下町・山の手物語 昭和の風景
森まゆみ A2-950 寺暮らし←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています みすず書房 1997年 C:B ¥500  
こういう感性の本に会えるとホッとします。
荷風! A2-977 特集 神田神保町、御茶ノ水の究極 日本文芸社 平成18年 VOL.7 C:A ¥500
この特集号は充実してますね、古書街や界隈探訪に浅川マキのページや昭和のお宝女優などもあってタイトルに「究極」とつけたのもうなずける

STUDIOVOICE A2-200 特集 新宿ジャック1968 昭和元禄の疾風 1998年 9月 Vol.273 C;B ¥1,000
横尾忠則、宇野亜喜良、栗津潔のグラフィティ、横尾×唐十郎、赤塚不二夫×若松孝二の対談など60年代の新宿を舞台に表現されたものを追う

十津川光子 A2-235 女湯の旅1 宮川書房 昭和42年 C;B ¥1,400
昭和37年から女湯探訪を始めたとある。下宿屋さんがあって駄菓子屋さんがあり、あたりまえのように銭湯に通っていた時代のユニークなルポルタージュ。その土地のことばが再現され女性、家庭、世代などニッポンの断面が女湯から浮き彫りにされる。ちなみに女湯鑑賞につながる本ではありません。市川房枝が「すいせん」のことばを寄せているくらいです。
石村博子 A2-480 東京伝説 毎日新聞社 1993年 C;B カバー少シミ ¥500
「今の東京は、貧しさやいびつさや汚さなどをしめだそうとする、神経の尖った街になってしまった・・・。」(あとがき) だからもう一度思い出のなかの東京を、青春の舞台を振り返ろう、この本は「街と時代と人」が絡み合う「もっとも濃い日々の話」を聞きだしたもの。50年代 広尾(山田太一) 60年代 練馬区・田柄(山本容子) 新大久保(市川森一) 広尾・日赤病院(イッセー尾形) 70年代 池袋(もたいまさこ) 新宿(坂田明)・・・。後に講談社文庫に入りましたがなぜか早々に消え去った、不憫な本(?)です。 
講談社編 A2-481 日比谷・有楽町を愉しむ 新・東京都市探検読本 講談社 昭和62年 C;B ヤケ ¥2,000
この本にも街と時代と人が絡み合う濃密な時間が流れています。それぞれの時代の想いが詰まった街の記憶は芝居、映画館、音楽、劇場、放送、公園・・・に表われる、笠智衆 淡谷のり子 山田五十鈴 森繁久弥 中島みゆき 鴨下信一 加藤和彦+安井かずみ 羽仁未央・・・どのエッセイも心に響いてくるのは時が粉飾を流しさって確たるものだけが残された、ということでしょうか。B5版。
ドキュメントが熱かった 
当時黒田軍団と呼ばれていた読売新聞大阪社会部が事件の発生から終局までを息もつかせない迫力で描く「ドキュメント新聞記者」。記憶のかなたに沈んだかのように、この文庫本も顧みる人はいないようですが優れたドキュメントではないでしょうか。それぞれの時代と突出した事件・人物にフォーカスをあてたものをピックアップしてみました。
読売新聞社会部 A2-1 ドキュメント新聞記者 角川文庫 昭和59年 帯 C:B ムレ 
¥500
事件は昭和54年。特異な事件を追いながら「事件」の構造を示し始めていくスリリングな展開。取材する側を取材するというかたちで事件に迫る。
本田靖春 A2-2 警察回り 新潮文庫 平成2年 C:C ムレ ¥300
本田靖春 A2-997 我、拗ね者として生涯を閉ず 上下 講談社文庫 2007年 C:B 
¥700(2冊揃)
本田靖春と黒田清は新聞が最も熱かった時代のジャーナリスト。両書を読むと日本を下品な「文化」に落とし込み絶望の淵にまで追いやったのは政治の責任はもちろんですがジャーナリズム(新聞・TV)のふがいなさも大であることがよく判る。歪みをえぐり不正を追い続ける報道がかってあったことに驚く方も多いのではないか。高度経済成長期の初めのころまで、血が売り買いされていた(その血が輸血などで使用されるとC型肝炎にかかる確率が増え、さらには肝ガンにすすむという)、本田は山谷へもぐり込み実際に売血を試み実態を探る、予想されるように利権が絡み一回くらいの告発報道ではどうにもならない、キャンペーンを連打する本田と読売新聞社会部。
関西で客と行員を人質にして銀行に立てこもるという事件が発生、情報はまったく入ってこない、お手上げの中で社会部長・黒田が指揮したことは取材する側の動きを取材し逐一報道してゆくという逆手だった、連日伝えられる記事は読者の熱い支持を得たという(この報道は後に「ドキュメント新聞記者」として本になる)。
本田の云う「主観報道」とは主体とも読みかえることができるし普通の人の平凡な暮らしを守るための黒田(軍団)の迫力も上っ面をなで数字だけになびく今日の新聞・TVと比べればその差は歴然。しかし本田も黒田も新聞社に居続けることは出来なかった。「社会部が社会部であった時代」は去り報道の<劣化>は目をおおうばかりにすべり落ちていく。「今の日本人は嫌いだ」と断じる本田、不特定多数ではなく読者一人一人に問いかけた黒田、ふたりの記者がつづる<人間がいた時代>の優れた戦後史。反骨の系譜は受け継がれているのだろうか。
有須和也 A2-998 黒田清 記者魂は死なず 河出書房新社 2005年 C:B ¥700
本田靖春 A2-696 疵 花形敬とその時代  講談社文庫 1987年 C:B ¥600
解説「動乱期への郷愁」色川武大
本田靖春 A2-4 「戦後」美空ひばりとその時代 講談社文庫 1989年 C:B ¥500
「戦後」とは何か、を探った力作。周到な取材に基づいた迫力は圧倒的。

竹中労 A2-6R 美空ひばり  朝日文庫 昭和62年 C:B ¥500
別冊新評 A2-838 ルポライターの世界 新評社 昭和55年 C:B ¥600
丸山邦男 松浦総三 竹中労 森山康平 和多田進 岡留安則
無着成恭編 A2-300 山びこ学校  青銅社  昭和26年 C:B 奥付剥落ち 
¥1,000
山形県山元村中学校生徒の生活記録」 昭和20年代の中学2年生の文集、学校(教育)は生活に根ざしことばを獲得していく場であることが伝わってくる、最初の生徒の詩には脱帽。
佐木隆三 A2-5 復習するは我にあり 上下 講談社文庫 昭和53年 C:B 
¥600(2冊揃)
沢木耕太郎 A2-194 馬車は走る 文藝春秋 昭和61年 C:B 帯 ¥500
石原と美濃部の東京都知事選を描いた「シジフォスの四十日」、小椋佳の屈折した足どりを追った「その木戸を」が面白い。小椋の初めてのレコーディングは作詞 寺山修司、作曲 和田誠で「初恋地獄篇」の中の2曲とあります。
中野翠 A2-998 甘茶日記 毎日新聞社 2005年 C:A 帯 ¥400
帯にある「うるせェんだよ~! 勝ち組・負け組だの上流・下流だのどうでもいいじゃないか、そんなこと」に一票、未だに上質だのワンランク上のなんてキャッチ・コピーがのさばりマスメディア(?)の本質はチェンジしていない。さて本文ではNHKで放送(2005年1月22日)された浅丘ルリ子の「父の面影を追って─浅丘ルリ子・中国へ女優50年の旅」の批評が強烈。中野のシリーズは面白い読書案内(映画演劇やTVまで幅広く)として重宝していますが最近も「堀内さん」(堀内誠一追悼本)について紹介してました(「サンデー毎日 2009.9.27号)。優れたクロニカルだし資料として生き続ける本だけに人名・事項索引がないのは困ります。
大下英治 A2-6 ドキュメント三越の女帝 徳間文庫 1984年 C:C ヤケ ¥500
取材を申し込むところのやりとりに迫力があります。事実をキチンと抉りだそうとする態度が光っています。やはり初期のものはいい。
東京防犯協会連合会編 A3-908 事件記者の目 東京防犯協会連合会 昭和52年 C:B 
¥700
警視庁詰めの事件記者が綴る事件百景、昭和40年代から50年代の初めの頃、記者たちのルポは表にでない舞台や街の空気を伝えてくれる。これは一般には刊行されなかった本でしょう。
別冊宝島 A2-992 日本「アウトロー」列伝 宝島社 2006年 C:B ¥600
小池重明 梶原一騎 阿佐田哲也 竹中労 花形敬ほか、伝説の男 反骨の男 狂気の男 無頼の男の4部構成。 
工藤久代 A2-320 ワルシャワ貧乏物語 文春文庫 1985年 C:B ¥700
「ある外国ぐらし」(副題)は発見の記録、著者が日本から持っていったクリームが切れてしまい出あったのがポーランドのにんじんクリーム。「ありがたいお肌の守り神」だったと。世界の都会でこれほどおいしく安い牛乳を飲めるところはワルシャワが一番ではないかなど衣食住のひとつひとつに光があてられています。モノに溢れた日本の生活は何か大切なものを落っことしていったのではないか、ズシっとくる本。
単行本の増補決定版。
兼高かおる A2-508 兼高かおる世界の旅 講談社 昭和38年 C:B ¥1,200

生松敬三 A2-29 近代日本への思想史的反省 中央大学出版部 昭和46年 C:B 四六判 角背 ビニールカバ装 ¥1,000
題名はいかめしい印象を与えそうですが「古本屋歩き」なんて身辺雑記風のエッセイもあって面白い。メインは風土論、知識人、漱石・鴎外・啄木論など。視野の広さと奥行きをもっており充分再読にたえる1冊。
中村雄二郎 A2-30 日本の思想界 戦前・戦中・戦後 勁草書房 1967年 C:B 四六判 角背 函入 帯 ¥1,000
岩波の「思想」を最初の号から読み直して“「思想」の思想史”を論じた章を軸に近代化とナショナリズムの問題を扱う。生松著と重なるものがあって、ここにだされている問いかけは果たして時代おくれなのでしょうか。
今野國雄 A2-827 NHK文化セミナー ヨーロッパ中世の心 NHK出版 1996年 C:B ¥600
正統と異端 戦争と平和 天国と地獄 自然と人間・・・これらは「信仰の時代」ヨーロッパ中世が抱えたテーマであった。
小宮山量平 A2-36 やさしさの行くえ 昭和時代落穂拾いⅡ 週刊上田新聞社 1997年 C:B 帯 献呈署名 ¥600  
著者の好きなREVOLUTIONということばには“回帰”という意味があるという。戻るところまで戻ることが今必要ではないか、と説いている。
小宮山量平 A2-168 昭和時代落穂拾い 回帰の時代によせて 週刊上田新聞社 1994年 C:B 帯 ¥600  
1916(大正5)年生まれの著者からの「私たち世代からのメッセージ」。戦前から戦後、「理論社」創業の頃も含めての回想エッセイ。
阿久悠の昭和
阿久悠+和田誠 A2-298 A面B面 作詞・レコード・日本人 文藝春秋 1985年 C:B 帯(擦れ) ¥1,200
三木鶏郎について「いまのポップスの流れのいちばん元」に位置し(作詞の)永六輔もそこからでてきたという和田のことば、映画のキャメラに例えて阿久の詩は俯瞰だという鴨下(信一)の指摘を紹介しながら感情を表現する場合「画面の中の主人公の人物の大きさって言いますか、背景に対する人物の大きさで表わそうとする」(阿久)ところがあると映画的なアングルで歌詞をみる、などユニークな面白さ。造本・装丁の良さも注目。文庫は「イラストがいっぱい」に。
阿久悠 A2-511R 夢を食った男たち 「スター誕生」と黄金の70年代 道草文庫 1997年 C:B ¥1,000
巻末で久世光彦がともに過ごした時代と阿久悠を綴る。
池田文雄 A2-512R テレビ人生!「そんなわけで!!」録 「スター誕生!」回想録 KKコアラブックス 昭和60年 C:B ¥1,600
「スター誕生!」(昭和46~58年)プロデューサー。〝スタ誕とその時代〟唯一のドキュメント、カバー画は櫻田淳子。時代というのは判らないもの、60年代後半から70年代始めまでの政治の季節の後に<少女の時代>が訪れるとは!
阿久悠 A2-708R NHK人間講座 歌謡曲って何だろう? 日本放送出版協会 平成11年 C:B ¥400
「私の世代にとっての民主主義の三色旗は、歌謡曲と映画と野球」だと語る阿久悠の昭和断面史。
和田誠 A2-800  日曜日は歌謡日 講談社文庫 昭和61年 C:B 帯 薄ヤケ 
¥1,000
名著ですね、歳月とともに立ち上がってくる何かがあるのでは・・・? 文庫版では「そして、十年」が付記されている。親本はイラストがいっぱいのコーナーに掲載。
阿久悠 A2-299 歌謡曲の時代 歌もよう人もよう  新潮社 2004年 C:A  帯  
¥700
見開きでそれぞれの流行歌についての想い、時代を綴ったもの。「ざんげの値打ちもない」は今の時代に書くべきだった、美しい、清いなど「・・・およそ人間を律する言葉のすべてが失われたかと思うほど」の今の時代に。
久世光彦 A2-850 マイ・ラスト・ソング 最終章 文藝春秋 C:B 帯 ¥500
中野翠、松山猛、阿久悠、小林亜星の追悼文を収録。
三田完 A2-851 プレイバック 三天書房 1995年 C:B 帯 ¥300  
上山敬三悠 A2-301 日本の流行歌 歌でつづる大正・昭和 早川書房 1965年 C:B 
¥1,000
ハヤカワ・ライブラリの1冊。世相と制作者(詩・曲・レコード会社)と著者の関わりが浮き彫りに。大衆歌謡曲史の名著。
前田憲男 A2-977 作曲入門 だれでもできる前田式テクニック 産報ブックス 昭和47年 C:B ¥600
入門書の入門書」とは謙遜のことば、作曲のカンどころをついた好著。

