夏休み特大号 C:B ¥1,900  
古今亭志ん朝のシーチョー交遊録(渥美清 スリー・ファンキーズ) 表紙は星由里子 飯田久彦

榎本滋民 ソニー・ファミリークラブ A3-995 古今亭志ん朝 新選独演会 ソニー・ファミリークラブ 1984年 C:B ¥900
榎本の解説と志ん朝の写真で構成された29席のCD全集に付けられたA4サイズの角背本。
林家こぶ平(当時)、「人生すべてが好奇心」(堀文子×吉行あぐり)、銀座サロンのゲストは大竹しのぶ。
桂米丸編 A3-863 新作艶笑落語 日本文芸社 昭和42年 C:C ヤケ ¥700
橘蓮二 A3-521 高座の七人 講談社文庫 2001年 C:B 署名入(志の輔)
¥800
橘左近 A3-948 落語知れば知るほど 実業之日本社 2007年 C:A 帯 ¥600
立川志らく A3-874R らくご小僧 新潮社 2004年 C:A 帯 献呈署名入 
¥1,800
柳家小三冶 C2-996 落語家仲間泣き笑い行状記 交通タイムス社 昭和59年 C:B 小口シミ 帯 ¥1,800
噺家バイク集団の珍騒動・行状記。新書判。
郡山和世 A2-903R 噺家カミサン繁盛記 講談社文庫 1999年 C:B ¥400
単行本がでてからおよそ10年経って文庫になるなんて、よほど使命感(?)に燃えて─この1冊は読み継がれるべき本だとかね─甦らせたのではなかろうか。「その後」が書き加えられています。
郡山和世 A2-903 噺家カミサン繁盛記 文藝春秋 1990年 C:B 帯 ¥800
「屈託のあるとき、私は本書を開く。何度読んでも、あきない。何度読んでも、必ず笑える。そしてあとで思い出すたび笑いがこみあげてくる。」(出久根達郎 たとえばの楽しみ 講談社文庫 2000年 205ページ) こんな感想を見て読まないでいられようか。何からなにまで可笑しいですよ、この本。人生は複雑で想像を絶するほどにいろんなヤツがいて疲れるのだがスキ間に笑みが忍び込む。それにしても「屈託のあるとき」何度も手にする本が1冊でもあれば幸せなことだと思います。それを見つけるが古本漁りの楽しみのひとつ。本文カットとカバーの染色も著者。
森繁久弥 A3-89 にんげん望艶鏡 朝日文庫 昭和58年 C:B ¥600
戦後芸能史でもあるけれど人名索引があっても良いほどの多彩な交遊録。
話の特集 A3-262 特集 さまよえるスーパーヒーロー 話の特集 1988年 C:B 小口シミ ¥1,200
「RETROSPECT’66」とあるように1966年にインタビューされたヒーローたち。石原裕次郎、鶴田浩二、赤木圭一郎(架空インタビュー)、田宮二郎、J・馬場、安藤昇、河野光隆さらに植木等、勝新太郎、高倉健に王に青島と続く。
中山千夏 A3-103 タアキイ 水の江瀧子伝 新潮社 1993年 C:B 帯 ビニールカバー装 値札剥がし跡 ¥1,700
凝った装丁は和田誠。カバー裏にも写真アルバムがありシャレた花ぎれが付いて栞は赤。タアキイと重ね合わせながら自身をも語った評伝。

中山千夏 A3-133 電車で40分 大和書房 1973年 C:B 小口ヤケ ¥1,300
大人も読めるメルヘン、ビニール装(少し切れ込み)ですがムレ防止のため外しています。
池畑慎之介 A3-743 ピーター どお?! This Is My Life 日本テレビ 1993年 C:B カバー背褪色  ¥1,500
風間杜夫 A3-976 本当のことを言おうか 角川書店 昭和59年 C:B 帯 ¥800
昭和24年世田谷区上馬で生まれた、帯に「はじめての半自叙エッセイ」とありますが聞き書きによる子役時代 学生時代 役者稼業は言いたい放題の面白さ。
秋山庄太郎 A3-122 秋山庄太郎の千夜一夜 竹井出版 昭和56年 C:B ヤケ・少シミ 
¥1,000
気ままなおしゃべり集。雑誌の表紙写真は「大衆の好みの最大公約数をくみとった表現の工夫」に専念してきたという。
吉永小百合 A3-104 夢一途 主婦と生活社 1988年 C:B  帯 ¥600
加賀美幸子「やわらか色の烈風」(ちくま文庫)にタモリとの対談があって吉永小百合を「日本人の一番いい顔」「国宝に指定してもいい」とタモリが語り「私もそう思う」(笑)と受けています。文庫本は日本映画コーナーに。
話の特集 A3-105 吉永小百合INTERVIEW 話の特集 昭和58年2月号 C:B 
¥600
表紙画・インタビュアーとも和田誠。
PLAYBOY A3-331 吉永小百合と240分 集英社 1986年2月号 C:B シミ ¥800
ディック・ミネ A3-40 八方破れ言いたい放題 政界往来社 1985年 C:B 献呈署名 
¥1,000
上原謙 A3-44 がんばってます 共同通信社 1984年 C:B 帯 ¥500
淡谷のり子 A3-85 私のいいふりこき人生 海竜社 昭和59年 C:B ¥600
長門裕之 南田洋子 A3-423 われらガチョウ夫婦 1978年  C:B 帯 ¥800
高島忠夫 寿美花代 A3-911 高島忠夫・寿美花代の お熱いうちに 小学館 昭和59年 C:B 帯 ¥700  
夫婦のライフ・ヒストリーをリレー形式でつづった本。帯にTVの「ごちそうさま」に14年連続出演の仲良し夫婦といった文句がありますが、「ごちそうさま」のプロデューサー市橋明子も塩田ミチル、向田邦子の同級生。
三木明美 A3-239 松坂慶子物語 データハウス 1987年 C:B ¥500
星由里子 A3-771 死はあまりにも突然に 集英社 1984年 C:B ¥600
享年56歳、作家花登の追想録。
武田鉄矢 A3-113 ふられ虫の唄 武田鉄矢のさすらい青春記 講談社 昭和50年 
¥500
山田洋次との対談があります。
梓みちよ A3-215 ワッごめん!!  日本文芸社 昭和59年 C:B 帯  ¥500
小沢忠恭 安西水丸 A3-221 東京美女  モッツ出版 2000年  C:A 帯 
¥600
浜畑賢吉 A3-234 男は度胸 女は愛嬌  文化出版局 昭和46年  C:B ヤケ 
¥700
竹腰美代子 A3-988R いつもお陽さま家族 文春文庫 1984年 C:B ¥600
当サイトが今年(2009年)上半期に出会った最も感銘深い本のひとつ、この本(従って家族には)つつしみ、労り、優しさ、強さ、潔さ、朗らかなど普通の人がもつずべてのセンスと振舞いの原型があって<誇り高く生きる>ということがどういうことなのかを語りかけてくる。今世紀に伝えていきたい本。
竹腰美代子  A3-981 いつもお陽さま家族 文藝春秋 昭和57年 C:B 帯 
¥1,700
山本茂実編 A3-951 私を支えた母の一言 青春新書(青春出版社) 昭和45年 C:B 帯 ¥1,200
よくある企画ものですあこの本はオッと思わせるところああります、ひとつはここに登場してくる「母」はほとんどが明治の女であること、そして人選にひとくせもふたくせもある方たちが顔を揃えていること。和田夏十 竹腰美代子 芳村真理 山内明 大宮敏光 江利チエミ 森茉莉 谷内六郎ら100人。一人見開き2ページの構成。こういう手軽な新書本がどんどん捨てられてきたんじゃないか、パッタリ見かけなくなったのがこのテの本。
奇人変人怪人 昭和交遊録
山下勝利 A3-511 今を盛りのいい女列伝 30代色香研究 アシーネ 昭和58年 C:B 帯 ¥1,600
週刊朝日に1982年4月から12月まで連載された37人の星たち。宮下順子 篠ひろ子 大原麗子 伊東ゆかり 梶芽衣子 太地喜和子 大谷直子 松尾嘉代 十朱幸代 酒井和歌子 丘みつ子 佐藤オリエ・・・。
山下勝利 A3-168 ふたたび いい女列伝 朝日ソノラマ 1995年 C:B 
¥1,000
続編、トップは風吹ジュンから。
山下勝利 A3-169 早過ぎる自叙伝 25人のまぶしい女たち アシーネ 昭和59年 C:B 帯 ¥1,600
樋口可南子、大竹しのぶ、かとうかずこ、高瀬春奈、名取裕子、夏目雅子、根岸季衣と続く25人をクローズアップ。巻末に山下 ×平地勲の対談。
山田邦子 A3-822 センセーショナル邦子 ギャグダンス 山田邦子の自伝的ギャグエッセー KKダイナミックセラーズ C:B ¥1,400
カルーセル麻紀 A3-900 私を脱がせて ぶんか社 2002年 C:A 帯 ¥600
還暦を迎えて綴ったカルーセル麻紀の言いたい放題、「極秘─有名人との愉快な交友録」(6話)なんて楽しめる、麻薬疑惑の一部始終は迫力があります。
渡辺えり子 A3-411 えり子の冒険 早すぎる自叙伝 小学館 2003年 C:B 帯 
¥400
包み隠さずの語りの演劇半生記。集団の中で泣き、笑いたいという志向と反戦が根っこにあるようです。
渡辺えり子 A3-831 思い入れ歌謡劇場 中央公論新社 2003年 C:B 帯 ¥600
「『シャボン玉ホリデー』という当時の人気番組に出演して歌うその人の姿を見た瞬間から、私はまさに恋に落ちたのであった」(落葉の季節)、沢田研二への思い入れがなかったら東京に来ることはなかったとも書いている。
山下勝利 A3-387 男の背中 河出書房新社 1999年 C:B 帯 ¥800
役者・芸人たちの肉声をひきだし屈折した人生の断面を描きだす。藤田敏八、山城新伍、石倉三郎、藤竜也、原田芳雄、小松政夫、伊東四郎ほか。ピリッと効いたことばがいいですね、「心の中に山小屋を持つ」(原田芳雄)とか「芸能界というのは嫉妬産業」(津川雅彦)だとか・