山上路夫 A2-997 作詞・個人教授 ヤングギター3月増刊 新興楽譜出版 昭和46年 C:B 帯 ¥1,500
世界は二人のために  或る日突然 夜明けのスキャット の作詞家が書いた体験的作詞講座。

 order  

クレージーキャッツとその時代
小林信彦 A2-46 テレビの黄金時代 文藝春秋 平成14年 帯 C:B ¥700
小林信彦責任編集 A2-194R テレビの黄金時代 キネマ旬報社 昭和58年 C:B 
¥1,700
キネマ旬報別冊、テレビの神話を築き上げた井原高忠 ハナ肇 植木等インタビューと小林信彦のスクラップブックは文字通り永久保存版。
植木等デラックス編 A2-77R 植木等のみなさんおそろいで FunHouse 1992年 C:B ¥3,000
谷啓 A2-411R 七人のネコとトロンボーン 読売新聞社 1995年 C:B 帯 
¥3,600
帯に「空前絶後の谷啓自伝」とあります、クレージー・キャッツとともに青春はあった、とにかくずっとそばに置いておきたくなる、そんな本ではなかろうか。
五歩一勇 A2-61R シャボン玉ホリデー スターダストを、もう一度 日本テレビ放送網 1995年 C:B ¥2,000
著者は昭和42年に日本テレビに入社。アタマからシッポまで「シャボン玉ホリデー」全特集。
犬塚弘 A2-581R 飄飄として訥訥 クレージーが青春、いまも青春 労働旬報社 1994年 C:A 帯 ¥1,700
〝さらばハナよ〟から書き起こされたクレージー・キャッツの青春の時。著者は昭和4年東京、大森の生まれだと記している、80歳を超えられたんですね。男のカッコ良さとか洒落っ気とかクレージー・キャッツから学んだことははかりしれない。
渡邊晋追想録編集委員会編 A3-580R 渡邊晋追想録 渡邊晋追想録刊行会 平成2年 C:A 函入 ¥6,000
「いろいろ節」青島幸男 「巨人のつぶやき」阿久悠 「孤独」いかりや長介 「紅顔の美少年」石井好子 「じゃじめての家」植木等 “Requiem pour Sin-san” 加藤和彦 「春の風のような」高橋圭三 「あの時のー」谷啓 「追想二題」田波靖男 「晋さんの蒔いた種」中村八大 「兄貴のような・・・」フランキー堺 「ひとこと」森繁久彌 「私のゴッド・ファーザー」安井かずみ 「たくさんの思いやりと思い出と」安田伸ほか。
ヘラルド出版編 A2-980 すばらしき仲間 この語らいにわれわれも加わろう ヘラルド出版 1980年 C:B ¥2,500
「笑いの主役たち」(青島幸男 谷啓 ハナ肇) 前半は「青ちゃんが始めて来た時だよ、しなびた顔してさ、まあ、栄養失調。だから、だれかのお付きなんかと思った」(ハナ肇)という初対面の頃と奇人・谷啓のエピソード、後半は世相と笑いについての鼎談。1979年3月に「爆笑クレージー一家」としてTV放送されたものの活字版。「芸談風土記 浅草吉原」(戸板康二 古今亭志ん朝 小沢昭一) 廓話が古典落語に多いから若い落語家には辛いのではないかと小沢が問うと「そうです。『匂い』が出てこないですね。」と志ん朝が答えている。他に「人生夢譚」(木下恵介 深沢七郎 山田太一) 「撮る人・演ずる人」(岸恵子 池田満寿夫)etc。
松下治夫 A2-979 芸能王国渡辺プロの真実。渡辺晋との軌跡 青志社 2007年 C:A 帯 ¥700
なべおさみ A2-662R なべちゃんのいいたい放題 ああ、愛しの芸能人 徳間書店 1983年 C:B ¥2,500
「もくじ」から少しひろうだけでも畏友・谷啓 先生・森繁久称 信長・勝新太郎 偉大・美空ひばり・・・と同じ時代を呼吸した「芸能人」がいっぱい、それぞれに熱い想いと関わりを描いていてひと味違う面白さ。先日もハナ肇 ザ・ピーナッツ 安田伸と組んだ“キントト撮影所風景”(TVから録画しておいたもの)を見ましたが何回見てもおかしい、「公私ともに僕の師匠」だと云うハナ肇もオタオタ動く安田伸も可憐な花・ピーナッツもすばらしい、パニック状態で発っせられる「安田ァー」はTV史に残る衝撃。
なべおさみ A2-998 病室のシャボン玉ホリデー ハナ肇、最期の29日間 文藝春秋 2008年 C:B ¥600
病室の片すみでひっそりと見つめ続ける「菩薩」ふたり、繰り返し登場してくるこの場面だけでも読んでよかったと思いました。遠い空へ打ち上げられた花火の音は病室のハナ肇に聞こえたのでしょう、それはハナ肇の青春の時代そのもの、共に歩んできた仲間が人生の最期に寄りそう。貧しいけれど愉しかった時代というのは確かにあったよね。
小松政夫 A2-113R 目立たず隠れず そお-っとやって20年 婦人生活社 昭和60年 C:B 帯 ¥2,700
「まえがきにかえて」植木等 小松政夫の初めての本、博多時代 サラリーマン時代 付き人時代 テレビ・バラエティ時代 ドラマと映画時代 ぼくの素敵な仲間 小松政夫のひとり言(この章はインタビューの聞き書きで<芸能もしくは芸人論>) そして、いま の8つに分かれる。テレビ・バラエティ時代の貴重なドキュメントを含んでいる。
小松政夫 A2-398R のぼせもんやけん←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 竹書房 2006年 C:A ¥900
「昭和30年代横浜セールスマン時代のこと。2006年度の収穫のひとつ、これほど熱い青春物語もめずらしい、続編を待つのみ。その後、予告通りパート2が刊行されました。
小松政夫 A2-938 のぼせもんやけん2←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 植木等の付き人時代のこと 竹書房 2007年 C:B ¥600
著者が植木等に付いたのは昭和39年、東海道新幹線が開通し東京オリンピックが開催された年で22歳だった。「昭和の芸能界はギンギラギンの夏の始まりのような季節」だった。小松政夫の青春の門立志篇
小松政夫 A2-438R おもしろい人に会ったよ コスモの本 1983年 ¥1,600
田村隆編 A2-955 伊東四朗・小松政夫の笑って!笑って!60分 KKベストセラーズ 1977年 C:B ¥600
シリーズ第一作、豆本。
伊東四朗&小松政夫 A2-479 エニシングゴーズ <ビデオソフト> 竹書房 1998年  C:A(再生状態)カラー99分 STEREO-Hifi ¥2,700  
戦後50年にあたる「1995年シアターサンモール全12日間を超満員にした伝説的名演」と謳っています。小林信彦「コラムの冒険」(新潮文庫)の「伊東四朗・小松政夫の<なんでもあり>の世界」をぜひご参照ください。まさに<コントによる戦後史>。DVDとして2006年復活しています。
斎藤太朗 A2-39 ディレクターにズームイン!! 日本テレビ 2000年 C:A 帯
¥1,000
塚田茂 A2-204 どんどんクジラの笑劇人生 河出書房新社 1991年 C:B 献呈署名入 ¥1,000 
サブタイトル「人気番組で綴るテレビバラエティ史」 話は「シャボン玉ホリデー」から始まる。 
笑芸人 A2-259 コミックソング大全 白夜書房 2001年春号 VOL.4 C:B 
¥800 
鳩よ! A2-331R コミックソングを歌おう! マガジンハウス 昭和62年6月号 C:B ¥700
「クレイジー・キャッツと大騒ぎ」 青島幸男 大瀧詠一 「三木鶏郎研究」 「ヒットソングは時代の目次だ」なかにし礼 阿久悠 秋元康。大瀧詠一がクレイジーの歌は古賀学校や吉田学校のマジメな歌に比べれば一ランクも二ランクも下だと思われていた、誰一人まともな評価を与えていなかったと語る。

サライ A2-909 大特集 日本を、も一度元気にする「昭和のお笑い」 小学館 2008年4/17号 C:A CD(未開封)付 ¥700  
エノケン ロッパ トリローそしてクレージーキャッツ
NHK知るを楽しむ A2-910 私のこだわり人物伝 植木等 城山三郎 日本放送出版協会 2007年8・9月号 C:B ¥500  
植木等については大林宣彦 森永卓郎 佐野四郎 小松政夫が語る、谷啓インタビューもあってあなどれない1冊。 
沢村貞子 植木等(対談) B3-910 しっかり母さんとぐうたら息子の人生論 岩波ブックレットNO.47 1985年 C:B ¥400
明治41年生れの沢村と大正15年生れの植木の対談。親父に代わって自分が衣に着替えて檀家をまわらなきゃならない、ふだんはけんかをしたっていいけれど衣を着ているときだけはなぐられてもなぐりかえしちゃいけないっておふくろが厳命する、悪ガキどもはそれを知ってて仕掛けてくる。おふくろは泣きながら鼻血をふいてくれた、「たまんなかったんでしょうね」 親父は刑務所で息子はこのザマじゃあ・・・悲痛がどこかおかしさと隣り合わせになっていていい匂いが伝わってくる。
Will増刊号 A2-994 すぎやまこうちワンダーランド ワック 2011年12月増刊号 C:B DVD付(未開封) ¥800
「ザ・ヒットパレード」「おとなの漫画」はこの方が企画した番組(ロングインタビュー参照)。DVDは交響組曲「ドラゴンクエスト」。
週刊朝日編 A2-120R 値段史年表 朝日新聞社  昭和63年 C:B  函入 蔵書印消し跡  ¥1、700
金森健生 A2-124 マンガ昭和史 庶民生活泣き笑い 現代教養文庫 昭和48年 C:B 小口ヤケ ¥700
マツシマウヘイ A2-997 特殊ブラク2000年史 日本レキシのよこがお 寺島書店 昭和24年 C:B ¥800
柏木博 A2-263 肖像のなかの権力  平凡社 1987年  C:B ¥1,200
副題は「近代日本のグラフィズムを読む」。グラフィズムは力だ、欲望・支配の図象として・・・。
藤本倫夫・今泉武治他 A2-261 コマソン繁昌記 日本工業新聞社 昭和52年 C;B 帯 献呈署名入 ¥1,700
三木鶏郎、いずみたく、小林亜星、桜井順、野坂昭如、飯沢匡などCMソングの愉しさ、舞台裏、系譜を描いたもの。このテの本としてはメロディ、詩、商品、企業そして作り手やエピソードまで丹念に掘り起こした労作。
向井敏治他 A2-262 虹をつくる男たち 文藝春秋 1983年 C;B 帯 
¥1,000
副題は「コマーシャルの30年」CMを軸にその周辺をめぐるコラム集。「日曜日は歌謡日」(和田誠)を「大衆文化論として屈指の作」とある。
石上三登志+今村昭 A2-933 ギャグ&ギャグ 講談社 昭和60年 C:B 
¥2,300
島森路子 A2-970R 広告のなかの女たち 大和書房 1984年 C:B 
¥1,000
広告に表現された「女」を年代順に描いた広告評論ですが時代とともに消えていく風俗表現をどう掴むか。著者の分析は傑出したもの、優れた女優論にもなっていることは岸本加世子や大原麗子、桃井かおりなどの章に鮮やか。「おしゃれを遊ぶ 杉山登志の女たち」に戦後の女像の原型を見ている、この広告が昭和38年というのが凄い、都市化の始りでしょうか。