徳川夢声の本を追っていくと自然に雑本のジャンルに流れていく。「雑」と記すとその他大勢みたいですがなかなかどうして大いなる雑、コクのある雑本たち。

徳川夢声 A3-203 夢声戦争日記 第一巻 昭和35年 中央公論社 C:C 函入 シミ 擦れ ¥1,200
単行本は全5巻刊行、第一巻は昭和16年・17年を収録。戦争についての日記というより戦争時代の生活記録。何を食したか、古本記録(しょっちゅう買っています)、慰問や映画、放送などの出演や誰と会ったか、などなど夢声の足どりと気持ちの揺れにこの時代の空気が濃密に漂っています。なお、中公文庫(全7巻)の1,2巻に該当。
徳川夢声 A3-204 声自叙伝 銭と共に老ひぬ 上下卷 昭和43年 新銭社 C:B カバーシミ ¥3,800(上下2冊揃い)
戦争日記に比べると実になめらかで快調、それにしても凄い題名です。出版社にも銭の一字が入っている。愛すべき奇本と呼んだのは三國一朗でしたが当時の「東京の場末」新宿の武蔵野館へ弁士として出演するまでが上巻、映画にラジオ、対談など多才な活動と身辺を綴った下巻。軽快で読みやすく面白い、夢声のこれまでをタテ糸とヨコ糸で紡ぎだしているだけに「徳川夢声の世界 入門」と名づけたいほど。人は「夢声老」と呼んでいたが40代の初めからだとある。そんな枯れた感じと我がことをゆったり眺めるような眼差しがいい。明治・大正・昭和の物価表が巻末に。
徳川夢声 A3-944 あなたも酒がやめられる 文藝春秋新社 昭和34年 C:B ¥500
夢声の死に物狂いというかのたうちまわる生き方を記録している。

徳川夢声 A3-245 夢声自伝 上中下 昭和53年 講談社文庫 C:B カバー擦れ・シミ 
¥2,300(上中下3冊揃い
徳川夢声 A2-986 夢声自伝 大正篇 よき友 よき時代 早川書房 1962年 C:B 
¥1,400
ハヤカワ・ライブラリー。
徳川夢声 A3-331 徳川夢声代表作品集 随筆篇 下 昭和28年 六興出版社 C:B カバー欠 ¥1,200
百鬼園先生 図書館 ぬれぎぬ 雁のあとさき 他の短・中編集。 
徳川夢声 A3-907 悲観楽観 夢声の眺めた人生哀歓の調べ 文藝春秋 昭和30年 C:B 
¥2,700
随筆サンケイ A3-998 風景の中の私 岸洋子 サンケイ新聞社出版局 昭和43年9月号 C:B ¥400
特集は「悪戯」 随筆寄席は夢声 渋沢秀雄 林髞・
片柳忠男編 徳川夢声 サトウハチロー 近藤日出造 渡辺伸一郎 奥野信太郎 A3-226 なんでも喋ろう 昭和38年 オリオン社 C:B ¥1,600
爺さまたちに囲まれて植木等、渥美清、水上勉、三遊亭金馬、今東光、石黒敬七らがゲストに。
あまとりあ社編 A3-745 はだか放談 紳士淑女大いに語る あまとりあ社 昭和30年 C:B ¥1,000
古川ロッパ、正岡容、橘家円蔵、南部僑一郎、山野一郎、伊吹マリというメンバーから始まる。 
文藝春秋 A3-333 秋燈読本 昭和27年 文藝春秋社 C:B ¥700
自由国民 A3-334 現代の座談 挨拶 文章 昭和27年 自由国民社 C:B ¥700
斎藤信也 A2-672R 人物天気図 朝日新聞社 昭和257年 C:B 函入 扉蔵書印有 
¥2,700
昭和24年12月1日から25年8月17日までの朝日新聞夕刊に連載され編集された100人の人間探訪記。浅沼稲次郎 芦田均 榎本健一 長谷川一夫 原節子 林芙美子 幸田文 笠置シズ子 水の江瀧子 小津安二郎 永田雅一 中原淳一 高峰秀子ら。喰えないオヤジですよ斎藤信也、インタビューの神様とも名文家とも評された斎藤の一言一句から目を離せない。この匂いというのは竹中労に近いのではなかろうか。
徳川夢声 A3-270R 夢声の動物記 1996年 ちくま文庫 C:B 帯 ¥1,000
動物たちとの関わりをつづりながら身辺雑記。解説(井坂洋子)に「朗読の下地があってうまれた世界」とありますがカタカナの使い方や省略と会話体の文章はまさに夢声の世界。
徳川夢声 A3-281R 夢声の動物記 六興出版 昭和58年 C:B 帯 ¥1,600
巻末に横山泰三のコメント「しかしいい人ですなあ」があります。
徳川夢声 A3-319 夢声の動物記 要書房 昭和26年 C:B ¥2,000
大宅壮一 A3-984 蛙のこえ 鱒書房 昭和27年 C:B 帯 ¥1,200
変なタイトルだなぁと思っていたら「あとがき」に神経をすり減らして日々を送っている多くの方々に「古池ぐらいの憩いを与え、失われた夢をいくらかでも甦らせ」るため世にだしたとある。本文はそんな感じはないようですが志がいいじゃありませんか。
博報堂ラジオCMルーム A3-988 たばこ随筆 日本専売公社 昭和39年 C:B 非売品 函入 ¥2,000
本体は茶の布装でタイトルは背に金文字の箔押し、函も質素というのか飾り気がないというのか背にタイトル文字のみ、従って写真は函の背。一服あるいはしばしの休息をめぐる随筆集ですが元はラジオで朗読されたCM集。小沼丹 森茉莉 沢たまき 竹腰美代子 秋山庄太郎 いずみたく 石黒敬七 望月優子 谷内六郎 玉川一郎 木原考一 福田蘭童ほか 
花柳章太郎 A3-908 わたしのたんす きもの随筆 三月書房 昭和38年 C:B 函入 
¥1,200
武井武雄 A3-270 戦中気侭画帳 筑摩書房 1973年 C:B 函入 帯 ¥1,900
昭和19年9月から昭和20年8月までの画帳。絵日記にも似ていますが食卓や銭湯などの暮らしの画に防空演習や東京大空襲が当たり前のように描かれています。
武井武雄 A3-271 戦後気侭画帳 筑摩書房 1973年 C:B 函入 帯 ¥1,900
昭和20年から昭和24年までの画帳。戦後まもなくの「どさくさ時代」を活写した暮らしの記録。
武井三春 A3-916 父の絵具箱 ファイバーネット 1998年 C:B ¥600
週刊朝日 A3-165 創刊50年記念増刊 昭和46年4月5日号 朝日新聞社 C:B ヤケ ¥1,200
「論戦というよりは、完全なけんか」であり「つかみあいにもなりかねまじき様相をみせてきた」と記者が書いた夢声と橋本和尚の対談(「問答有用」)も再録されて一読の価値あり。
週刊朝日 A3-772 創刊85周年記念 2007年3月2日号 朝日新聞社 C:A 
¥500
「徳川夢声『問答有用』を読み直す 銀幕・舞台の大スター編」(田中絹代 高峰秀子 片岡千恵蔵)。
週刊朝日 A3-240 問答有用 桂文楽 昭和29年9月5日号 朝日新聞社 C:B 経年劣化 ¥500
6ページにわたる夢声対談は名人・奇人回顧、「岩堀喜之助という男 百万雑誌『平凡』の秘密」も。
週刊朝日 A3-285 問答有用 田中絹代 昭和31年12月23日号 朝日新聞社 C:B 経年劣化 ¥500
田中絹代の回顧はやっぱり溝口健二監督の追憶へ。
週刊朝日 A3-287 問答有用 花森安治 昭和28年5月10日号 朝日新聞社 C:B 
¥500
徳川夢声 A3-163R 徳川夢声の問答有用1,2,3 朝日文庫 昭和59年 C:B 
¥2,500(3冊揃)
城戸四郎が蒲田大船調を熱く語り、永田雅一がラッパを吹き続ける、長谷川一夫 轟夕起子 藤山愛一郎 長谷川伸 平林たい子 牧野富太郎ほか。前書でこの本は「世間話の集積」だと書いている。
徳川夢声 A3-303 徳川夢声の問答有用Ⅱ 夢声対談集 朝日新聞社 昭和28年 C:B ヤケ ¥1,400
徳川夢声 A3-460 徳川夢声の問答有用Ⅶ 夢声対談集 朝日新聞社 昭和31年 C:B ヤケ ¥1,400
徳川夢声 A2-974 問答有用 夢声対談集 第12巻 私家版 昭和36年 C:B 
¥1,700
いずれ昭和史を眺望するときの一級の史料となる夢声対談集の最終巻。夢声の「問答有用」は10巻まで刊行・販売されたが11、12巻は非売品で私家版となった。裕次郎、加東大介、森繁、清張、大江健三郎、長島らが登場。

漫画読本 A3-904 「問答有用」楽屋裏 文藝春秋 昭和30年 臨時増刊3月号 C:B 
¥600
「問答有用」楽屋裏は夢声 横山泰三 扇谷正造の鼎談、高峰秀子の顔についてこう語っている。「デコというのは、真正面からみると逆三角形のオニギリみたいだね、横から見ると実にいい。」(扇谷) 「斜めがいちばんきれいですね。」(夢声) 「斜七三でしょう。」(泰三) 続けて横山泰三は「年をとると、お能の婆さんの顔になる・・・」。 グラビア頁は谷内六郎の作品ですが「無名の新人」とあります、文壇初登場か?
主婦の友編 A3-775 「主婦の友」90年の知恵 幸福のヒント 主婦の友社 2007年 C:A 帯 ¥600
徳川夢声 A3-773 対談奥義書 有紀書房 昭和37年 C:B ヤケ ¥3,800
タイトル通り舞台裏を綴ったもの、面白い人がいっぱいいた昭和人物列伝入門を通しての徳川夢声の世界ここにあり。入手しにくい本だけに文庫で復刊してほしい1冊。
徳川夢声 B3-72 話術 白揚社 昭和24年 C:C カバー欠 ヤケ・シミ ¥600
「日常の座談」が深く研究されるべきと説き、講談・落語・漫談まで軽妙洒脱に話しが弾むこと。間(本文では「マ」)とは「虚実のバランスなり」という有名なことばがでてきます。カンでしか習得できないとも。漫談のように読める本。
徳川夢声 A3-969 随筆甘茶博物誌 東和社 昭和28年 C:C カバー欠 ¥500
動植物についてのアマチュア博物誌。
徳川夢声 B3-338 話術 白揚社 1996年 C:A ¥400
徳川夢声 A3-915 放送話術二十七年 白揚社 昭和26年 C:B 帯 ¥2,400
大正13年から27年間にわたるマイクロフォン伝、人名索引(はもちろんないが)を付けて復刻できないでしょうか。
徳川夢声 A2-922 自傳 夢声漫筆 昭和篇 早川書房 昭和22年 C:B ¥700
「世界の始まって以来、この昭和の二十年間ほど、瞠目の大事件が頻発したことはあるまい」と「はしがき」にある。「再婚始末書」「綴方教室日誌」「八月十五日」など飛びとびながら日記のスタイルで身辺雑記をスケッチしていく。用紙不足のため粗末な仙花紙による造本だから軽いこと。 
扇谷正造編 A3-991 おふくろの味 春陽堂 昭和32年 C:B ¥800
夢声 池島信平 今東光 獅子文六 辰野隆らが綴る「わが母の記」
中村メイコ A3-141 メイコめい伝 朝日新聞社 昭和52年 C:B ¥800
徳川夢声の「戦争日記」にその名がでてくるほどだから戦前からの方。夢声を「心の師」と仰ぎ「淡い老人」と評している。茅ヶ崎海岸で「助けられて一命をとりとめ」とあるが夢声のお嬢さんだった、と書いています。
中村メイコ A3-239 ママ横をむいてて ひまわり社 昭和29年 C:B 帯(破れ) 
¥1,800
ひまわり社は「それいゆ」で有名な出版社ですがメイコ10代の気持を詩や小説に託して発表したもの。「メイコ恐るべし」と夢声が絶賛しています。装丁 朝倉摂。
昭和人物誌名伝 三國一朗の小世界  
徳川夢声-三國一朗-小林信彦というラインでその小世界をたどっていきます。もちろんここで中核になるのは三國一朗ですが。小林信彦の名がでてくるのは「コラムは踊る」と「コラムは笑う」(ちくま文庫)に書かれている徳川夢声-三國一朗の話題が印象に残っているからで例えば前著では「『私の昭和史』からこの本(若い人に一読をすすめたいという「徳川夢声の世界」を指す-引用者)にかけて、三國さんが、ご自分の心の空洞をうめあわせようとこころみたと考えるのは失礼だろうか」とかって白痴番組の司会者として批判されていた(確かご自身も別の著書でそう書いていました)一時期と対置させてその落差を衝いているところ。後著では「徳川夢声とその時代」を引いて三國が願う「夢声戦後(戦後に強調符-引用者)日記」の出版の必要性に「まったく、同感」で「必要とあらば、ぼくもお手伝いしたい」とまで書いているところ。小林にとって「なんとなく気になる方」、三國一朗はこのコーナーではめっぽう面白い(例によって独断ですが)人物誌から。

マイク職人たちの本

文庫版
山川静夫他 A3-3 歌右衛門の疎開 文春文庫 1987年 C:B 小口ヤケ ¥400
山川静夫 A3-4 或るアナウンサーの一生 評伝和田信賢 入荷準備中 文春文庫 1986年 C:B ¥400
現在、岩波現代文庫から刊行されています。
中村歌右衛門 山川静夫 A3-129R 歌右衛門の六十年 ひとつの昭和歌舞伎史 岩波新書 1986年 C:B ヤケ ¥400
山川静夫が聞く歌右衛門と昭和歌舞伎、これはもう名著中の名著。予備知識ゼロでも面白い、聞き書きの白眉。
山川静夫 A3-6 勘三郎の天気 文春文庫 1994年 C:B ¥400
山川静夫 A3-7 私のNHK物語 アナウンサー38年 文春文庫 1998年 C:B 
¥300
昭和31年のNHK入社の同期生の一人に生方恵一の名が、養成所を終えて初任地の内示を志村正順から受けたとある。和田信賢は志村の2年先輩。
山川静夫 A3-5 名手名言 文春文庫 1992年 C:B ¥400
山川静夫 A3-229 綱太夫四季 南窓社 昭和49年 函入 帯 C:B  献呈署名入 
¥3,000
「あとがき」に「文楽や歌舞伎を、ふんぞり返る芸術品にはしたくありません。・・・大衆の中から生れ、大衆によって育てられた娯楽なのだ」。挿画も著者。
山川静夫 A3-209 勘三郎の天気 読売新聞社 1988年 帯 C:B ¥1,000
学生時代から始まる勘三郎との交遊、その芸は「古今亭志ん朝に一脈通じる」という。この面白さ。
山川静夫 A3-1R 名手名言 中央法規 1989年 C:B 帯 ¥500
山川静夫 A3-2 上方芸人ばなし 日本放送出版協会 昭和52年 帯 C:B ¥1,000
山川静夫 A3-128 人の情けの盃を 淡交社 昭和61年 C:B 帯 献呈署名入 
¥1,600
やっとリンクしたなァ、この本で。山川静夫ー高峰秀子という線なのですが間に村瀬幸子が入ってひとつにつながりました。この本の「心の香水」の章と高峰秀子「いいもの見つけた」の中の「香水」が重なります。国立劇場での「女優祭」で物のなかった時代に村瀬幸子からもらった香水が娘心に嬉しくて忘れられないと語る高峰と80歳(当時)の村瀬が応えるやりとりをスケッチしています。短いけれどほんとうにいい話、一読をおすすめしたい。「少女のようにはにかんだ」村瀬から「心の香水」なんてことばが。
山川静夫 A3-707 胸の振子 文藝春秋 1991年 C:B 帯 献呈署名入 
¥1,400
帯のキャッチ・コピーに「ひとの世の微苦笑」とありますがほろ苦くてピリッと効いた山川静夫の世界。
坂東玉三郎 大倉舜二 B4-946 歌舞伎─女形 新潮文庫 昭和61年 C:B ¥700
解説は渡辺保。
木皿泉の世界
木皿泉 山田あかね A1-990R すいかシナリオBOOK 入荷準備中 日本テレビ放送網 2004年 C:   ¥
木皿泉ドラマには大声で叫ぶ力みもなく高みから見おろすお説教もなく「感動」を強要する厚かましさもなく人との関わりを閉じてしまう偏屈さもなく、ないないづくしなのだけれど私たちを繋ぎとめる小さな幸せとか哀しみ─それらは想像以上に決定的なことだということをも─を気づかせてくれる。放送当時は何も考えなかったけれど、浅丘ルリ子に小泉今日子、もたいまさこに白石加代子というおよそTVのスケールをこえているキャストでまったく奇跡のドラマというほかない。小さな川のせせらぎとのんびりした木立のつきあたりに佇むまかない下宿ハピネス三茶、器用に生きられない女性たちが非日常的事件に触れながら普通の生活にふと目をとめてホッとしたり立ちどまったりする瞬間がリアルで何ともいえない暮らしの世界があります。TV放送は2003年ですが今読んでも新鮮そのもの。2007年放送「セクシーボイスアンドロボ」は残念なことには未だにシナリオの刊行はない、「すいか」・「野ブタ。をプロデュース」(2005年)との3部作は21世紀の最も優れた作品だというのに・・・セリフがコツンと胸に響いて沁みてくる。どこかにまとめて木皿泉シナリオ集を出そうという気骨のある編集者はいないものだろうか。
ドラマ A3-755R 向田邦子賞受賞記念特集 『すいか』木皿泉 入荷準備中 映人社 2004年7月号 C:  ¥
表紙を開くと巻頭に「広大無辺」と題してパソコンの前にちょこんと置かれた5cm大の小さな仏像の写真と木皿の短文が・・・そういえば「セクシーボイスアンドロボ」の第2話も仏像がからむドラマでした。この号は「すいか」シナリオの1話から4話までを収録して木皿泉インタビューが掲載されています。このインタビューがいいのです、「遊んだり、食べたりすることをベースにしないと、私達は書けない」(10ページ)、目的もなく街をぶらついて普通の人の暮らしで過ごしていきたい、だから情報の多い東京では書けないと・・・。さて2012年4月、図書館の検索で見たら「二度寝で番茶」の予約リストが衰えていないことを最近知り〝そうでしょ、時代は変わっていないようにみえて静かに動きだしてる〟そう思いましたね。「すいか」の2003年から連綿と続いているものがあって、時代をつなぎとめるだけの魅力がこの本にはあることに良質な読者がようやく気づき始めた(のだろうか?)。
木皿泉 A3-999 野ブタ。をプロデュ-ス シナリオBOOK 日本テレビ放送網 2006年 C:A 帯 ¥1,500
キャサリン ゴーヨク堂店主 横山(先生) 桐谷家(という家族) 上原まり子 バンドー 小谷信子と草野彰・・・木皿泉のシナリオは時を経てどうしてこんなに懐かしくなるのか、どこにでもいそうな愛すべき変人たちの世界。学園ものなんでしょうがそんなことは関係なくすべての世代に<みずみずしいもの>の在り処を見せてくれる。
日本脚本家連盟 A3-898 2004年版テレビドラマ代表作選集 日本脚本家連盟 2004年 C:B ¥600
向田邦子賞作品「すいか」、1・3・6話のシナリオを掲載。
小説トリッパー A3-758 特集 脚本という表現 インタビュー 木皿泉 朝日新聞出版 2008年WINTER C:B ¥1,200
東京へ出たらアップするのはお金だけ、後は消費されてお終いですと語る木皿泉。〝言わないこと〟を大切にされてるのでは・・という質問に「自分の言いたいことばっかり言い合うの、見ていて楽しいかなぁ」と応える。濃密ですよこのインタビュー、繰り返し読みたくなる世界。
Otome continue A3-933 脚本家・木皿泉 太田出版 2011年 C:A ¥500
40ページに及ぶ木皿泉特集。プロデューサー河野英裕インタビュー、羽海野チカとの大対談。
フジテレビ/イースト A3-508 新やっぱり猫が好き 奇怪!ゴマスリ症候群編 <ビデオソフト> ポニーキャニオン C:A(再生状態)80分 スタンダード ¥1,200
子どもから大人、老人まで笑いのウズが巻き起こること必至のタダゴトではない世界、木皿泉脚本「奇怪!ゴマスリ症候群」は歴史的名演。「子役のくせして業界用語なんてバリバリ喋る」イヤミなガキにストレスを充満させて帰宅したレイ子(次女 室井滋)、選挙の応援でヒトにペコペコ頭を下げる毎日で「ストレスたまっちゃって何か気持悪くなっちゃった」「頭ペコペコ下げるからってその気になるんじゃないっていうのよ」というかや乃(長女 もたいまさこ)、ふたりがこのままでは「自分のなかの電池が切れっていくっていうの、プライドがなくなるよ」と暴発するなか「屈辱とかカーッとなんか」感じないというきみえ(三女 小林聡美)がおべっか役を引き受ける。ところが・・・。他に「夏休みの宿題うけおいます」「女の幸せか家族の愛か」も収録。DVDソフトでは「新・やっぱり猫が好き」Vol.10に収録されているようです。
武田花 A3-961 煙穴やニワトリ 筑摩書房 1992年 C:B 帯 ¥700
当サイトにとって愛玩する1冊といえばこれ、風景の切り取り方やそれらを見つめる視線が木皿ドラマと同じ気持があるのでは? 「何でもない本」(あとがき)に流れている時間がたまらなくいい。著者初めてのエッセイ集は宝物です。
石田千 A3-887 月と菓子パン 晶文社 2004年 C:A 帯 署名落款画入 
¥2,500
この本の(著者が見つめている)暮らしの感覚はTVドラマ「すいか」(2003年)に似ている、音をつけるとすれば「桃ノ花ビラ」(大塚愛)。著者にとってのデビュー作ですがいつまでも消えない余韻が残る本。
山澤英雄校訂 A3-962 誹諧 武玉川 岩波文庫 1984ー5年 C:B 帯 
¥1,000(全4冊揃)
三谷幸喜 A3-510 今夜、宇宙の片隅で Someday,Somewhere フジテレビ出版 1998年 C:B 帯 ¥3,400
「この作品にとても愛着がある」、最終回まで自由に書きたいように書かせてくれた稀有な台本、しかし「オンエア当時、視聴率的に大苦戦」をした、だから残念でならない、「日常の些細な出来事をたっぷりと時間をかけて丹念に描いた作品」なのだ、以上は「あとがき」から。登場人物は3人、そしてコンビニみたいな店の店長と猫(渡辺君)だから読みやすい、全12話。最後の方の3話ぐらいは冒険活劇のスリルとハラハラドキドキの昂奮へ叩き込まれる。
三谷幸喜 A3-838 合い言葉は勇気 角川書店 平成12年 C:B 帯 ¥1,600
三谷幸喜 A3-982 オケピ! 白水社 2001年 C:A 帯 冊子付(第四十五回岸田國士戯曲賞発表) ¥2,600
もたいまさこ 室井滋 小林聡美 A3-121 やっぱり猫が好き 幻冬社 1998年 C:B 帯 ¥800
鴨田良平 A3-180R 「やっぱり猫が好き」 イーストプレス 1990年 C:B 
¥1,200
東京サンシャインボーイズ" A3-839 12人の優しい日本人 1992年 C:B 
¥1,000
A4サイズパンフレット
中原俊監督作品 A3-958 12人の優しい日本人 BANDAI HOME VIDEO アルゴプロジェクト提供 1991年 C:A(画像) カラー116分 MONO Hifi 
¥1,200
この面白さはとにかく常識を超える、どうして話すことの繰り返しと積み重ねなのにこんなに面白いのか。12人の陪審員が語り合う“激論喜劇” 喋りたくてウズウズする人、出来れば難しい話は遠慮したい人、仕切りたくなる人、早く済ませて帰ろうよという人などどこにでも居そうな年齢も職業も違う普通の人たちが流れをつくり巻き込まれ反撥しあいながら着地点を見つけていく。
シネフロント A3-933 特集 12人の優しい日本人 シネフロント社 1991年 NO.182 C:B ¥1,200
三谷幸喜のシナリオ完全版収録。このシナリオ(と映画 監督中原俊)の面白さは特筆もの、12人の陪審員が有罪か無罪かの会話を通してふくらみ、反撥、拒否、同調を繰り返す。小さな劇的変化がある共通の土壌をつくりだしていく展開の妙。
戸田恵子 A3-970 アンパンマンになりたい私 笑顔の達人になる法 風雅書房 1994年 C:B 署名入 著者自製シール貼 ¥1,000
TVコメディの炸裂