社団法人日本自動車工業会 A2-976 東京モーターショーの50年 1954-2004 社団法人日本自動車工業会 2005年 C:B 函入 DVD付 ¥1,500
ファッション・ゴシッップ・テレヴィジョンそして暮らし
広告批評 A2-974 特集KINCHO120年 マドラ出版 2005年 C:B ¥700
天野祐吉・島森路子が遺した文字通りの記念誌的遺産のひとつがこの特集号、口上はこうだ、「キンチョウは日本の広告史を語る上に欠かせない名脇役です。・・略・・しぶい、うまい、おもしろい、にくい、そのキンチョウが、ことしで創業120年を迎えたということで、お祝いをかねた特集を組むことにしました。・・略・・「つまらん、この特集はつまらん」などとは、言わせませんぞ。」 圧巻は金鳥コマーシャル120場面の再現、当サイトは「ったく、きれい事言ってんじゃないよ、じじい」の捨て台詞の怖いおばさんに一票(NO.30)。
中野翠 A2-266R お洋服クロニカル 中公文庫 2002年 C:B ¥350  
ファッション年代記、昭和28(1953)年から平成元(1989)年までの、著者の幼年期から青春・壮年期までをけなげに、精一杯生きてきた記録。同じ世代の方にとってはたまらない1冊でしょう。
JOANNE Olian A2-591 EVERYDAY FASHIONS OF THE FORTIES As Pictured in Sears Catalogs 1992年 C;B ¥1,600
1950年代アメリカ ファッションカタログの復刻版。A4モノクロ122P。
馬場啓一監修 A2-938 ザ・フィフティーズ 実業之日本社 1986年 C:B 
¥1,300
「50年代のアメリカ文化」(対談 和田誠 馬場啓一)をはじめフィフティーズの時代とスタイルを振り返る、片岡義男 岩浪洋三 内藤陳ほか。
コシノアヤコ A2-922 ファッション好きやねん 増補改訂版 たる出版 1988(昭和63)年 C:B ¥1,200
昭和58年の初版本にその後の5年間の歩みを足した増補版。カバーの装丁は娘のジュンコ。
服部晋 A2-551 服部晋の「洋服の話」 小学館 2005年 C:A 帯 ¥500
「服飾の生き字引」服部晋の本、様子のいい本です。

秋山ちえ子 A2-202 秋山ちえ子の暮しの覚え書き 文化出版局 昭和61年 C;B ヤケ 帯 ¥800
秋山ちえ子 A3-934 冬の薔薇 三月書房 1994年 C:B 帯 函入 署名入 
¥1,200 
角背の文庫サイズですが類似書だと頁がつっ張ったようになって開きが悪く読みにくいものですがこの本は違う、糸でかがり開きが良くて読みやすい。「美しい小型本を、一人で、三十年来作り続けている」(あとがき)三月書房の本。島田正吾 倉本聰 鈴木光枝 山本夏彦 沢村貞子らとの点描も。
犬養智子 B4-28R 家事秘訣集 じょうずにサボる法・400 カッパブックス 昭和43年 C:B ヤケ シミ ¥500
昭和40年代の暮らしの知恵集。
高瀬進 A2-290 MOVIE THEATER 映画館 No.1 冬青社 1999年 C;B ¥600
長野県の映画館紀行から川崎銀星座 横浜日劇の姿も。
高瀬進 A2-236 MOVIE THEATER 映画館 No.2 冬青社 1999年 C;B ¥600
並木座、浅草ロキシー、大井武蔵野館、浪速座をはじめ「東北映画館紀行」などモノクロでつづる映画館という風景。
読売新聞社編 A2-264 The東京 新版 昭和56年 C;B 端折 少汚れ ¥500
プレイタウン徹底ガイド、吉行淳之介・矢代静一・矢野誠一・岸田今日子ほかの街をめぐってのエッセイ。
桑原稲敏 A2-205R 青春プロマイド70年 主婦の友社 昭和63年 C;B ヤケ 
¥1,600
大正、昭和を彩るスターたち」 プロマイドの誕生は大正初期に始まるという、世相・風俗を織り込みながら時代のスターをたどる。B5版。
アサヒグラフ A2-433 特集 プロマイド大行進 朝日新聞社 1972年 7/27号 C;B ¥900
マルベル堂編 A2-979 マルベル堂のプロマイド ネスコ 1998年 C:A 帯 
¥1,500
日本プロマイド史便覧。「日本で一枚しか残っていない貴重な写真」(161ページ)とは「日活スター夢の勢揃い」。四六判の本ではもったいないというかハミでてしまうほどの黄金期の輝きが・・・
おとなぴあ A2-942 夏の音楽特集 燃える60年代のジャパニーズ・ポップスから真夏のウッドストックまで ぴあ 2001年8月号 C:B ¥600
なぜ、あの頃「夏」は熱かったのか? ムッシュかまやつ×立川直樹×みうらじゅん 燃える歌謡曲 吠えるGS黄金時代 60年代ジャパニーズポップスの巨人たち 高橋真梨子愛の軌跡。
宮澤一誠 A2-983 新宿ルイード物語 ぼくの青春と音楽 講談社文庫 昭和63年 C:B ¥700
前半は長野から東京へ大学入学のために上京してからの右往左往の青春記、後半は音楽評論家としてのフォーク・ニューミュージックの歩みを追う。文庫オリジナル。
Number A2-780 日本の美しい女たち168人(WE LOVE Woman168 文藝春秋 MAY・1982 C:B ¥3,300 
ウルトラ・スペシャルというキャッチが表紙にありますがひと味違う写真ばかりで確かにこの「めぐり逢い」は貴重。
POPEYE ポパイ A2-953 From 60’s on. 60年代を知らなければ、僕たちの’80年代は面白くならない 平凡出版 1979(昭和54)年12/25 C:B 
¥1,500  
平凡出版(現在はマガジンハウス)の雑誌は時として唖然とする面白さで圧倒される。この特集もほとんど1冊まるごと60年代特集でその後類似品(?)は数多いけれど群を抜いている、気合というのかここまでやるのかという志しは見事。
増刊 週刊大衆 A2-968 Exciting 60’S すべては60’年に始まった 昭和59年9/4号 C:B ¥800
60年代インタビュー(中尾ミエ 前田美波里 弘田三枝子 秋川リサほか)を筆頭にヒューマン・インタビューは新谷のり子 岡林信康 川崎徹 宇崎竜童 佐藤B作 高田文夫 菅直人etc 60年代グラフィテイ特集号。
鈴木常勝 A2-996 紙芝居がやってきた! 河出書房新社 2007年 C:A 帯 
¥500
昭和30年代の平和な子供の風景といえば紙芝居、荒唐無稽、奇想天外、ハチャメチャなもうひとつの世界。
特集 文藝春秋 A2-950 涼風讀本 文藝春秋新社 1957年8月号 C:B ¥500
わがオトコ系図(丹下キヨ子) 光雄色談、宮川町の助六(マキノ光雄) 撮影所・英雄奇人伝(玉木潤一郎)
ページの上へもどる
清水幾太郎 A2-991 私の心の遍歴 中央公論社 昭和31年 C:B ¥1,600
恩地考四郎の表紙もさることながらカバー画がいい味ですね(大和春穂)。標題の心だけが朱で著者名は紺、落ち着いた柔らかい紙の材質と融け合って新書判サイズとはいえこの品の良さは特筆もの。 
『銀座百点』バックナンバ^-
銀座百点 A2-883R ミンクのコート(高峰秀子) 銀座百店会 1961(昭和30)年 C:B ¥800
銀座のタウン誌「銀座百点」のNO.74で半世紀前の小冊子。中島弘子 久保田万太郎 子母沢寛 扇谷正造 大原富枝らの名前があります。
銀座百店会 A2-994 銀座百点 第百号 銀座百店会 1963(昭和38)年4月 C:B 店印有 ¥1,200
久保田万太郎 石黒敬七 吉屋信子 津村秀夫 志賀直哉 永井龍男らの名が・・・真ん中に銀座の歴史─カメラ銀座百年史のページがあります。
銀座百点 A2-956 三田文学と銀座─山川方夫を偲びつゝ─ 銀座百店会 1965(昭和40)年四月号 C:B 線引き2ページあり 店印 ¥700
銀座百点 A2-957 ヨーロッパの台所用品 銀座の「なべざ」談義(中山道子) 銀座のこと(梅田晴夫) 銀座百店会 1974(昭和49)年八月号 C:B 店印 ¥400
銀座サロンのゲストはD・キーン。巻頭の鼎談は「銀座ショッピング─漫画家・涼みばなし─」横山隆一 サトウ・サンペイ 東海林さだお。銀座のこと(梅田晴夫) 私の銀座コース─戸板康二氏の巻─(林忠彦)ほか。
銀座百点 A2-287 チョンタ 向田邦子 銀座百点1972.9 NO.214 C:B シール貼 ¥600
上坂冬子「銀座取材帖 トンカツ名人」(文春文庫「銀座ゆうゆう人生」に収録されています) 『円地源氏』物語 収録。
銀座百点 A2-938 女ごころ・男ごころ 酔ってうたえる唄がほしい 由紀さおり 井上順 銀座百店会 1973年1月 C:B ¥400
銀座サロンのゲストは中村歌右衛門。
銀座百点 A2-998 初笑い夫婦双六(井上ひさし 藤本義一) 銀座百店会 1975年1月号 C:B ¥400
テレビ創生期(吉川義雄 浅沼博 室町澄子) 銀座サロンのゲストは市川染五郎。
銀座百点 A2-488 銀座百点 No.482 銀座百店会 1975.1 C:B 店名印有 
¥300
若尾文子を迎えての<銀座サロン>は「十冊目の日記帳」。
銀座百点 A2-278 涼味満喫 『話』の深夜営業 古今亭志ん朝・桂文朝・柴小百合 銀座百店会 昭和50年8月 No.249 C:B 裏表紙少欠 店ラベル貼 ¥600 
「ごっつい」ということばに注目しています(志ん朝)、B6判。
銀座百点 A2-955 銀座百店会 1975(昭和50)年12月号 C:B 店印 ¥400
銀座サロンのゲストは銭形平次・大川橋蔵。 
銀座百点 B1-686 銀座百点 1978.9 NO.286 C:B 少剥がれ 店印 
¥500
向田邦子・和田勉・久世光彦「ブラウン管の裏側で テレビよもやま話」
銀座百点 A2-981 三國一朗さん(中西龍) 銀座百店会 1980年 C:B ¥500
巻頭座談は「ジャズとシャンソン 戦後銀座音楽史」野口久光 北村英治 美輪明宏 園田憲一  エッセイは「映画ばかり見て」田中小実昌  「田舎もん」中山あい子  銀座サロンは市川海老蔵をゲストに「団十郎の思い出」 「憧れるものが三つある。」から始まって「三國一朗氏は、私の、大きな、しかもまぶしい目標である」の結びまで中西の「憧れるもの」(精進 謙虚 羞恥)をそのまま文章化したようなもの。
銀座百点 A2-996 ジャズ黄金時代の銀座 銀座百店会 1988年8月号 C:B 
¥400
ジョージ川口 与田輝雄 フランキー堺による「ジャズマンの華麗で愉快な日々」。「あのころは、みんなアメリカ人になりたかったんだよ。銀座の女たちも、そして銀座で遊んでた男たちもそうだよ。」(フランキー堺) 
銀座百点 A2-939 ノリとマと活け殺し 山川静夫 銀座百店会 1990年10月 C:B 店印あり ¥400
鼎談〝銀座サロン〟のゲストは山川静夫。和田信賢の「アナウンスは瞬間芸だ」を紹介しながらその流れで小沢昭一の〝連呼について語る、「たとえば朝顔が咲いていると、アナウンサーなら『アア朝顔がきれいに咲いています』と、まあ描写するかもしれません。ところが小沢さんはそうは言わない。『アッこれも咲いてる、これも咲いた、みんな咲いちゃった朝顔』って。そういう言い方っていうようなものを、もっとアナウンサーも見習ってほしい〟(116ページ)。
銀座百点 A2-984 ただいま着物に夢中 着る楽しさ・見る楽しさ 中野翠 林真理子←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 銀座百店会 1990年11月号  C:B 店印有 ¥400
着物談義は結構面白い、ここ一番に向けての覚悟のようなものがでているようで・・・中野「私はほかの人に買われるのが悔しくて買っちゃう。絶対これは私のだ、ほかの人が着るなんて許せない、そのぐらいに思ったのしか買わない」 林「洋服は案外センスでごまかせるけど着物は、中身をすごく露わにする気がする。肉体的にもパーソナリティー的にもね」 銀座サロンのゲストは鮫島有美子でテーマは「日本の歌をうたう」
銀座百点 A2-994 母の日対談 田中小実昌 早坂暁 銀座百店会 1991年 No.438 C:B ¥500  
田中小実昌と早坂暁、故郷を語り母を偲ぶおふたりの対談は甘くてほろ苦く滑稽でいい味わい。「映画スタアと銀座と 懐かしの『映画ファン』時代」(池部良 早田雄二 渡部保子の鼎談)も見逃せない、 銀座サロンのゲストは糸井重里。
銀座百点 A2-992 <カラー>銀座界隈思い出の顔ぶれ─和田誠とドキドキの日々の仲間たち 銀座百店会 1993年三月号 C:B 店印 ¥1、000
連載「銀座界隈ドキドキの日々」最終回記念で当時の仲間たちとカラーページで登場。巻頭の鼎談は「銀幕の女王」は消えて スター不在時代の〝スター〟 赤瀬川隼 泉麻人 渡辺祥子。
銀座百点 A2-989 芝居の約束事(鴨下信一・小田島雄志・村松友視) 銀座百店会 1993年10月号 NO.467  C:B ¥400  
「今月のエッセイ」石井好子 三浦哲郎 桂文珍 宮城谷昌光 「『おとなの恋愛』を読む」 名手が語る恋愛小説の魅力(山田太一 林真理子)
銀座百点 A2-287 読む・語る・うたう 銀座百店会 1995年6月号 C:B 店印有 
¥300
標題は加賀美幸子・石坂浩二・奈良岡朋子の鼎談、副題は「ナレーションのむずかしさ」。銀座サロン(連載の座談会)のゲストは植田いつ子。
銀座百点 A2-916 MEMORIAL NUMBER 銀座百点NO.500 銀座百店会 1996年7月号 C:B ¥700  
銀座百点を彩った人たち(カラー) 銀座百点の写真(秋山庄太郎) エッセイ<銀座百点と私>山川静夫 和田誠ほか 銀座百点創刊五〇〇号年表 
銀座百点 A2-413 銀座サロン 山口さんと開高さん 柳原良平 1997年 C:B 店名印 ¥300
銀座百点 A2-498 自転車で行こう!! 銀座百店会 1997年8月 C;B 店印有 
¥300
なぎら健壱 泉麻人 綱島理友のチャリンコ鼎談、「わたしは町で迷子になるのが好きなんですよ・・・路地から路地へ行って、迷子になってここはどこだかわからなくしたいんです」(なぎら健壱)なんて分かるなァ。二人の銀座 桃井かおり 銀座の夏 川本三郎 銀座サロンは「文士と酒とのつき合い」佐々木久子。
銀座百点 A2-298 元祖“三人娘”の輝き 銀座百店会 2002年12月号 C:B 店印有 ¥400
雪村いづみを迎えての銀座サロン。「ほんとに恋して歌ってきただけの人生ですね」と・・・。
銀座百点 A2-279 志ん朝師匠の銀座 銀座百店会 2003年9月 No.586 C:B 店印 ¥400 
中山千夏の昭和
日本ジャーナリストクラブ 中山千夏 矢崎泰久他 A2-142 大闘論 われらの戦後30年 ドキュメント・のんすとっぷ24時間 講談社 昭和50年 C:B ヤケ ¥1,700
1975年8月に新宿コマ劇場で開催された戦後30年をテーマにした徹夜集会の24時間ドキュメント。竹中労が「日本映画縦断」でふれていた場内騒然たるティーチ・インとはこれだった。
中山千夏・矢崎泰久 A2-253 湿った火薬 小説革自連 学陽書房 1984年 C:B 
¥1,700
既成政治の打破をめざして立ち上げた革自連は「湿った」まま実を結ぶこともなく消滅へ。この本は政治をテーマにしていますが、むしろ作家、ジャーナリスト、学者、映画監督、ミュージシャン、タレントなど70年代中期の著名人たちの右往左往ぶりがスリリング。
中山千夏 A2-328 中山千夏のスパイシーエッセイ・アラビアータ 徳間書店 1989年 C:B ¥700
1989年の「アラビアータ講演録」に著者のこれまでとこれからがまとめられています。
中山千夏 A2-437 三日月の船 一葉社 1998年 C:B ¥800
生命・教育・生活そして人生にかかわるエッセイ集。ゲバボウ、アングラということばが通じずタアキイを知らない若者を前にたじろぐ著者も「老境」に入ったか、「桃源荘から」もおすすめ。
別冊・話の特集 A3-993 読む特集 話の特集 1994年 C:B ¥1,300
1冊全部、中山千夏の読書ノートそして遍歴。
 
ひとりのおんな
加藤治子 A2-135 ひとりのおんな 福武文庫 1995年 C:B ¥500 
1939(昭和14)年東宝「花つみ日記」で映画デビュー。久世光彦との対話集ですがこの意外性、過ぎし日々、ことばの宝箱のような本。向田邦子の思い出のなかで「素足の似合う人だった」と・・・。文庫本では親本にあった口絵の写真4ページがカットされている。表紙の写真はその時の一葉(「文学座アトリエ門の前で」)をアレンジしたもの。出演リスト(演劇、映画、テレビ)を添えてアンコールできないものでしょうか。写真ももちろんカットしないで掲載を。絶版にしておくのはいかにも惜しい。
加藤治子 A2-117R ひとりのおんな 福武書店 1992年 C:B ¥1,600
久世光彦が女優加藤治子の戦前、戦中、戦後そして今をたどる。口絵の写真は高峰秀子とのツーショット、作品は戦前のエノケン映画。人名索引があったらなぁと惜しまれるけれど名著というべきでしょう。
加藤道夫 A2-136R なよたけ 新潮社 1956年  C:B 名消し跡 カバー少端欠 
¥800
サライ A2-128 サライ・インタビュー 加藤治子 小学館 1995年 3/16 C:B 
¥300
5ページにわたってのインタビュー。長い見出しは「父のいない家、夫の死、離婚・・・・・・色々なことがありました。でも今は、手抜きせず、丁寧に生きていこうって」。庭の片隅に置かれている野仏の小さな写真がある、この贈り主と加藤はどうつながるのだろうか・・・。
関容子 A2-225 女優であること 文藝春秋 2004年 C:A 帯 ¥1,200
たっぷり時間をかけたことがうかがえる12人の女優の聞き書き。加藤治子の章で加藤治子─加藤道夫─黒澤明の線が分かりました。映画「生きる」のナレーションが加藤道夫だったんですね。また松竹少女歌劇養成学校の同期に黒澤夫人となる矢口陽子もいたとある。富司純子、奈良岡朋子、吉行和子、岸田今日子など。装丁・挿画が和田誠だとは最初気づきませんでした。
矢代静一 A2-192 旗手たちの青春 あの頃の加藤道夫・三島由紀夫・芥川比呂志 新潮社 1985年  C:B ¥700 
室井滋 A2-315 女優の箪笥 ぴあ 2005年 C:B ¥900
着物対談グラフィティ、加藤治子、都はるみ、若林麻由美、奥菜恵など。
スタイル臨時増刊 A2-937 きもの読本 第2号 スタイル社 昭和26年 C:B 
¥1,700
原節子 乙羽信子 月岡夢路 淡島千影 木暮美千代 三条美紀らがモデルになってのオールきもの特集号。B5判110ページ
主婦の友監修 田中敦子編 A2-661R きものの花咲くころ 「主婦の友」90年の知恵 主婦の友社 平成18年 ¥1,600
寺山修司 A2-252 ぼくが戦争に行くとき 反時代的即興論文 読売新聞社 昭和44年 C:B ビニールカバー装 ヤケ 見返し名消し跡 ¥1,200
九條今日子 A2-253 不思議な国のムッシュ 素顔の寺山修司 主婦と生活社 昭和60年 C:B ¥1,200
峰岸達 ねじめ正一 A2-203R 昭和少年図鑑 白泉社 平成11年 C:A 帯 
¥1,700
峰岸達 A2-204 私の昭和町 PHP研究所 2002年 C:A 帯 ¥900
源氏鶏太 A2-294 二人三脚 東都書房 昭和34年 C:B 函入 ¥2,500 
サトウ・ハチロー A2-293 踊るドンモ 朝日新聞社 昭和30年 C:B 裸本 
¥1,300
「踊るドンモ」「二人三脚」は中学生が主人公の児童読物。昭和30年代ときめきの本、絵と造本に懐かしいぬくもりが・・・。
サトウ・ハチロー A2-977 僕の東京地図 労働文化社 昭和21年 C:B ¥2,300 
陽だまりのなかを歩く浅草、日本橋、銀座、本郷、麻布十番などなど、戦前の街の匂い、音、のどかな時代の風景。
如月小春 A2-53 東京ガール TOKYO GIRL PHP 1989年 C:B カバー裏部分剥がれ跡有り ¥700
「思い出というには早すぎる思い出の数々」昭和31年生の著者が見つめた「ちょっとない」昭和の風景。
町田忍 A2-156 絶滅危惧浪漫 町田忍博物館 エー・ジー出版 1998年 C:A 帯 
¥2,700
昭和30年代グラフティの金字塔。「昭和の風土記」と帯にあります。泉麻人、なぎら健壱、やくみつるの対談が失われたモノたち、消えていった風景を自在にたぐりよせ、「おじさんたちの絵本」のように写真とイラストで見せてくれます。峰岸達のイラストを眺めているだけでも楽しい。ここまで到達してしまうとこの先このレベルを超えることはできるものでしょうか。A4半。
土門拳 A2-323 腕白小僧がいた 小学館文庫 2002年 C:B ¥400
「路地には子供が学ぶ小さな社会があった」(群ようこ)。母親は天気が良ければ外で遊びなさい、と子供たちを追い出す、それは当たり前のことだった。子供は路地で出会うさまざまな年齢と階層から世の中や人とのつき合い方を知った、晴れた日の路地に聞こえてくる腕白たちの声、そんな笑顔や泣き顔に会えます。
加太こうじ 木津川討 玉川信明 A2-98 下町演芸なきわらい 戦後世代の芸能史 駸々堂 1984年 C:B 帯 ¥1,400
四方田犬彦 A2-34 月島物語 集英社 1992年 C:B 帯 ¥300
立石一夫 A2-23 ヒーローは眠らない 鶴書院 1998年  C:A 帯 ¥700
昭和グラフティを熱く語った本。昭和30年代の輝けるヒーロー列伝。話題はプロレスや競馬にまで及ぶ。
南正時 A2-20 オジさんの玉手箱 桜桃書房 2001年 C:A ¥800
昭和30年代の夢のような子どもたちの世界。
土橋とし子 A2-21 よいこの玉手箱 チャンネルゼロ 1994年 C:B 帯 ¥900
昭和30年代の本ではないのですが「いいモン、みっけ」「クラフトおばば」「おいしい奴」「ポチ袋をめでる」など気分はまさしく昭和のそれ、帯にある「毎日が宝さがし」がズバリこの本の良さを伝えている。
江戸家猫八 A2-56R 吾輩は猫ではない 兵隊ぐらしとピカドン 二足のわらじをはいた猫 ポプラ社 1983-84年 C:B 挿絵署名入(3冊とも) ¥2,500(3巻揃い)
「のびのび人生論」18・19・20は猫八の半自叙伝、地獄を見た著者の昭和時代を生きぬいた貴重なドキュメントですが重々しいところや湿気がなくてどこか爽快。文庫で復活できないものか。
江戸家猫八 A2-262 キノコ雲から這い出した猫 中央公論社 1995年 C:C 擦れ 変色 ¥700
戦後50年の節目に刊行された戦争体験、そこに被爆とその克服という現実が記されている。
御田重宝 A2-264 もうひとつのヒロシマ 教養文庫 1987年 C:B 帯 ¥700
副題は「ドキュメント中国新聞社被爆」 ひとつの組織(ここでは新聞社)がどのように再生の道を歩んでいったかを克明に追う。
読売新聞大阪社会部 A2-242 新聞記者が語りつぐ戦争1 角川文庫 昭和59年 C:B 
¥300
児玉隆也 写真 桑原甲子雄 A2-306 一銭五厘たちの横丁 晶文社 1975年 C:B 帯 ¥1,000
暮しの手帖編 A2-433 戦争中の暮しの記録 昭和47年 C:B ビニールカバー装 
¥900
ハードカバーによる保存版。
小学館編 (郷静子 高木敏子 藤原ていほか) A2-901 女たちの八月十五日 もうひとつの太平洋戦争 小学館ライブラリー 1995年 C:B 帯 ¥400
上田恭輔 A2-999 現在ノ満州 三省堂 大正10年 C:B ¥3,800
新書判に近いハード-カバー、図録が折り込みのかたちでていねいに畳まれて綴じられている。当サイトで最も古い本の掲載です、昭和の15年戦争を遡っていくと当時の生命線「満州」に行きつく。
戦争を知らない世代へ伝える声
ノーサイド A2-170R 特集 むかし戦争にいった。文藝春秋 1995年7月号 C:B 
¥1,000
「戦争を知らない世代と、忘れられない人達へ」のサブタイトル。表紙の13人の写真に小津が加東大介が佐野周二の顔がみえる。
大崎平八郎 A2-305 新版 戦中派からの遺言 こぶし書房 2005年 C:B 帯 
¥1,000
クラスの学友の三分の一が戦争で亡くなった戦中派世代からの「遺言」。大正末期からの世相、事件、友人たちの回想を織り込みながら青春時代と戦争の足跡をたどる。著者は1919(大正8)年生、水上勉、野村芳太郎、伊藤雄之助と同年。
水木しげる A2-175 娘に語る お父さんの戦記 河出文庫 昭和57年 C:B ¥500
大正13(1924)年生まれ。
大岡昇平 A2-177 大岡昇平戦争小説集 靴の話 集英社文庫 1996年 C:B 
¥500
大岡昇平 1909-1988。
小林信彦 A2-178 一少年の観た<聖戦> ちくま文庫 1998年 C:B ¥500
映画と新聞とラジオだけが戦争の情報源だった。映画を媒介にした少年の<聖戦>ドキュメント。1932年生まれ。文庫の解説 泉麻人。
田波靖男 A2-711 ぼくたちの戦争 実業之日本社 昭和61年 C:B ¥1,200
シナリオライター・プロデューサー田波靖男(1933年生まれ)の<一少年の観た戦争>は新潟県石打での学童疎開小説として記録された。ラストシーンは映像がかぶさってくる。絵 福田岩緒。
悲劇喜劇編集部編 A2-406R 女優の証言 一九四五年八月十五日 ハヤカワ文庫 昭和58年 C:B 帯 ¥1,000
舞台や映画で活躍する女優53人が綴る敗戦の日の記録、21世紀に伝え残したい名著
横濱 A2-951 戦争の現実を知る! 六十年目の夏 神奈川新聞社・横浜市 2005年夏号 Vol.9 C:B ¥600
終戦後60年をめぐっての戦争特集号、空襲、疎開、引き揚げ、闇市、進駐軍・・・を横浜の地から捉える。岸恵子登場、12歳で体験した横浜大空襲(S20.5.29)を語る。巻頭インタビューは堀威夫(ホリプロ創始者)。A4判96ページ。
野坂昭如 A2-180 アドリブ自叙伝 筑摩書房 1980年 C:B 帯 ¥700
小学校入学は昭和12年とある、野坂昭如1930年生。カバー画は焼け跡のシルエット、和田誠。
中根美宝子 A2-190 疎開学童の日記 九歳の少女がとらえた終戦前後 中公新書 昭和40年 C:B ビニールカバー装 背ヤケ ¥600
木乃美光 A2-327 欲しがらないで生きてきた したたかな庶民の戦中戦後 カッパ・ホームス 1988年 C:B 帯 ¥800
著者は昭和3年生、小学校入学は昭和9年、昭和12年から25年までマンガと解説でつづった体験の記録。
太陽 A2-191 特集 キャパ 1913-1954 ちょつとピンぼけ 平凡社 2000年7月 ¥700
佐藤忠男 A2-198 戦争はなぜおこるか ポプラ社 昭和49年 C:B ヤケ ¥600
映画評論で著名な佐藤が真正面から取り組んだ中学生向けの<平和と戦争>論。分かりやすく、しかもぐいぐい迫ってくるような力があって教えられます。1930(昭和5)年生まれの佐藤の告白の書でもあります。
加藤武 A2-390R 悪ガキ少年の俳優志願 芝居大好き ポプラ社 1995年 C:B 帯 ¥900
加藤武 昭和4(1929)年築地生まれ。小学校から中学校時代は戦争がついてまわっていた世代。中学生向けの本(「新・のびのび人生論」シリーズの1冊)ですが大人にもおすすめ。
加藤武 A2-991 悪ガキ少年の俳優志願 芝居大好き ポプラ社 1995年 C:A 帯 献呈署名・落款入 ¥1、600
田辺聖子 A2-455 欲しがりません勝つまでは 私の終戦まで ポプラ社 1977年 C:B 帯 ¥1,000
著者は昭和3(1928)年生、女学校二年(13歳)から女専(17歳)までの少女期をどのように過ごしたか、その頃書いた小説や雑誌づくりを紹介しながら、「少女の友」や中原淳一、松本かつぢに夢中だった日々は戦争の時代でもあったこと、そして天と地がひっくりかえる衝撃へ。
文化放送編 A2-429 新制中学一期生の八月十五日 半世紀50歳10人の証言 文化放送報道部 昭和59年 C:B ¥600
A6変型サイズ。昭和9年生まれの方々は六・三制が発足した昭和22年に新制中学一期になる。米倉斉加年は給食のおかずが「弁当の蓋に味噌をベタっと置くだけ」で当時の想い出はひもじいという一語につきると。灰谷健次郎、愛川欽也、阿部謹也、森万紀子、宝田明ほかが語る少年期。
文藝春秋編 A2-152 戦後40年 日本を読む100の写真 文藝春秋臨時増刊 文藝春秋社 1985年8月 C:B ¥1,000
戦後40年の節目となる昭和60年に刊行されたもの。見開きで戦後復興期の頃の写真と現在を対比していく構成、昭和22年7月銀座和光ビルはTOKYO P・Xの看板があり都電が走る、40年後の銀座4丁目は地価高騰の渦に巻き込まれながらも「繁栄」の姿を誇示する。
石川保昌他 A2-204 報道写真の青春時代 名取洋之助と仲間たち 講談社 平成3年 C:B 帯 ¥2,400
昭和10年頃から始まる「報道写真の創世記をたどる」ドキュメント、土門拳や藤本四八たちの写真も。
朝日新聞社編 A2-501 日本百年写真館 Ⅰ Ⅱ 朝日文庫 昭和60年・61年 C:B 
¥1,000(2冊揃) 
昭和写真時代
百々俊二 A2-960 新世界写真集 むかしも今も←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 長征社 1986年 C:B 函入 ¥3,500
解説は田辺聖子。「人間が、いよる・・・」「『神は細部に宿りたまう』─人生のよきものもまた、日常の細部にある。過ぎてゆく一瞬一瞬の時間が光を放つ。」 人と町が、路地が、立ちこめる湯気が、日々の営みが、体温や体臭が、それらが息をしている瞬間、まさしく「人間が、いよる」写真集。
石川光陽 A2-70 昭和の東京あのころの街と風俗 朝日新聞社 1987年 帯 C:A
¥1,500
警視庁カメラマンが撮った戦前・戦中・戦後の昭和と東京。ハードカバーの親本も文庫(写真上から順に)も同じ表紙写真。