「一枚の写真」
思い出の一枚の写真は幼年期であったり青春のひとこまであったり人生の転機を写したものであったり人さまざまですが一遍のドラマをひもとくよう。版元、編集表示が異なっていますが同じシリーズです。
桑原宏編著 A3-117 一枚の写真 著名人・タレント161人のメモリー 波書房 昭和62年 C:B ¥1,000
メディアフォース編 A3-118 一枚の写真Ⅱ 著名人・タレント172人のメモリー 関西テレビ放送 1990年 C:B ¥1,300
Switch A3-252 今、放たれる38人の光彩 スイッチ・コーポレイション 1994年5月号 Vol.12 No.2 C:B 少キズ ¥600
38人のポートレート集、表紙にその名前が記されています。
市川房枝 A3-253 市川房枝自伝 戦前編 新宿書房 昭和49年 C:B 函入 署名入 
¥1,700
1893(明治26)年生 1981(昭和56)年没。徳川夢声は1894年生だからほぼ同世代。大正デモクラシィは青春時代のド真ん中。夢声のマルチなタレントに比べると市川はひとすじの人か。
市川ミサオ A3-962 市川房枝おもいで話 日本放送出版協会 1992年 C:B 
¥500
明治の女・市川房枝の素顔やスタイルがにじみでてます。
今川英子編 A3-963 林芙美子 巴里の恋 巴里の小遣い帳 1932年の日記 夫への手紙 中央公論新社 2001年 C:A 帯 ¥1,000
新刊の時に印象に残った本でした、カバーの美しさが忘れられなかったのですが<装幀・口絵レイアウト 友成 修>とあります。「高峰秀子との仕事」を読んだ方にはお判りでしょう。本文は日記(烈しい!)、小遣い帳などの原資料と解読です。すべてが素晴らしい。
井上謙・半田美永・宮内淳子偏 A3-993 有吉佐和子の世界 輪林書房 2004年 C:A 帯 
¥2,500
有吉佐和子は昭和59(1984)年に53歳で夭折、今年は没後30年。この本が刊行されたのは没後20年を記念した企画。フランキー堺、岡本太郎との対談が再録されている、A5判334ページ。
 