石川光陽  A2-47 昭和の東京あのころの街と風俗 朝日文庫 1993年 C:A 
¥600
河出新書写真篇 A2-902 戦後10年 日本人の辿った道 河出書房 昭和31年 C:B
¥500
昭和20年から30年の写真の記録。
岩波写真文庫<復刻ワイド版> A2-101 日本の映画 社会心理的にみた1954 岩波書店 1988年 C:B ¥400
太陽 A2-27 特集 土門拳の日本 平凡社 1994年5月号 C:B ¥700
林忠彦 A2-91 文士の時代 朝日文庫 1988年 C:B ¥600
荒木経椎 A2-961 愛しのチロ 平凡社ライブラリー 2002年 C:B ¥300
荒木経椎 A2-962 荒木経椎写真全集3 陽子 平凡社 1996年 C:B ¥400
荒木経惟 A2-511R さっちん 新潮社 PHOTO MUSE 1994年 C:B 
¥800  
著者は1962年頃の三河島の古い団地で小学4年のさっちんと出逢う。この写真集はこどもの原型そのもの、空き地で路地で紙芝居の前で日の暮れるまで遊び続ける誇り高き姿、子どもたちだけのパラダイスはこんなにもシンプルで底抜け。
荒木経惟・末井昭 A3-922 荒木経惟・末井昭の複写『写真時代』 ぶんか社 2000年 C:B 帯 ¥1,200
帯に踊る文字が元気がいい、<20世紀にケリをつける! 伝説の『写真時代』疾風怒涛の1981-1988>。評価の高い本ですが(当サイトも異存はないのですが)このテの写真集にいつもつきまとう違和感、それはどうやってこの本読むんだい?というハテナ。ヴォリュームがあって接着剤だけで背を固めているからノドまで開けない。どうにも開きが悪くて無理して引っ張って開けると割れること必定。これで定価3500円+税というのが解せない。文庫でも高名な写真家のぶ厚い写真集がやっぱりひどい状態で刊行されていたり・・・情けない。
立木義浩 A2-998 カメラ毎日別冊 私生活 加賀まりこ 毎日新聞社 1971年 C:B シミヤケ・小ムレ ¥7,500
LPサイズくらいの大型本(左右255mm 天地295mm)、この写真集の良さはエロスというより少女のようなひとりの女が実に1970年代だなぁという時代の中で躍動しているところ。キャピキャピ感、名著かどうかは疑問ですが古びてくればくるほど70年代の気分が蘇ってくる。
DANKAI パンチ A2-981R 永遠の小悪魔(撮影 立木義浩) 飛鳥新社 2007年5月 C:A ¥1,500
表紙は加賀まりこ、〝永遠の小悪魔〟とはもちろんこの方。小林旭インタビューもあり。そろそろプレミアがつき始めた雑誌のひとつ。
木村伊兵衛 A2-963 木村伊兵衛傑作選+エッセイ 僕とライカ 朝日新聞社 2003年 C:A 帯 ¥1,400
田沼武能編 A2-17 木村伊兵衛 昭和の女たち ちくまライブラリー 1991年 帯 C:A ¥1,500
田沼武能編 A2-15 木村伊兵衛の昭和 ちくまライブラリー 1990年 C:A
¥1,000
田沼武能編 A2-189 木村伊兵衛 昭和を写す 1戦前と戦後  ちくま文庫  1995年 C:B ¥300
田沼武能編 A2-228 木村伊兵衛 昭和を写す 3人物と舞台  ちくま文庫  1995年 C:A ¥700
アサヒカメラ A2-35 生き残る写真 「木村伊兵衛を読む」 朝日新聞社 昭和54年12月増刊 C:B ¥2,900
写真家・木村伊兵衛の全貌に迫る。鞍馬天狗(もちろん嵐寛です)の2本立てポスターを見上げる少女たちのスナップ(1953年 浅草)なんて時代そのもの、を切り取ったかのよう。
木村伊兵衛 A2-320 木村伊兵衛傑作写真集 朝日新聞社 昭和29年 C:B 部分褪色 函・カバー欠 ¥1,700
ガッシリした藍色の布地厚表紙にかがりとじの本文、開きやすく無理なくページを繰っていける。昨今の写真集の開きにくさと比べると格段の違いがあります。132点の写真はまさしく昭和の時代そのもの、巻末に「私の写真生活」「私の写真技術」「木村伊兵衛の芸術」「年表」「作品解説」を付しています。当時の定価1,200円は公務員の初任給が8,000円台だったことを考えると豪華本だったことが知られる。A4判。
林忠彦 A2-28R カストリ時代 レンズが見た昭和20年代・東京 昭和62年 C:B 
¥700
矢崎泰夫編 A2-302 カストリ復刻版 昭和50年 日本出版社 C:B シミ ¥1400
アサヒグラフ A2-203 終戦特集 焼け跡・闇市・カストリ時代 朝日新聞社 1989年8/18 C:B 少シワ 綴じ補修 ¥700
アサヒカメラ増刊 A2-395 われら写真世代35年 カメラが描いた戦後風俗史 昭和54年 C:B ¥1,900
鈴木としお A2-762 写真集 浅草の肖像 三一書房 1994年 C:A 帯
¥1,500
笠置シズ子 美空ひばり 江利チエミ 三波伸介 有島一郎 エノケン 森川信 夢声 久保田万太郎・・・浅草を舞台に戦後の著名人、彩りの人たちを綴った写真帖。A5版 ハードカバー 写真はモノクロが基本。
写真 加藤昌志 A2-960 「深川・木場」下町のぬくもり 人間の科学社 1998年 C:B 帯 ¥1,200
1971年から10年ほどの間に撮影された木材の街の最後の映像、木場今昔(座談会)木場周辺地図(昭和50年頃・平成10年)。
大竹省二 A2-994 遥かなる鏡 写真で綴る敗戦日本秘話 中公文庫 2000年 C:B 
¥700
昭和20年1月の空襲から始まる大竹省二の戦後ドキュメント。アーニー・パイル劇場の専属キャメラマンに採用されてからの歩みのリアルなこと、復興の足取り、風俗、事件が怒涛のごとく押し寄せる。
大竹省二 A2-995 新編 遥かなる詩 大竹省二写真集 日本カメラ社 1993年 C:B 
¥1,800
戦前の子供群像を中心に編まれた大竹省二の初期写真集、この頃はまだ学生でアマチュア写真家だった。「大竹さんが撮った戦前の昭和の子供達は、まさに僕の世代で、そこに写る少年少女はそのまま僕の少年少女なのだ」(「赤坂檜町テキサスハウス」68ページ)と永六輔が書いている。この瑞々しさは何だろう、と素直に感じました、写真集は天地287mm左右226mm)の大型本。
週刊朝日増刊 A2-300 懐かしの東京明治20年 <女と風景と戦後>ほか 朝日新聞社 1975年9/30 C:B ¥800
「古き良き時代とは私にとって何だったか」植草甚一、高峰秀子、赤塚不二夫、宇崎竜童らが時代を語る。