淡谷のり子 A3-187 歌わない日はなかった 女の自叙伝 婦人画報社 昭和63年 C:B カバー少し切 ¥1,400
淡谷のり子80歳のときの聞き語り、何といっても戦時中の反骨精神には脱帽。堂々たる存在感、明治40(1907)年生と年譜にありますが・・・。カバーのイラストにも注目(和田誠)。
淡谷のり子 A3-979 のり子が明かす おしゃれのヒ・ミ・ツ 産心ブックス 昭和57年 C:B ¥700 
おそるおそるページを繰ってみた、「鏡を見ることにかけては、ちょっと年季のはいり方がちがう。」の一言で納得してしまった。カバー(裏)で黒柳徹子が「淡谷のり子さんの個性と、うらやましい肌、その秘密を、お逢いするたびに少しずつ盗んで」ノートを作っていたとある。秘伝の書か?
北林谷栄 A3-193 蓮以子八〇歳 新潮社 1991年 C:B 帯 ¥1,200
1911年生(花沢徳衛と同年ですね)の著者が80歳の時の追想の記。最近の客はつまらないところでゲラゲラ笑ったりする、舞台の上から送られる言葉を受けとめるには力がいる「聞く力、聞きとどける力が、日本の観客のなかに豊かに育ってほしい」、一番願うことはこれだと語っています(「ハナを演じ、歩きつづけたい」の章)。蓮以子(れいこ)は本名とのこと。
杉村春子 A3-202R 振りかえるのはまだ早い 婦人画報社 昭和61年 C:B 帯 
¥700
「女の自叙伝」シリーズの1冊、文学座50周年を目前にしての聞き書き。
杉村春子 A3-637 歩みのあと 講談社文庫 昭和52年 C:B ¥800
悲劇喜劇 A3-282 特集 杉村春子 早川書房 1982年7月号 C:B 小口謹呈印有 
¥600
飯沢匡 内村直哉 矢代静一 荒木道子 森繁久弥 清水晶 北見治一ほか、30ページにおよぶ特集。
悲劇喜劇 A3-283 特集 山田五十鈴 早川書房 1983年4月号 C:B ¥600
山田五十鈴が日活京都撮影所に入った同じ年に依田義賢も入社したとある、昭和5年 山田14歳の時。
水谷良重 A3-998 人生半分史 あしあと 読売新聞社 1991年 C:B 献呈署名入 
¥1,700
杉村春子 越路吹雪 岩谷時子 三木のり平 井原高忠・・・登場する方々、一点見つめ続けているのは母。惜しいのはスナップ写真がない本なのですね。
渡辺美佐子 A3-855 ひとり旅一人芝居 講談社 1987年 C:B 署名入 
¥1,700
吉行和子 A3-981 どこまで演れば気がすむの 潮文庫 昭和60年 C:B ¥500
「藤竜也賛」を読んで嬉しくなりましたね、手間ヒマかけてじっく創った本です、これは。解説(角田房子)まで素晴らしい。
田勢康弘 A3-955 島倉千代子という人生 新潮文庫 平成13年 C:B ¥1,000
この文庫は古書店やリサイクル中古店の棚から消えてしまったという声を耳にするけれどいい本だから捨てられないでそのまま所蔵されているのでは? 特に(決定版として)文庫版はそう。面白すぎてとっておこうという気にさせるだけの傑作。
北川登園 A3-857 トットちゃんの万華鏡 評伝黒柳徹子 白水社 2005年 C:A 帯 
¥1,000
まず外見から入りますがカバーを外す愉しみのある本です、中山千夏の「タアキイ」や谷川俊太郎編集の「和田夏十の本」と同じで和田誠ならではの装丁。さてこの評伝は面白い、俳優術や演劇人としてのエピソードが丹念に追跡されています。渋谷天外に松竹新喜劇に誘われ「寛美のテンポと、あなたの東京弁のテンポとが組んだら、どんなにおもしろいものができるかわからない」(248ページ)と云われたという、藤山寛美VS.黒柳徹子という組み合わせは実現しなかったが興味深い。
松島トモ子 A3-903 母と娘の旅路 文藝春秋 1993年 C:B 帯 署名入 
¥1,600
この本にある芸能界見聞録はひと味違います。
石井好子 A2-915 ふたりのこいびと シャンソンと料理 文化服装学院出版局 昭和45年 C:B 署名入 ¥1,200
マヨネーズにソースを混ぜてとかおしょうゆマヨネーズとかの話題がでてくる、料理だけの本ではないのですが。
石井好子 A3-833 シャンソンと私 すべて歌にこめて 文化出版局 1989年 C:B 
¥900
雪村いづみ A3-909 マイソング・マイライフ 歌に恋して30年 第三文明社 昭和58年 C:B ¥700
昭和12年3月20日東京の目黒区大岡山で生れたと冒頭に、芸能生活30周年の記念出版でカバー画も著者。
森繁杏子 A3-983 ママのアフリカ欲ばり旅行 徳間書店 昭和41年 C:B 
¥1,200
アフリカで「すごした毎日毎日が、一秒一秒が胸が痛い程なつかし」いと著者はつづる。「はしがき」森繁久弥
浦辺粂子 A3-242R 浦辺粂子の女優一代記 映画道中無我夢中 河出書房新社 1985年 C:B ¥1,500
水の江瀧子 A3-304R ターキー放談 笑った、泣いた 芸能界とっておきの話 文園社 昭和59年 C:B ¥1,600
初めての単行本とはビックリ、物置からひっぱりだしてきた写真にていねいなキャプションをつけて昭和芸能(人)グラフィティでもあります。その幅の広さと昭和3年からのキャリアが圧巻。
水の江瀧子 A3-999 ターキー放談 笑った、泣いた 芸能界とっておきの話 文園社 昭和59年 C:B 献呈署名入 ¥2,000
松竹 A3-994 A3-995 舞台生活25年引退特別公演 さよならターキー 浅草国際劇場 昭和28年 NO.100 ¥2,500
特引退記念特別賛助出演者の顔ぶれの凄いこと、京マチ子 淡島千景 井川邦子 高峰三枝子 小暮実千代 灰田勝彦 市川猿之助 佐田啓二・・・想いでのアルバム A5判。
酒 A3-885 座談会 姉御漣ズバリ斬る お金が廻らないねぇ(丹下キヨ子 水の江滝子 宮城千賀子) 酒之友社 第16巻8号 1968年  C:B ¥700
当時の日本三大おばさんがズバリズバリ世相を斬りまくる。
清川虹子 A3-254 役者馬鹿 女の一笑 婦人画報社 昭和63年 C:B ¥1,200
東宝の前身PCL入社は昭和10年。あとがきに「赤裸々に、ありのままを」話したとありますが痛ましいエピソードも随所に。
清川虹子 A3-102 みんな寂しいの だから笑って 佼成出版社 昭和62年 C:B 
¥600
ミヤコ蝶々 A3-153 女ひとり 鶴書房 昭和48年 改装初版 C:B ¥500
ミヤコ蝶々 A3-233 泣き笑い放浪星 私のひらがな人生 昭和60年 C:B 小口ヤケ 
¥500
玉川スミ A3-305 三味線漫談家玉川スミのちょっと泣かせてください 東映企画プロモーション 1983年 C:B 背少部分剥がれ 献呈署名入 ¥1,700
私は三歳のとき、二十七円で他人に売られ・・・」(口上)から語りはじめる芸能渡世の記録。凄すぎて、こんな人生があるんだ、と驚くばかり。大正9年生まれですが今も現役のはず。タイトルの「ちょっと・・・」の意味は最終章で。
五月みどり A3-261 愛は私のビタミン愛 永岡書店 昭和59年 C:B ¥1,700
「こんな生き方っていいんじゃない」が副題。著者は昭和14年生とある。新書判。
五月みどり A3-280R 気分は五月晴れ 書いてしまってゴメンナサーイ  日刊スポーツ出版社 昭和63年 C:B 帯 ¥2,500
昨今の芸能人本に比べればきわめて真っ当な本。倉本聰や山田洋次のページを読めばすぐ判ります。芸能生活30周年の節目に出版された交友録。
山口洋子 A3-968 背のびして見る海峡を 文藝春秋 平成9年 C:B 帯 ¥600
猪俣公章、藤田小女姫、江利チエミそして同じ時代の作家、芸能人たちとの「孤独」な断面を綴った哀しいドキュメント。
森赫子 A3-273 女優 実業之日本社 昭和31年 C:C ヤケ・くすみ ¥900
昭和7年松竹蒲田撮影所へ、半世紀をつづったこの本は「反省記」でもあるとあとがきに・・・。
望月優子 A3-301 生きて生きて生きて 集団形星 昭和44年 C:B 帯 カバー剥落箇所有 ¥900
花柳幻舟 A3-994 夕焼けは哀しみ色 三一書房 1982年 C:B 帯半欠 ¥600
帯には「刑務所の暮し話します」とある。お騒がせの方ですがタフですよこの人。
朝日生命広報室 A3-274R 生きた恋した女の100年 共同通信社 1988年 C:B 
¥1,200
女優第1号川上貞奴から美空ひばり、森光子まで。明治・大正・昭和の女のグラフィティ。A4判。
草笛光子 A3-506R 光子の扉を開けて 読売新聞社 1992年 C:B ¥1,800
1933年横浜の斎藤分町(東横線でいえば反町)で生まれ。現在の平沼高校(当時は神奈川県立第一高等女学校 一年先輩が岸恵子)時代に松竹歌劇団(SKD)へ、ミュージカルを夢に映画とTVに活躍の場を広げる。「女優って悲しくて孤独ですね」(「孤独と闘いながら」)ということばに当サイトは素直にうなずいてしまう。
草笛光子 A3-929 いつも私で生きていく KKベストセラーズ 2012年 C:A 帯 
¥600
東宝 A3-931 特集 草笛光子のすべて 東宝 昭和45年4月号 C:B ¥600
表紙も草笛光子。
宮城まり子 A3-971 てんてんのらくがき 明玄書房 昭和32年 C:B カバー端痛み 落書きページ(1ページ)の余白がありそのページのみ書き込み有 ¥1,600
表紙はもちろんのこと本文のイラストレーションもすべて著者、「あこがれてるのんや高峰さんに」と『高峰秀子』の章で絵といっしょに書きとめています、そして「コーちゃん、大好きや」のページも。宮城まり子の最初の本、その資質の初々しいこと、てんてんとは当時のテレビ番組“てんてん娘”のこと。
宮城まり子 A3-948 時々の初心 ねむの木学園の40年 講談社 2007年 C:A 帯 署名落款入 ¥1,500
面白半分 A3-900 臨時増刊号 全特集 有吉佐和子 面白半分 昭和51(1976)年7月 C:B ヤケ ¥1,600
追悼特集かと思い違いをしてしまうほどですがこの特集号がでたときは有吉佐和子はまだ45歳(昭和6年生まれ 昭和59年没 享年53歳)。巻頭対談 宮城まり子×有吉佐和子をはじめとして「不世出の人」(阿川弘之) 「頬」(田村隆一) 「聴講生」(水谷修) 「雑談的、または私的、有吉佐和子論」(矢崎泰久) 「思い出話」(ドナルド・キーン) 「女の中の女」(司葉子)など充実。 肉筆原稿の「あの頃」 有吉が聞き書きをまとめた「随筆家の幸田文さんに歌舞伎の話を訊く」 TVドラマ脚本「石の庭」(演出は和田勉)、年譜など。
とんぼの本 A3-969 白洲正子と楽しむ旅←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 新潮社 2003年 C:B ¥200
鈴木いづみ A3-900 鈴木いづみ1919-1986 交遊社 1994年 C:B 帯 
¥500
鈴木いづみ A3-905 いづみ語録 鈴木いづみ 交遊社 2001年 C:B ¥500
笑福亭仁鶴 A3-437 仁鶴の鼻ちょうちん 六月社書房 昭和47年  C:B 
¥1,700
昭和12年生、「おいたちの記」の貧乏談、噺家志願、結婚とすすむどの章にも迫力が。
うえの A3-996 うえの 上野のれん会 1969年11月号 C:B ¥600
「座談会 安藤鶴夫を語る」出席者は江国滋 安藤三千子 安藤ひで子 フランク永井 石井英子 田代光。「安藤鶴夫さんのこと」(桂文楽)。
ぴあMOOK A3-980 落語ワンダーランド ぴあ 2007年 C:A CD付(未開封) ¥450
特別附録CDは「昭和の名人十八番集 志ん生 文楽 柳好」
笑福亭鶴瓶 A3-205R 哀しき紙芝居 シンコー・ミュージック(文庫判) 昭和61年 C:B ¥600
京唄子 A3-42 花も嵐も踏みこえて こだま出版 昭和60年  C:B 献呈署名 ¥500
佐藤愛子 城山三郎ほか A2-978 わが愛する芸人(たれんと)たち 北洋社 1977年 C:B ¥1,600
山田五十鈴(榎本滋民) 水谷八重子(田中澄江) 大地喜和子(水上勉) 岸恵子(石堂淑朗) 殿山泰司(田中小実昌) 三木のり平(小野田勇) 大原麗子(山村正夫) 沢田研二(白石かずこ このラブレターはすごい)・・・
吉田左喜編 岡本文弥 A3-998 岡本文弥の手紙 三月書房 19998年 C:A 帯 
¥900
★昭和時代探訪古書店★

最新情報
古書藍書房TO
A 昭和の時代と日本映画
日本映画黄金時代
昭和という時代 
奇人・変人・天才


B こんな人たちがいた
とてもかなわない人たち
高峰秀子本

対談の時間
イラスト・写真がいっぱい

C 文庫三昧
文庫の読み方
こんな文庫がいた

ご注文の流れ
古物営業法および通信販売法についても記載しています

三田純市 A3-262 大阪弁のある風景 東方出版 1987年 C:B ¥700
読売新聞大阪社会部編 A3-261 てなもん艶筆 生活社 1956年 C:B 経年ヤケ・シミ ¥700
岩本武治 A3-927 新おもろい夫婦 主婦の友社 昭和51年 C:B ¥600
TV番組「おもろい夫婦」の楽屋話、世の中いろいろ夫婦もいろいろ、奇人変人の集い。
イーデス・ハンソン A3-138 会員制の国ニッポン 講談社 昭和57年 C:B 帯 署名入り ¥1,600
日本(人)から見た外国人、そしてその逆の眼も生かしながらレポートしたマジメなドキュメント。常識、偏見、世間を切り取る眼が澄んでいて、率直にして明快。しかし漂うおかしさ、おおらかさは関西のブレンドが効いているせいか。「うろちょろエッセイ」ではなぜ都会から和歌山の山奥に住まいを移したか、が明快に。
イーデス・ハンソン A3-222 ハンソンのうろちょろエッセイ 集英社 1985年 C:B 小口シミ ¥600 
イーデス・ハンソン A3-342R ハンソンの英会話教室 英語の決まり文句(上下)実業之日本社 昭和46年 C:B ¥800(2冊揃)
中学で習ったような基本となる動詞が英語を話す要諦だと説く隠れた名著。
F・モレシャン A3-990 F・モレシャンの知らなかったおしゃれ 21世紀ブックス(主婦と生活社) 昭和53年 C:B ¥500
ああ昭和家族 竹腰美代子版の「寺内貫太郎一家」
「いつもお陽さま家族」という題名から微温的で翳のない明るいだけの本かなと予断を持って読み進めたのですが何のことはない、これは竹腰美代子版の「寺内貫太郎一家」。貫太郎の舞台は谷中(東京)ですが向田が亡き父をモデルにしたというTVドラマだった。「いつもお陽さま家族」は逗子と横浜(神奈川県)が舞台で明治生まれの父母とその家族が戦前から戦後を精一杯明るく生きていくノンフィクション。この家族と同じ世代の方々が読んだらたまらないのじゃなかろうか。簡単に生年などを書きとめておこう。
竹腰美代子 昭和5(1930)年逗子で生まれる(ちなみに向田邦子は昭和4年生)、父 竹腰貞三 明治33(1900)年生 母 竹腰ます 明治38(1905)年生 兄 竹腰芳満 昭和4年生。
貞三、ますの明治生まれのご夫婦が素晴らしくて、洒落者の淋しがりやでよく働き命がけで遊んで呑んで(父 貞三)、“女は一人をつつしめ”が口ぐせの母は小児ぜんそくで運動を禁じられていた娘(竹腰)を海岸に連れ出し相撲をとり駆けっこをさせた「富士山のように立派な母」(母 ます)。
向田邦子の「父の詫び状」朗読CDで渡辺美佐子との短い対談がありますがそこで向田は“ここに出てくる父はメルヘンなんだ、昔の父は畳の上の親父で今の父はリビングルームのパパ、全然違います残念ながら”と語っている。竹腰の家族もまた現在から見たらメルヘンなのでしょう、今や父母も著者も「安田さん」(竹腰がそう呼んでいた夫)も召されてしまった。こんな家族がいたということの驚き、それは誇り高く生きるということはこういうことなんだろうという実感。
「お陽さま夫婦〆めて100才」は「お陽さま家族」の最終章で鳴り響いた「安田さん」との結婚生活物語、従って続編。呆気にとられるというか漫画のような展開が現実になって・・・。「こんなに純な人が、世の中にいたのだろうか」と竹腰を感嘆させた安田伸、「真四角な人」安田伸はもちろんクレージー・キャッツの(どちらかといえば)地味な役割の方でしたが、竹腰の大好きだった父と「安田さん」はすれ違いで会うことはなかった。たぶん竹腰は父親と同じ何かを「安田さん」のなかに見ていたのではないだろうか。
(美容)体操の先駆者竹腰美代子、クレージーのメンバーだった安田伸といっても話題性に乏しく知っている方もこの先少なくなっていくのだろう、しかし家族(あるいは夫婦)というキィ・ワードで振り返ればこれほど語りかけてくる本もめずらしい、
書店の検索で当たってみたら竹腰美代子の本(安田伸の本も)はすべて現在入手不可、要するに絶版品切れ。そのために古本屋があるといえばそうなのですが口惜しいですね・・・この家族と夫婦のメルヘンはもう一度「お陽さま」の下へ連れだせないものか。
桂枝雀 A3-297R おもしろ対談 淡交社 昭和59年 C:B 帯 署名入 ¥2,900
米朝 松鶴 横山ノック 三国一朗 小林亜星 由紀さおりなど枝雀寄席の対談集成。
桂枝雀 A3-16 いけいけ枝雀気嫌よく 毎日新聞社 1988年 C:B ¥1,000
三遊亭円丈 A3-926 御乱心 落語協会分裂と、円生とその弟子たち 主婦の友社 昭和61年 C:B 小口シミ ¥800
落語を聴くようにめっぽう面白い、落語(家)判仁義なき戦い。
江國滋 A3-61 落語無学 旺文社文庫 1982年 C:B 小口ヤケ ¥700
小島貞二 A3-21 漫才世相史 毎日新聞社 昭和53年 C:B 帯 ¥1,300
桂三枝 A3-25 桂三枝の傑作落語大全集 1仁義なき校争 2ゴルフ夜明け前 3花ぐもり 角川文庫 1昭和63年 2と3平成元年  各¥600
三遊亭圓生 A3-211 A3-211 浮世に言い忘れたこと 旺文社文庫 1985年 C:B ¥600
柳家金語楼 A3-342 あまたれ人生 冬樹社  昭和40年 C:B ビニールカバー装 帯 少汚れ ¥2,600
「自分だけが買って読めばいい」という気持で書いたと序文に。新書版で300ページを超えるヴォリューム、第一作。自叙伝風でもあり身辺雑記もあり都々逸あり、と筆のむくまま。
山下武 A3-112 嗚呼、懐かしの金語樓 2000年 小学館 C:B 帯 ¥600
林家三平 A3-918 どうもすいません 駄じゃれ風俗帖 光風社 昭和37年 C:B 
¥2,300
NHK「土曜の夜の贈りもの、陽気な休憩室」での三平が口演したものから選んだと「あとがき」で神津友好が記している。
三遊亭圓歌 A3-960 若者よ! 日乃出出版 1989年 C:B 署名入 ¥1,300
若者たちを叱る圓歌ボヤキ節、新書判。
2004年の話ですがその年面白かったひとつがあの山川静夫の本。テレビで知っている「顔」だけになんとなく敬遠していたのですが「私のNHK物語」から読んでみた、面白い。こんなに読ませるとは思いませんでした。学生時代から歌舞伎三昧の著者がギリギリ間に合ったNHKの応募から青森・仙台・大阪と続く地方勤務の日々、優等生どころか山川青年はハメは外すは呑んだくれるは遊び心に溢れた実にユニークな「変わり者」ではないか。「勘三郎の天気」などはいい映画を見ているようなスリルさえ味わえます。「和田信賢」の文庫本に付された故三国一朗さんの見事な解説を読めばその世界に触れることができます。恐るべし、ここにあげたのは氷山の一角。
香川登枝緒 A3-11 おおさか芸能史 大阪書籍 1986年 C:B ¥2,000
香川登志緒 A3-12 大阪の笑芸人 晶文社 1977年 C:B ¥2,500
香川登志緒 A3-713R てなもんや交遊録 有文社 1974年 C:B ¥2,600
中原弓彦「てなもんや交遊録」に寄せて。
香川登志緒 A3-622R てなもんや交遊録 有文社 1974年 C:B 署名入 
¥2,800
寛美 藤純子 野川由美子 藤田まこと 森光子 岡八郎 かしまし娘 志ん朝 三木のり平 いとし・こいし・・・昭和芸能大鑑。
林圭一 A3-949 舞台裏の喜劇人たち 創樹社 1997年 C:A 帯 ¥1,700
「古川ロッパ一座」の舞台監督から「空気座」文芸部、さらに「新宿セントラル劇場」を経て東宝・日劇へ。戦後喜劇の座付き作者が描く喜劇人の素顔とその時代。
秋田實 A3-611 私は漫才作者 文藝春秋 1975年 C;B ¥2,700
秋田實 A3-58 ユーモア辞典1,2,3 文春文庫 1 1978年 小口ヤケ・シミ カバー補修跡 2 1978年 C:B 3 1978年 C:B シミ 各¥800
澤田隆治 A3-433 NHK人間大学 上方芸能 笑いの放送史 日本放送出版協会 1994年 C:B ¥600
大正14年からたどる大衆文化放送史。大阪万博(昭和45)の年が笑いの変節点だという、エノケンが亡くなり森川信が翌々年に没する、クレージー・キャツからドリフターズへ、コント55号へと人気の波も変わる。仁鶴や三枝が台頭してくるのもこの頃だと・・・。1994年10月から12月まで12回にわたってTV放送されたテキストですが写真も豊富。
澤田隆治 A3-995 笑算われにあり 花王名人劇場 トクマブックス(徳間書店) 1984年 C:B ¥800
澤田隆治 A3-18 定本私説コメディアン史 白水社 1977年 C:B ¥2,500
せんだみつお A3-111 ぼくせんだみつお 講談社 昭和50年 C:B ¥800
せんだみつお A3-43 タレント、父親、普通人 リヨン社 昭和61年 C:B ¥500
稲垣峰子 A3-59 あほやけど愛しいおひと 主婦と生活社 平成2年 C:B 小口ヤケ 
¥500
藤山寛美 A3-156 寛美笑談 極楽トンボ 立風書房 昭和52年 C:B ¥2,000
藤山寛美 A3-202 凡談愚言 読売新聞社 1978年 C:B 帯 ¥1,000
藤山寛美・水上勉 A3-307 人の世は情けの貸し借り 水上勉・藤山寛美対談集 小学館 昭和59年 C:B ¥800
坪田秀子 A3-552R 笑って、泣かせて 夫・八波むと志の一生 文化出版局 昭和57年 C:A 帯 ¥1,600
澤登和子 A3-997 パパ、幸せをたくさん、ありがとう 亡き夫へ愛をこめて 二見書房 昭和54年 C:B ¥800
三波伸介を偲んでの本。企業戦士ということばが一時流行りましたがここにもの感。
島崎恭子 A3-572R 芸人女房伝 集英社文庫 1988年 C:B ¥600
解説は田辺聖子。
ページの上へもどる
スポーツ・パラダイス
後藤正治 A3-993 ベラ・チャスラフスカ 最も美しく 文春文庫 2006年 C:B 
¥400
よくぞ追いかけたもの、ラチニナやコマネチからも取材をしている。本書の結びは心身ともに病んでしま った「ベラの回復を祈る」ですがその後ベラは3・11後の日本を訪れていて健在。オリンピックだけのベラしか知らない人は本書でその苛酷 な人生に驚く、時代、国家とどうしようもなく関わってしまう。
金田正一 A3-551 やったるで! 報知新聞社 昭和40年 C:B ¥800
小林信也・編 A3-132 伝説の長嶋茂雄語。小学館 2000年 C:B 少し擦れ
¥600
長嶋茂雄 A3-140 燃えた、打った、走った!講談社文庫 昭和59年 C:B ¥400
アサヒグラフ A3-141 「4番・サード・長嶋」 朝日新聞社 昭和49年9/27 C:B 端折れすじ端少欠 ヤケ ¥400
本文8ページに篠山紀信の写真、走り続けてきた長嶋、グラウンドを去る日が近づいてくる。
江夏豊 A3-119 ワイもいうでェ~ 海越出版社 1985年 C:B 帯 ¥700
川上健一 A2-986 サウスポー魂 小説・江夏豊投手 講談社 昭和56年 C:B 帯 
¥700
「小説」と断り書きがありますが丹念な聞き書きをベースにして「日本シリーズ激投篇」へなだれ込む。装丁(表紙画も)河村要助。
山本浩二 A3-453 コージのなん友かん友 日刊スポーツ新聞社 昭和62年 C:B 
¥700
堀内恒夫 A3-303 オレは悪太郎 わが投手人生のMEMOIR ベースボール・マガジン社 1984年 C:B 小口シミ ¥1,000
この世代ならではの懐かしさを湛えた半自叙伝。昭和23年生、18歳の生意気盛りの野球小僧が巨人軍へ。
ガッツ石松 A3-296 ガッツ石松の人生タイトルマッチ コア  昭和58年 C:B 帯 
¥1,200
初めての自伝、ボクシングから芸能界へ。昭和24年生れのガッツ!がここに。
NUMBER PLUS A3-285 スーパースターとその時代 文藝春秋  1999年  C:B 擦れ ¥700
20世紀スポーツ最強伝説1。ビートたけし×伊集院静 100年史年表 ポートレイトなど。
Numberスペシャル A3-398 スーパースター傑作写真集 We Love Sports! 文藝春秋  昭和57年  C:B ヤケ  ¥1,000
月刊・野球党8月号 A3-711 プロ野球懐かしのアルバム 夢のスーパースター100人←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 日本スポーツ出版社 昭和53年 C:B 
¥1,500
伝説の沢村から王、長島、稲尾、掛布までモノクロ写真のグラフィテイ、A4版。
木原光知子 A3-715 木原光知子の中高年から始めるスイミング 日本実業出版社 1995年  C:A 献呈署名入 ¥1,000
河西昌枝 宮本恵美子 半田百合子ほか A3-938 思い出の回転レシーブ 大松先生ありがとう 講談社 昭和40年 C:B ¥600
東洋の魔女7人の手記。
奇本の愉しみ 
稀覯の書という意味ではなく何だか不思議な感覚の本という意味です。独断と偏見に満ちたセレクションですが、どのコーナーにいれようかと迷って結局ひとくくりにまとめました。案外普通なのかもしれませんが、紙面から、本全体から発射してくるものが何とも奇妙な味わい。
銀河出版編集室編 A3-995 思い出の夫婦ゲンカ 銀河出版 1971年 C:B 函入 帯 
¥1,600
八千草薫・谷口千吉 ペギー葉山・根上淳 藤岡琢也 玉川良一 桂歌丸 三木鮎郎 林家三平 江戸家猫八 水原茂 高島忠夫ほかの夫婦うら話。写真は本体カバー表・裏、珍本です。
若山富三郎 A3-134 ゼロの暗殺者 自由書館 昭和58年  C:B ¥700
あの若山富三郎なのですが「永く秘めてきた」モチーフだという。明治を舞台にした歴史小説。
藤本義一 A3-135 人生ひと幕喜劇 けったいな人たち 日本経済新聞社 昭和58年 C:B 帯 小口シミ ¥700
衣笠貞之助、佐伯幸三、村野鉄太郎の監督陣はもちろん文壇、学者、役者に見る「けったいな」人物列伝。
藤本義一 A3-358 粋な男の粋な時間 PHP 1983年 C:B ヤケ  ¥600
山口美江 A3-985 女ひとりで親を看取る ブックマン社 2008年 C:A 帯 
¥800
満足度から言ったら相当なもの、ちょっとめずらしいほどの面白さ。なんといっても父親が魅力的で好きですね、こういう伊達男。アニメの「母をたずねて三千里」を観てはワンワン泣き、門限に遅れたと水をぶっかけられ[注]、朝食はもちろん夕食もマメに用意して(母親は著者16歳のときに急逝)、横浜で貿易商を営み黄金時代を築くほどに働き、芸能人になった娘の出演するTVをひとつひとつ録画してていねいに記録をして、芸能界でトラぶったらしい娘を最後まで守ると宣言し、お洒落でワインが好きで・・・という好漢が著者の「パパ」。
そのパパがこわれていく、年老いていくという悠長さではなく破壊されていくかのように健康オタクだった父に奇想天外の変化が襲いかかる。この本はのっぴきならない介護の局面に入っていくのですが父と娘(子供)というたったふたりの『家族』の「つかみどころのない」暮らしと闘いの記録でもあり、すぐそこまで来ている団塊世代大量介護時代の序章でもある(と思う、ここのところは当サイトの強引な思い込みです)。
この本から聴こえてきませんか、ある時はハーモニーである時は不協和な重低音の響きが。もう少し歳をとって読み返してみたらこの響きもまた違う音になるかもしれない。
[注]あまりにおかしいから引用しておきたい「バケツで水を浴びせかけられる─。これは経験したものでなければわからない衝撃である。上から下までずぶ濡れ。テレビのバラエティ番組でもあるまいし、なんで私がこんな目に遭うわけ! と、門限に関しては常に父とけんかをしたが、頑として聞き入れてもらえなかった。」(70ページ) ちなみにユニークなのは父親だけではない、ママは佐久間良子似だったと書いていますがホントウですね、(本文扉の写真を見れば納得)、父は朝は早いが「夜の予定がなければピタッと5時に帰ってくる。ピンポンと玄関のチャイムが鳴ると、母は一言。
幼稚園の年長さんが帰ってきたわ」(62ページ)。傑作ですね。
 