週刊読売臨時増刊 A2-377 秘蔵写真で綴る昭和の50年 読売新聞社 1976年3/10 C:B ¥800
岩波書店編集部 岩波映画製作所 編 A2-507 二つの日本・8月15日 岩波書店 1986年 C:B シミ ¥1,200
「30年をへだてて」1956年の日本と86年の日本、8月15日で切り取り対比したグラフィック・レポート。
扇谷正造 A2-199 現代ジャーナリズム入門 角川文庫 昭和47年 C:B ¥350
著者は昭和10年に新聞社に入り43年に退社。昭和のジャナーリズム史でもあり文章・インタビュー・真実に迫る取材、などの体験を説いたものですがいい本です。「かけだし時代」に徳川夢声と高峰秀子の対談の思い出話があり「白粉気もなく、逆三角形のオニギリみたいな顔に眼だけがバカに澄んでいる」と高峰の初印象が綴られています。
新延修三 A2-907 ぐらふ記者 有紀書房 昭和34年 C:B ¥1,200
「洞爺丸の遺体にわびる」「第五福建竜丸事件始末記」「二度新婚列車に乗る」「三島由紀夫の新婚旅行」「新宿のうなぎ騒動」ほか。
古谷綱正 A2-876 新聞作法 ジャーナリスト的ものの考え方 光文社 昭和32年 C:B ヤケ・シミ ¥1,200
体験的文章作法を説きながらの青春回顧、カッパ・ブックス。
本橋信宏 A2-879 裏本時代 飛鳥新社 1996年 C:B 帯 ¥500
1980年代をドキュメント、あの時代を振り返るときに欠くことの出来ない本。
テレビ疾風怒涛
早坂暁 A2-411 テレビがやって来た! NHK出版 2000年 C:A 帯 
¥2,500
創生期からテレビの黄金時代をたどる「私的テレビ文化史」。青島幸男 せんぼんよしこ 高橋圭三 中村メイ子 川口幹夫らとの対談をはさんで「現場」をすくいあげていく。テレビ番組史の代表的な著作として残る本だと見ましたが・・・。
橋本潔 A2-873 テレビ美術 セットデザインと映像の可能性を求めて 1952~1995 レオ企画 C:B ¥2000
黒柳徹子 A2-805 トットチャンネル 新潮社 昭和59年 C:B 帯 署名入 
¥1,200
面白半分 A2-267 特集 テレビ、道化師・・・ 面白半分 昭和50年2月号 C:B
¥500
バラエティ番組の元祖 井原高忠と井上ひさしとの対談「テレビほど素敵な商売はない」で井原がプロデュサーは興行師だと語る。
面白半分 B2-901 井上ひさし編集 面白半分 1979(昭和54)年1月号 C:B 
¥500
テレビ六人衆1 井原高忠 アドリブTV論 鴨下信一 テレビ日記1 井上ひさし 一週間テレビメモ 美輪明宏ほか。
奥山侊伸 A2-966 かもめのミナサン 奥山侊伸スタジオ游泳 立風書房 1975年 C:B ¥1,800
「シャボン玉ホリデー」「ゲバゲバ90分」の作者(の一人)。
 
旺文社編 A2-601R 週刊テレビ時代 創刊4月第1週号 旺文社 昭和35年 C:B 
¥1,400
昭和35年の4/2(土)から9日(日)のTV・ラジオの番組表がでていますがいやはやタイム・スリップした感じに突入。大村崑の「鞍馬天狗」や「バス通り裏」「スター千一夜」、「おとなの漫画」「ダイヤル110番」があって「光子の窓」は100回記念の記事が・・・。テレビ情報誌がこのあたりから出て来たのかな? 週刊誌サイズの創刊号。
文藝春秋 A2-981 われらの昭和30年 文藝春秋 平成18年5月特別号 C:B 
¥400
「光子の窓」はテレビの窓(永六輔) 「天才少女トモ子ちゃん」(松島トモ子)「冷蔵庫と洗濯機」(秋山ちえ子)。
小林信彦編 A2-231R テレビの黄金時代 復刻版 昭和62年 C:B ¥1,200
井原高忠インタビュー  ハナ肇インタビュー  植木等インタビュー  座談会(谷啓 大瀧詠一)ほか。 
末盛憲彦 A2-700R テレビディレクター 末盛憲彦の世界 青柿堂 末盛千枝子 昭和59年 C:B カバー端少痛み 私家版 ¥4,500
黒柳徹子も渥美清も永六輔も中村八大も坂本九も坂本スミ子もみんな若かった、伝説のバラエティ番組「夢であいましょう」。語り継がれるディレクター末盛憲彦追想集。
吾妻広己編 A2-966 CDブック 夢であいましょう 主婦の友社 平成2年 C:B 帯 CD付属 ¥1,600
CDには「夢あい」から生まれたヒット曲が15曲収められている、出演者リストや写真、あの頃の思い出で綴る。中島弘子が出演者はみんな平等に扱われた、「ほんとうに大家族」のようだったと語る。PR誌「波」の4月号(2015年)で末盛千枝子が末盛憲彦の最期について書いている。

井原高忠 A2-265 元祖テレビ屋大奮戦 文藝春秋 1983年 C:B 帯 
¥4,500
巻末には索引(人名・題名)と井原の主要番組リストも付いてTVヴァラエティ黄金時代の本で歴史に残る数少ない本の一つ。「・・・バラエティというものは、一番日本人が不得意なものなの。・・略・・バラエティの真髄というのは、意表をついた配列にあるのです。」(102ページ) 名言です。この本と「元祖テレビ屋ゲバゲバ哲学」(2009年 愛育社)は文庫にしてもらえないものか、今ですら「元祖テレビ屋大奮戦」は入手しにくくなっているし信じられないことですが図書館にもないところが多いのです。当時の評価については「東京のロビンソン・クルーソ」(晶文社 小林信彦)の「ナンセンス追求の新しい芽」が詳しい。

小坂一也 A2-331R メイド・イン・オキュパイド・ジャパン 河出書房新社 1990年 C:B ¥3,500 
占領下の6年間に少年期を送った著者の「自己確認のための回想」。読後感はさわやかの一語、「テレビの黄金時代」(文春文庫 小林信彦)にも井原高忠のバンド時代を活写した「みずみずしい自伝」だとあります(第三章)。
田村隆 A2-809 天下御免のワースト番組 平成19年 C:A 帯 献呈署名入 
¥1,600
日本テレビ A2-903 ワイドショー 11PM 深夜の浮世史 日本テレビ 昭和59年 C:B ¥5,000
サブタイトルのThe Shabadaba Historyにニンマリされる方も多いのではないでしょうか。昭和40年から58年までのドキュメント、今から眺めるとオッと懐かしい場面(写真)が多くてまさに「浮世」の如く。日本テレビならではのオトナの雰囲気と個性があった番組。  
週刊TVガイド編集部編 A2-258R 昭和30年代のTVガイド  ごま書房 昭和58年 C:B ¥2,000
藤井夏 A2-998 若者たち 高校生新書(三一書房)1966年 C:B 帯 ¥800
TVドラマ「若者たち」といえばある年代の人たちにとっては忘れられないドラマ、佐藤家一家5人の青春の時代。山内久 立原りう、多賀祥介に著者が加わって小説にしたもの。
dankaiパンチ A2-991 昭和を彩った「テレビ50選」 飛鳥新社 2008年6月号 C:A ¥400  
この号の見ものは泉麻人らが選ぶTV50選と杉山登志のページ、特集は「いまこそ理想の書斎を手に入れる」で結構愉しめる。
泉麻人 A2-26R 泉麻人の僕のTV日記 ちょっといい84の話 文化創作出版 C:B 帯 ¥1,400
名著。風俗考察の装いですが優れた時代観察を通り抜けて社会学まで入り込む。リアル・タイムでテレビを見続け、さらに「資料室」にもぐりこんで資料漁りに没頭しただけのことはあります(あとがき)。60年代のバラエティ番組がクレージーキャッツに象徴されるのに対して70年代は(ザ・ドリフターズではなく)「せんだみつお」だと著者はいう。「力石徹」の死と学生運動のそれとを重ね合わせる指摘など時代と社会風俗が透かし彫りのように鮮やかに浮かびあがる。