南沙織 A3-503R 二十歳ばなれ 素顔のままで、恋をしたい 祥伝社 昭和51年 C:B 
¥1,200
斉藤由貴 A3-62R わたしの好きなあの人のコト 新潮社 2000年 C:B 
¥1,200
芸能本というジャンルに入るのでしょうがエッセイとして見ても立派なもの。
秋吉久美子 A3-116 勝手にさせて 三一書房 1983年 C:B ¥1,000
秋吉久美子 A3-117R 勝手にさせて 河出文庫 昭和61年 C:B 帯  ¥700
秋吉久美子 A3-146 つかのまの久美子 青春出版社 昭和52年 帯  C:B 
¥1,000
大場久美子 A3-904 恋の指定席 立風書房 1978年 C:B ¥300
小泉今日子 A3-26 微笑物語 ちょっぴりてれた16才 ワニブックス 1982年 C:B 
¥700
月刊カドカワ A3-197 総力特集 小泉今日子 角川書店 1993年2月号 VOL.11 NO.2 C:B ¥700
久世光彦との対談、自作を語るフィルモグラフィー。55ページにわたる大特集。
キネマ旬報 A3-199 総力特集 小泉今日子 キネマ旬報社 2005年10月下旬号 C:B ¥500
大楠道代との対談、和田誠、久世光彦、滝田洋二郎らが語る女優小泉の魅力。
森英介 A3-187 優日雅 夏目雅子ふたたび 実業之日本社 2004年 帯 C:B 
¥800
羽仁未央 A3-409 親が知らない娘の本 青春出版社 昭和58年 C:B 署名入 
¥1,400
夏目雅子伝刊行会編 A3-222 夏目雅子 27年のいのちを訪ねて まどか出版 2001年 C:B ¥650
和田勉と篠田正浩の回想記が印象的。
激写文庫シリーズ
篠山紀信 A3-90 山口百恵の時代から 小学館文庫 昭和61年 C:B ¥500
篠山紀信 A3-124 女優の秘密 小学館文庫 昭和61年 C:B ¥400
篠山紀信 A3-257 感謝状8人のアイドル様 小学館文庫 昭和61年 C:B ¥400
近代映画社 A2-795 女神の肖像 原始、女性は太陽であった 近代映画社 平成1年 C:B 帯 ¥1,500
「明治大正昭和の水着型録」と帯にありますが要するにスター・アイドルの水着姿変遷史。男はほとんどまったく出番なし
小柳ルミ子 立木義浩 A2-961 小柳ルミ子写真集 週刊プレイボーイ特別編集写真文庫 英社文庫 昭和59年 C:B ¥400

写真編集 村井実 A3-258 女優ー私も脱がされた ワニの本 KKベストセラーズ  1983年 C:B ¥600
アイドル40年 A3-267 アイドル40年 PART6 昭和55~60年代編 昭和61年  C:B ¥700
この当時のアイドルはやたらと歌手が多くなったんですね。文庫版。  
南野陽子 A3-467 月夜のくしゃみ 角川書店 1989年 C:B 帯 ポスト・カード付 
¥700
本田美奈子 A3-971 その気になって カッ飛んじゃおうぜ ワニブックス青春ベストセラーズ 1986年 C:B ¥700
美保純 A2-913 ひとりぼっちが恐い なぜ、私をそんなに閉じ込めるの 青春出版社 昭和58年 C:B ¥1,000
15歳から20歳を過ぎて「ふつうの女の子の誰もが心の中で求め」る自分探しの記録。
DELUXEマガジン A3-468 堀江しのぶ Part2 20歳のわたしをあげる・・・講談社 昭和60年 C:B カバー少シワ ¥700
平凡パンチ A3-469 ありがとう!堀江しのぶ さようならグラフィティ マガジンハウス 昭和63年10-6 C:B ¥1,000
女性明星 A3-773 昭和40年5月号 集英社 C:B ¥1,400
特集 BG一年生のおしゃれプラン 初夏のレース編み 今日から女子大生 吉永小百合 スター・クローズ・アップ ジャニーズ 爆笑座談会 植木等・桂小金治・玉川良一・林家三平 表紙は本間千代子
グラフNHK A3-958 特集 人 ちあきなおみ(他) NHKサービスセンター 1985(昭和60)年11月号 C:B ¥500
広告を見ると10万円ビデオが登場したのがこの年あたりのようです。ちょっと気になる話題の「人」特集はちあきなおみ 津川雅彦 木の実ナナ 遥くらら タモリ 星野仙一 柳田邦男、表紙は名取裕子。
文化放送編 A3-978 キャンディーズ革命 GO!GO!キャンディーズ ペップ出版 昭和52年 C:B 小口ヤケ ¥1,800
水前寺清子 A3-920 あしたの明日はまたあした 現代書林 1995年 C:B 帯 署名入 ¥1,400
これほどさわやかな芸能人の本もめずらしい。明日を信じきっているという強さなのか?

現代芸術社編 A3-974 オールスター百科 600名スター大名鑑 昭和41年(?) C:B 少切れ ¥1,300
ザ・ガードマンやこれが青春だや特別機動捜査隊が花形番組でグループサウンズが出始めた頃のオールスター百科。刊行年度が明記されていない、表紙裏の「若さをいつまでも」(小桜葉子)の広告があり刊行年度が昭和41年で恐らくその辺りと思われます、週刊誌サイズ。
興津要 A3-106 恋しき落語家たち 1985年  旺文社文庫 C:B ¥600
三代目三遊亭金馬 A3-108 浮世断語 1981年 旺文社文庫 C:B カバー擦れ
¥800  
桂米朝 A3-37R 落語と私 1986年 文春文庫 C:B ¥300
桂米朝 編 A3-127 一芸一談 平成3年 淡交社 C:B 帯 ¥700
滝田ゆう A3-92R 滝田ゆう落語劇場2 1983年 文春文庫 C:C ¥350
中村翫右衛門 A3-176 芸話 おもちゃ箱 1982年 朝日選書 C:B 帯 ¥500
思い出の舞台・映画」の章で山中貞雄の追憶が語られています。
安藤鶴夫 A3-104 歳月 2003年 講談社文芸文庫 C:B ¥300
安藤鶴夫 A3-991 生誕100年記念総特集 安藤鶴夫 アンツル先生の落語演芸指南 河出書房新社 2008年 C:A ¥1,000
安藤はる子 A3-992 朝顔の苗夕顔の苗―父安藤鶴夫の想い出 論創社 1981年 C:B 挨拶状付 ¥700
桂文楽 A3-60 芸談あばらかべっそん ちくま文庫 1992年 C:B ¥600
別冊太陽 A3-200 落語への招待 日本のこころ99 1997年 平凡社 C:B 
¥2,500
日本テレビ編 A3-15N 笑いに生きた達人たち 日本テレビ 1992年 C:B ¥500
神津知好 A3-511 にっぽん芸人図鑑 主婦と生活社 平成元年 C:B 帯  ¥1,300
笑いの楽屋 一芸名人集(百選) いろは笑説の3部構成、圧巻は一芸名人選。
吉田健一 A3-163 交遊録 新潮社 昭和49年 C:B 函入り 帯(補修跡) ¥900
ノンフィクション・クラブ編 A3-902 追悼文集 大宅壮一と私 季龍社 昭和46年 C:B 函入 ¥2,800
池島信平(イケジマ検閲)高峰秀子(ライオンの背中) 秋田實(心の中の親分) 永六輔(一発発起で女湯のぞき) ジャーナリスト、文人らが綴る追憶の大宅壮一。
山本容朗 A3-247 ここだけの話 潮文庫 昭和59年 C:B ¥400
長部日出雄 A3-260R 書物交遊録 PHP 昭和57年 C:C カバー痛み ¥500
吉行淳之介 野坂昭如 田中小実昌 色川武大 小林信彦 田辺聖子 井上ひさし 山口瞳ほか。
矢崎泰久 A3-995 僕はこんな男たちに会ってきた 三一書房 1996年 C:A 帯 
¥500
矢崎泰久 A3-996 あの人がいた 街から舎 2011年 C:A 帯 ¥500
山崎陽一編 A3-963 最新日本結婚事情 うちのヨメ讃500人 朝日新聞社 1995年 C:B 帯 ¥600
1979年から1994年にわたる16年間の「うちのヨメ讃」(週刊朝日のグラビア頁として連載)総集編。見開きで12人を写真とコメントで紹介した大型写真集。
長部日出雄 A3-988 ニッポン風船紀行 講談社 昭和49年 C:B ¥900
「カブトガニのいる町(笠岡)木山捷平氏の故郷」から始まる不思議な味わいの紀行エッセイ。出雲 鹿児島 湯沢 伊賀上野 大島ほか。
秋山庄太郎 A3-102 カメラひとつで飛び出して 写真でつづる昭和交遊録 文藝春秋社 1995年 C:B 帯 ¥1,300  
原節子、高峰秀子から始まる、写真とエッセイで綴る昭和人物誌。役者、芸人、文士、政治家など74葉の写真がいい。駆け出しの頃に「写真の何たるかを教えてくれたのは、原節子さんと高峰秀子さんだった」と書いています。
森茉莉 A2-931 ベストオブ・ドッキリチャンネル ちくま文庫 2001年 C:B 
¥400
黒柳徹子 A3-904R 小さいころに置いてきたもの 新潮社 年 C:A 帯 ¥500
森茉莉と会うなり一瞬にして友だちになった・・・が最高。
石井ふく子 A3-114 花のこころ花のかお 最長寿番組を彩った俳優 小学館 昭和60年 C:B 小口ヤケ ¥700
亡き父(伊志井寛)母を慕う方々も含めての人物誌。長谷川一夫の逝去に接しての「おじさまが逝った」青春の友(香川京子の章)の話題など映画界からテレビドラマへ「転進」した著者の記録は過ぎし日の昭和をも映しだしていく。
吉行和子 A3-902 質素な性格 欲は小さく野菊のごとく 講談社 2011年 C:A 帯 ¥800
この1冊も小さめで気楽な体裁の本ですが時間をおいていくと真価(?)がにじみでてきたりして。
鴨下信一 A3-292R テレビで気になる女たち 講談社 昭和60年 C:B 帯 
¥1,700 
読み返してみてやっぱりこの本は名著だと思いました。「あとがき」に著者なりの<テレビの芸談>とありますが一遍のドラマを読むような構成もいい。惜しいのは人名索引がないこと、昭和50年代(だと思いますが)テレビドラマの貴重な記録だけに文庫化される場合はぜひドラマの放送年月の明記と索引を付してほしいもの。
週刊新潮 A3-955 「吉本隆明2時間インタビュー」 新潮社 2012年1月5・12新年特大号 C:B ¥200
この談論に噛みついた方は当サイトが知る限り亀和田武だけ、吉本隆明に関心のある方は一読をおすすめしたい。当サイトは広告とはいえ見開きの「高峰秀子の本」のページに目が釘付け、10年後もう一度開きたい頁になりそう。
永六輔 A3-910 永六輔の特集 自由国民社 1996年 C:B 帯 ¥700
「話の特集」創刊号から30年間にわたる永の原稿を自ら厳選した特集、「芸人」「巷談・安藤鶴夫」「六輔その世界・番外編」ほか。
永六輔 A3-910 こんにちは赤ちゃん すえもりBOOKS 1995年 C:B 署名入 
¥1,000
DIRECTOR’S MAGAZINE A3-782 2008年NO.117 青幻舎 C:B ¥500
特集石井ふく子 石井、鴨下信一、宮川一郎、渡哲也のドラマをめぐる聞き書きが充実。
和泉雅子 A3-911 マコさん北極をゆく NATURING SPECIAL テレビ朝日 1990年 C:B ¥2,000
何年か前にS図書館でこの本を書庫から出してもらい貸出を受けたときに〝貴重本〟の断りメモが挟み込まれていてそういうものかなぁと思ったことを覚えていますが今ならその通りと手を打ちます。3つの章のタイトルは「ロシア・シベリア北極をゆく」「グリーンランド北部をゆく」「カナダ・北極をゆく」そして「世界一、長いあとがき」が付く。北をめざす旅のその先に著者は神を見る、「・・・六年間の北極の旅を通して思うことは、北極は神さまの住処(すみか)である、と感じたことだ。しかも、おどろく程の神さまがいる、と感じた。」(199ページ カッコ内はルビを示す) このドキュメントは神に近づいた記録なのです、視界がサッとひろがってゆくと人は自然に微笑むものなのだということも示してくれる。
悲劇喜劇 A3-880 特集 風刺作家 飯沢匡 早川書房 1979年1月号 C:B 
¥800
60ページに及ぶ飯沢匡特集号、井上ひさし(枠、あるいは制約について) 吉川義雄(ラジオ・ドラマを中心として) 戸川エマ(文化学院時代) 三國一朗(クルミとアンズとカーネーション) 黒柳徹子(演出家としての飯沢先生)ほか。
悲劇喜劇 A3-970 特集 東野英治郎 早川書房 1982年11月号 C:B 小口謹呈印 
¥600 
小澤栄太郎 山本安英 市原悦子 岩崎加根子 逸見稔ほか。対談は東野・尾崎宏次
山内久司 A3-241 必殺!テレビ仕事人 朝日新聞社 1987年 C:B ¥1,400
キョンキョンから藤原釜足まで(という書き方もヘンですが)若いテレビ・タレント、役者から想いでの脇役、映画人までエピソードが満載。
北村和夫 A3-401R 役者人生 本日も波瀾万丈 近代文芸社 1997年 C:B 
¥600
叱られっぱなしであまりの口惜しさにトイレで泣きながら叫んだとあります、「あなたね、泣いたって芝居は上手にならないわよ」と杉村春子が云ったとも(「わが愛する女優たち」)。
小沢栄太郎 A3-179R 先祖はモリエール 講談社 1977年 C:B 献呈署名入 
¥1,700 
吉田左喜編 岡本文弥 A3-998 岡本文弥の手紙 三月書房 19998年 C:A 帯 
¥900
吉行淳之介 A3-236 変った種族研究 昭和40年 C:B 函入 ¥1,600  
函は23名のポートレートが格子状にレイアウトされドキュメントの趣き。本文にもモノクロ・グラビア頁あり。殿山泰司、鴨居羊子、青島幸男、今村昌平など昭和人間探訪記。
吉行淳之介ほか A3-295 悪友記 昭和49年 ペップ出版 C:B 帯 ¥600
吉行淳之介 阿川弘之 安岡章太郎 近藤啓太郎 遠藤周作 三浦朱門 小島信夫が綴る交友録。
山口瞳 A3-885 新入社員諸君! 文藝春秋 1966年 C:B ¥600  
最終章の「大衆をバカにするな」に市川監督の「東京オリンピック」への意義申立がある。
小説新潮臨時増刊 A3-985 山口瞳特集号 これが礼儀作法だ! 新潮社 平成16年 C:A ¥400
名対談、礼儀作法大全、傑作選など山口瞳ヴァラエティが満載、「湖沼学入門」を繰り返し読むという川上弘美の「見つからない旅」がいい。
山口瞳 A3-998 「男性自身」1963-1980 最後から二冊目の本 河出書房新社 2004年  C:B ¥400
「書評その他」で最近の書評はつまらなくなった「紹介と賞めることに終始してい」て「全身でぶつかってゆくさま」が見られなくなった、これでいいのか!とある。この傾向はそのまま今につながっているといってもいいようだ、そこまで言わなくてもと感じるような批評なんて今あるんだろうか。「本の話」も読書人へのメッセージとして一読の価値があります、高い本についての読者の反応と内幕、文庫化が及ぼす影響など本とはなにかについての考察があります。
文藝春秋 A3-806 オール讀物 創刊七十周年記念特大号 平成12年11月号 C:B 
¥700
グラビア追憶の作家たち 編年史で見るオール讀物の七十年など800ページの特大号。
田崎潤 A3-204 悔いなし役者人生 ズウズウ弁の初舞台 サイマル出版会 1983年 C:B ¥1,300
西村小楽天 A3-208 私は昭和の語り職人 エイプリル出版 昭和53年 C:B カバー欠 ヤケ ¥1,200
西村小楽天 東京深川で明治35年生、弁士を経て(本文中に五所平之助との対談「トーキー前後」があります)戦後は司会者として活躍、特に美空ひばりの司会は昭和30年代初めから続いているとあります。戦前から戦後の芸能史をたどる。
話の特集 A3-905 まりこ・かずみの応接間 お客さま ホキ徳田 話の特集 昭和43年6月号 C:B ¥600
加賀まりこと安井かずみがゲストを招いての鼎談の2回目。この連載は何回続いて誰がゲストなのか不明ですが発掘されて本にしたら面白いのでは・・・? それにしても何だか不思議なページがあちこちにあって今こういう変な雑誌は皆無でしょう、例えば「お前が好きでも─植木等に捧ぐ─岩谷時子・平尾昌晃」 「公開書簡 拝啓吉永小百合さま 石堂淑朗」 「人物戯画 沢田研二 横尾忠則・高橋睦郎」など、竹中労や長新太、森茉莉や深沢七郎の面々が当然のように登場してきて奇人変人に逢える愉しみも。
田子ノ浦忠雄(元出羽錦) A3-279R 土俵の砂が知っている 一水社 昭和40年 C:B ヤケ・シミ ¥1,200
「涙と笑い・二十五年の生活記録」、夢声が「出羽錦を送る」を寄せています。
別冊太陽 A3-166 手紙 日本のこころ16 平凡社  NO.46 ’84 昭和59年 C:B ¥1,000
「昭和の手紙」がメイン。寺山修司から山田太一へ、向田邦子から高橋睦郎へ、宇野千代から青山二郎へ、サトウハチローから黒柳徹子へ・・・。原本としての手紙や葉書を写真で読めるほどのサイズで掲載しているところがいい。芥川龍之介(友人宛)から植村直巳(草野心平宛)までを通覧すると回想の昭和交遊録にも重なってきます。
山川静夫 A3-188R 他人のふんどし 講談社 昭和51年 C:B ¥1,600
後の「私のNHK物語」や「名手名言」のエッセンスが詰まった山川エンタティンメント、昭和人物誌でもあります。軟らかい話題のなかにコツンと響くメッセージの数々。装丁・イラスト=和田誠。(本文に描かれた人物イラストも注目)