泉麻人 A2-37R 泉麻人の僕のTV日記 新潮文庫 平成6年 C:B ¥500
記憶が鮮明によみがえった昭和TVグラフィティ。テレビ事件までフォーロしています。
TVガイド A2-183 表紙で振り返るテレビ50年 入荷準備中 東京ニュース通信社 平成15年 C:  ¥
佐々木隆信 A2-40 ぼくはCMディレクター 講談社文庫 昭和61年 C:B ¥300
石井ふく子  A2-41 お蔭さまで 世界文化社 1993年 C:B 帯 ¥700
石井ふく子  A2-42 明日のために 鎌倉書房 昭和52年 C:B 帯破れ補修 ¥700
横澤彪 A2-998 バラしたな!ハイざんげ フジテレビ出版 昭和59年 C:B 
¥1,400
表紙画は北野武、<売れる本の条件というのはそのままTVにも当てはまる、嗅覚が決め手だ>とある(42-43ページ)。この1冊で80年代の芸能(界)と風俗の最前線を掴むことができる。勢いというのか上昇気流に乗っているこの感覚は資(史)料としても価値あり。
児玉隆也 A2-46 テレビ見世物小屋 いんなあとりっぷ社 昭和50年 C:B ¥800
「週刊TVガイド」昭和47年~49年にかけて連載されたものの再編集版。
和田勉 A2-109 女優誕生 新潮社 平成4年 C:B ¥600
昭和という時代
文藝春秋編 A2-7 美空ひばり 歌う女王のすべて 文春文庫ビジュアル版 1990年 C:A ¥500
日本コロンビア編 A2-981 美空ひばり大全集 日本コロンビア 1988年 C:B 
¥300
CD10枚組の「美空ひばり大全集」の収録曲の全歌詞を収めた手引書、四六判96ページ。
有田芳生 A2-8 歌屋 都はるみ 文春文庫 1997年 C:B ¥300
田端義夫 A2-82 オース!オース!オース! バタヤンの人生航路 日本放送出版協会 1991年 C:B ¥500
宮路おさむ A2-991 ど演歌マイ・ウェイ 廣済堂出版 昭和61年 C:B 帯 署名入 
¥1,000
丸山鐡雄 B1-993 歌は世につれ みすず書房 1983年 C:B ¥1,700
著者はNHK芸能局プロデューサーで「東京新聞」夕刊に昭和30、33、35年にそれぞれ連載されたのがもとになっている。装丁、写真、本文ともにていねいに作られて流行歌と時代がスケッチされている。昭和30年代のディティールが圧巻。
井上達彦・寺内タケシ監修 A3-911 新宿ACB 60年代ジャズ喫茶のヒーローたち 1958-1970 講談社 2003年 C:B ¥1,800
笈田敏夫 A2-996 スワンダフル 桐原書店 1985年 C:B ¥2,000
日本ジャズ・ヴォーカリストの草分けといえばこの方、ジャズについての歩みがそのまま戦前・戦後史に連なる。「昭和二十八年から三十一年頃までの四年間は、完全にジャズが歌謡曲を駆逐した時代」(160ページ)だった。
恵志泰成 A2-420 月がとっても青いから 菅原都々子の歌と人生 にじゅうに 2001年 C:A 帯 ¥1,300
カバー、見返し、グラビアそして本文もていねいな本作りが光る。
浜口庫之助 A2-317 ハマクラの音楽いろいろ 朝日新聞社 1991年 C:B 帯 
¥1,900
音楽家は社会の最前線に立って大衆の立場から鳴らす「人生のラッパ手だ」と書いています。巻末に「音楽に抱かれた十七年間」と題して夫人(かっての映画女優 渚まゆみ!)の追憶がありますが「最初で最後の本」だとは。コンパクトながら「心の言葉」がにじみでた文章には脱帽、そして和田誠の表紙画にも!
週刊読売 A2-812 特別企画 日本人と歌 昭和48年10/6特大号 C:B ¥500
45ページにわたるワイド特集、アンケート 私の好きな三つの歌、座談会「日本人わが心の歌」赤塚不二夫・井上ひさし・砂原美智子・田中小実昌・野坂昭如、春歌考 大島渚ほか。
牧野昭一 A2-996 赤いグラスのいい出逢い 総合企画 1997年 C:B 献呈署名入 
¥700
一風変わった交遊録、著者は「赤いグラス」の作曲家、浅丘ルリ子 裕次郎 田宮二郎 団令子 藤竜也など知られざるエピソードが。

中村八大 黒柳徹子 永六輔編 A2-88 ぼく達はこの星で出会った 講談社 1992年 C:B ¥700
いずみたく A2-300 ドレミファ交遊録 朝日新聞社 昭和45年 C:B ビニールカバ装 小蔵書印有 ¥1,500
いずみたくの「ハダカの自叙伝」、「鎌倉アカデミア」(昭和21年入学)で演劇に熱中、三木トリローと冗談工房の時代を経てやがて作曲家へ。ロマンチストとはこういう方を指すのではないか。和田誠のイラスト(楽譜まで手書き)と装丁も光ります、あまり評価されていない(?)のが不思議なほどの素晴らしさ。
いずみたく A2-89 新ドレミファ交遊録 ミュージカルこそわが人生 サイマル出版会 1992年 C:B ¥700
「ドレミファ交遊録」の続編をまとめたもの。
いずみたく A2-905 体験的音楽論 国民文庫(大月書店) 1976年 C:B ¥500
自作のヒット曲を紹介しながら音楽がどのように出来上がるか、時代と人との関わりが今では懐かしく。
芳村真理 A2-330 私のタイムライブラリー←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 読売新聞社 1989年 C:B ¥700
目からウロコとはこういう本のことかと思わせる。モデルの草分けであるばかりかヌーベルバーク時代の映画女優でもあった。生活やおしゃれを愉しむディテールに目を見張るはず、センスというものを再考させる1冊。
瀬川昌久 A2-182 舶来音楽芸能史 ジャズで踊って サイマル出版会 1983年  C:B ¥3,700
吉田衛 A2-589 横浜ジャズ物語 「ちぐさ」の50年 神奈川新聞社 1985年  C:B 帯 署名落款入 ¥4,700
左ページに写真、右ページに本文のレイアウトで著者でなければ語れない世界が繰り広げられる。
葦原邦子 A2-136 すみれ咲き愛みちて 女の自叙伝 昭和63年 C:B 献呈署名入 
¥1,200
葦原邦子 A2-191 夫 中原惇一 中央公論社 昭和59年 C:B 帯 ¥800
葦原邦子 A2-495 若草の歌 刀江書院 昭和34年 C:B 献呈署名入 ¥1,500
野坂昭如 A2-250 私のタカラズカ 駸々堂ユニコーンカラー双書 昭和52年 C:B ヤケ ¥700
近藤富枝 A2-885 美しい日本の暮らし 平凡社 2002年 C:A 帯 ¥1,000
「少女のころの私はあかりはすなわち家庭であると思っていた。夕方の山手線の電車の窓から遠くの家の灯のチラホラするのを眺めるとき、羨ましさと悲しさの交錯した思いになった。それぞれの家に父と母があり、子供がいて、あかりが灯るということがすばらしいことだと思ったからである。」(「あかりのオブジェ」)
金森トシエ A2-959 家族の四季 台所のティータイム←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています かまくら春秋社 平成4年 C:B ¥400
画期的ですねこのカバー画は・・・著者が「アッと絶句した」とおしまいのページで書いています(イラストレーションはささめやゆき)。1925年生まれで新聞記者を30年、女性センターで10年を過ごしたとある。この世代のまっとうな〝生活と意見〟には時間をていねいに重ねてきた品の良さを感じさせる。初出はタウン誌「かまくら春秋」。この著者の別の本で前付けに写真があってお顔を拝見できましたが、思わず口元が緩みました。
田島ふみ子 A2-10 東京下町新富育ち 草思社 1994年 C:B ¥1,000
著者は大正7年京橋区新富町生まれ。昭和初期の世界。
ふたりのおんな 越路吹雪と岩谷時子
越路吹雪 A2-988 井の中の蛙 創藝社 昭和30年 C:B カバー欠 ¥1,700
越路吹雪の著した唯一の本(新書)、扉にサインがありますが印刷だと思われます。石井好子や高峰秀子への記述もあって(最終章は「デコちゃんの結婚」)越路のパリひとり旅はちよっと苦い。表題は「パリという海に行って、そのうぬぼれがペシャンコになったこと」が収穫だったという(65ページ)想いから。
岩谷時子 A2-107R 愛と哀しみのルフラン 講談社 1982年 C:B 
¥800
なにも足さず引かず時を経て残り続ける想い、その香りというのか品というのか・・・誰もいない誕生日 私の宝塚 好きな季節 二人の素敵な女性 わが青春の越路吹雪さん 哀しみが始まる日 ─なにをたずねて幾千里 以上が目次。「佃島」という詩の一節 「佃の町の かたわれどきは/とろりと しずかで/すだれと猫と銭湯帰りが よく似合う」 回想はいつも青春の宝塚時代、そこは終戦を迎えた場所でもあった。父母の追憶とかけがえのない友への想い。そして「さよなら」へ。乙羽信子「どろんこ半世紀」にも「童女」のコーちゃんについての章があります。“時が流れて輝きを増してくる本というのがある”というのがこの本への印象です。

岩谷時子 A2-551R 愛と哀しみのルフラン 講談社文庫 昭和61年 C:B ¥700
江森陽弘 A2-339 越路吹雪 その愛と死 朝日新聞社 昭和56年 C:B 帯 ¥700
越路吹雪が亡くなったのは昭和55年ですから驚くほどに若く(享年56)、そして遠い記憶のことになってしまった。<入門・越路吹雪>ならこの本です。若き日の手紙や貴重な写真も掲載されている。
岩谷時子 A2-978 岩谷時子作品集 愛の讃歌 山梨シルクセンター出版部 昭和42年 C:B ¥3,500
越路吹雪の「姉よ あなたはエラかった」のいいこと。装丁・挿画 宇野亜喜良
越路吹雪 A2-989 越路吹雪ラストメモリアル 愛の讃歌 ミュージックフェアより<VHSビデオ> フジテレビ 1982年 C:A 53分 STEREO ¥700

話の特集 A2-909 追悼・越路吹雪 内藤法美・岩谷時子 話の特集 昭和56年2月号 C:B ¥700円
「わが妻・越路吹雪」内藤法美(葬儀が終わったばかりの12月14日自宅でインタビューしたものだとあります、「わが友・越路吹雪」岩谷時子。
ジュリー・アンドリュース 岩谷時子(訳) A2-968 マンディ TBSブリタニカ 1979年 C:B ¥1,700
岩谷時子は「私は今までの生涯に二人の素敵な女性に出逢っている」と「愛と哀しみのルフラン」(講談社文庫 143ページ)で書いている。越路吹雪とJ・アンドリュースである、『サウンド・オブ・ミュージック』はあまりにも有名ですがその主演女優が「これほどの作品を書く才能と教養を持っていることにおどろき、感性の瑞々しさに圧倒された」と本書(さらにもう一冊の「偉大なワンドゥードルさいごの一ぴき」)について感嘆の声をつづる。孤児院に住むマンディという名の少女の物語、童話とはいえ厚い本(ハードカバー270ページ)ですが半分くらいまで読み進めると後は坂をころげる感じでページを繰っていける。愛、夢、哀しみ、どのことばも聞きなれたものとはいえそれらの物語が後半炸裂していい大人が読んでもちょっと震えますね、たぶんオリジンにまで触れているからでしょう。少女・少年の頃にこんな本に出逢ったらそれこそ一生の宝物となってその胸に深い杭を打ち込むことでしょう。

ジュリー・アンドリュース 岩谷時子訳 A2-967 偉大なワンドゥードル さいごの一ぴき TBSブリタニカ 1979年 C:B カバー(?)欠 ¥1,800 
三谷宏次編 A2-951 シネアルバム ジュリー・アンドリュース 芳賀書店 1977年 C:B ¥1,200
「清らかなひびき、メルヘンの夢」とキャッチがついています。昭和10(1935)年生れという、岸洋子や久世光彦と同じですね。
越路吹雪/岩谷時子 A2-997 越路吹雪メモリアル 夢の中に君がいる 講談社 1999年 C:A 帯 ¥2,000
「はじめに」で「今秋十一月七日は、越路さんが逝って十九年、二十年忌になる」(岩谷時子)とある、
話の特集 A2-998 越路吹雪/内藤法美 岩谷時子 話の特集 昭和56年2月号 C:B 
¥400
追悼・越路吹雪、「わが妻 越路吹雪」内藤法美 「わが友 越路吹雪」
こころ A3-998 こころ VOL.2 特集 岩谷時子の歌の世界 平凡社 2011年 C:A ¥500
岩谷時子はお元気でしょうか。阿部寧インタビュー 落合恵子 上野千鶴子ほかの文章で構成。阿部寧が岩谷時子の世界の源に東和映画を据えている、注目すべき発言。「こころ」は季刊誌。
訳 岩谷時子 作 カーラ・カスキン A2-995 105にんのオーケストラ すえもりブックス 1995年 C:B ¥700
岩谷時子の最初の絵本、一度読むと時間をおいて不思議ともう一回読み返したくなる。カバーを外すとツートーンカラーのコンストラクション。
サンケイ新聞夕刊スタッフ編 A2-148 ガンと闘ったコーちゃんの120日 昭和55年 C:B スジ跡 ¥400
この時代のトピックスをまとめたもの。他にCM(「それなりに写ります」と長嶋解任の舞台裏。新書サイズ。
サライ A2-967 サライの銀座散歩 小学館 2006年8/3 特大号 C:B 別冊付録(美味処と味土産44軒)付 ¥500
巻頭のサライインタビューに岩谷時子登場。過ぎ去りし日を語り淡々と・・・骨折にもめげず自力で歩けるようになりましたとある。滋味があって慎ましくやわらかでそして底辺の広いこと、岩谷の写真とことばから希望、救いの匂いが伝わってきませんか。
細川俊之 A2-830 マイウェイなんて歌えない NESCO 1989年 C;B 帯 
¥500
昭和グラフィティ=メロディ版 口ずさんだ唄があった、ハミングしたメロディも今は懐かしく。
ディック・ミネ A2-986 わがダイナたち 女交遊録 ロッキー 昭和54年 C:B 
¥1,300
ディック旦那の色懺悔一代記。
ビリー諸川 A2-977 昭和浪漫ロカビリー 聞き書き:ジャズ喫茶からウエスタン・カーニバルへ 平凡社 2005年 C:B 帯 帯補修 ¥700
下敬二郎 守屋浩 弘田三枝子 平尾昌晃 田代みどり 森山加代子 尾藤イサオ 九重佑三子 ミッキー・カーチス・・・キラ星のごとく輝いていたあの頃のスター・インタビュー15人集、写真、人名索引、年表も付いた労作。
山下敬二郎 A2-988 リセット。 人間と歴史社 2002年 C:B 署名入 
¥1,200
一気に読ませる面白さ、ヒトの貧乏・不幸話しが面白いというのは確かですがこの本も相当なもの、とにかく日劇ウェスタンカーニバル旋風がケタはずれ。しかし有頂天時代はほんのわずか、人気にカゲリが見え凋落の一途、劇場からクラブへ、やがてキャバレー、アル・サロ、さらに未亡人サロンへ落ちていく、果ては電話ボックスの下を(小銭を拾い集めるために)見て歩いたとある。不良がロカビリーへ、陰気なオヤジ(柳家金語楼)の息子は生涯現役、つまりは生意気を捨てない。
和田誠 村上春樹 B4-44 ポートレイト・イン・ジャズ 新潮社 1997年 C:A B4-45 ポートレイト・イン・ジャズ2  新潮社  2001年 C:A 帯 各¥1,600(分売)
和田誠 村上春樹 B4-209 ポートレイト・イン・ジャズ 新潮文庫 平成16年 C:B 
¥700
佐藤允彦 A2-552 一拍遅れの一番乗り スパイス・カンパニー 2002年 C:B 
¥900
佐藤允彦 A2-552 一拍遅れの一番乗り スパイス・カンパニー 2002年 C:B 
署名入 ¥1,600
高田渡 A2-945 バーボン・ストリート・ブルース 山と渓谷社 2001年 C:A 帯 
¥6,700  
帯のコピーがこの本をズバリ捉えて見事、「時代は変わっても変わらない男がいる」 表紙画(和田誠)は表裏、そして袖まで続いて感動的、全国をライブで回っていく高田渡は西部劇のさすらいのガンマンのよう。こぼれ落ちるような哲学のことばも魅力的です。
篠山紀信 A2-205 紀信の表紙写真館 1978-1988 朝日新聞社 昭和63年 C:B 帯  ¥2,500
20年くらい先には昭和最後の時代の女性たちの表情を記録したものとして貴重になるか。表紙を飾った「女優」たち。
篠山紀信 A2-287R 篠山紀信写真塾 跳んでごらん! 学習研究社 昭和62年 C:B
¥1,700
「時代とアイドル」を素材に塾長が指南する写真道、巻頭に「アイドル写真20年の軌跡」、CAPA特別編集
テレビ原人名簿録
大山勝美 A2-226 テレビ原人の昼休み 冬樹社 1980年 C:B ¥700
著者は昭和31年にテレビ局に入社、「テレビ原人」とはテレビ第一世代の自負と還るべき起点を指す。
鴨下信一 A2-225 毎日がドラマ感覚 TVランダムノート 立風書房 1992年 C:B 
¥1,000
滝大作 A2-533 おーいNHK コア出版 1988年 C:B ¥600
滝大作 A2-521R 冗談 駸々堂出版 昭和59年 C:B ¥700
前田武彦 A2-325 アイデア話術 私が成功したやり方 KKベストセラーズ 昭和44年 C:B ¥700
話術の本というよりマエタケ・バラエティブックという感じ。 

清水知久 A2-108 1960年代 ことばが語る時代の気分 有斐閣 昭和62年 C:B 
¥1,000
1960年代という捉え方に見られるように著者の目配りはグローバルであの時代の考えや行動、生活を映し出す「ことば」を再現しながら底に流れる時代の足音を聞き取る。この時代の活力は今いずこ。
昭和時代―人文・社会科学書から 
人文書という硬さはなく、かといって軽エッセイでもなく「職」を軸にした記録は社会・世間と切り結び意外な相を見せてくれます。「学者商売」2冊は学者の書いた文章としてこれほど面白いものは珍しいのでは・・・。三國一朗「鋏と糊」に重なるところもあって知的生産または「文化」への接近から貧乏物語までをリアルに描いています。 
野々村一雄 A2-289 学者商売 新評論 1978年 C:B ¥800
最初の刊行は1960年中央公論社から、久しく品切れの後17年ぶりに再刊、現在はオンデマンド出版で入手できるという。蔵書の整理、本を買うこと読むこと、読み方、書き方など歯切れが良くて未だに鮮度が落ちていない。「文章の重さというのは、棄てた部分の重さだ」とは耳が痛い。
野々村一雄 A2-290 学者商売その後 新評論 1978年 C:B ¥800
「学者商売」再刊を機に続編が刊行されたもの、定年退職後の「格闘」を綴った奮闘篇といってもいいくらい。国立から茂原へ移り田園生活の観察と怒り、私大生の教育など。
都留重人 A2-982 官僚と大学教授 勁草書房 昭和26年 C:B ¥900  
都留が「経済白書」に関わったのはこの時期、官僚というのはその体験を指すもの、タイトルはいかめしいけれど日々雑録のような短文集でさすがに視野は広い。
生活の随筆7 A2-291 職 筑摩書房 昭和37年 C:B 函入 ¥1,000
編集の良さ、学者商売(野々村一雄) 私は司会者(三國一朗) セールスマン(堀誠) 事件記者と犯罪の間(三田和夫)ほか。抄録。
安原顯篇 A2-151 戦後50年と私  メタローグ 1995年 C:B 帯 ¥500
戦後50年と現在(1995年)をそれぞれの年代の方が振り返る。水田洋が「右も左も中間も、見わたすかぎり思考停止である」と書いている、思考停止は排他性と順応主義を育てジャーナリズムをもまきこんでいるとも(「日本沈没を期待する」)。さて、10年を経た現在は21世紀に入ってどう変わったか。
升本匡彦 A2-931 明治・大正の西洋劇場 横浜ゲーテ座 岩崎博物館 1986年第2版 C:A 謹呈印有(岩崎博物館) ¥1,700
回想の昭和
根上淳 ペギー葉山 A2-582R 代々木上原めおと坂 立風書房 1987年 C:B 
¥1,600
淳とペーギーが交互に綴ったご夫婦の記録ですが読後感さわやかな名著。戦前戦中そして戦後の昭和時代の風俗、交友など周辺も詳しくどこか品があって誇り高い庶民と同じ匂いがありますね、このおふたり。
ペギー葉山 A2-812R 歌う看護婦(シンギング・ナース) 夫を在宅介護 愛とバトルの二千日 光文社KAPPA BOOKS 2004年 C:B 署名入 ¥1,200
81歳の夫を支えるまもなく71歳(この本の当時の年齢です)になる妻の介護ドキュメント。ご夫婦の乱れ飛ぶやりとりがおかしくて悲愴感やジメジメしたやりきれなさを吹き飛ばす“明るい介護入門”。しかし糖尿性脳梗塞、痛風、白内障、糖尿性腎症、腎不全、人工透析へと夫がたどってきた病いは実は深刻なもの。老いていくということ、老いて病気になるということ、それぞれの症状が具体的に記録され医師の対応がリポートされ自宅で介護することの一部始終が綴られる。この本の良さは深刻な事態をつつみ希望へつなぐ明るさ、透析が始って夫を風呂に入れる場面─やっとの思いで湯ぶねに入れたがどうやって出すか、息子と二人がかりなら出来るのだけれど風呂へ入れるときは「わたしも生れたままのスタイル」だからそうもいかない、水着でも着て入ろうかとたずねたら「夫がすばやく反応しました。」「それじゃ、風俗嬢じゃないか、見たかねぇや」(212ページ) 
滝田ゆう A2-106 昭和夢草紙 新潮社 昭和55年 C:B ¥1,500
滝田ゆう A2-930 さらば墨東夢明かり 講談社 1990年 C:A 帯 ¥1,000
小林亜星 滝田ゆう画 A2-885 あざみ白書 サンケイ 昭和55年 C:B 帯 
¥1,600
金子光晴 A2-257 ほりだしもの めでたき御代のおはなし 大和書房  昭和50年  C:B 函入 ¥1,400
村木与四郎・村木忍/浜野保樹 A2-105 東京の忘れもの 黒澤映画の美術監督が描いた昭和 晶文社 2002年  C:A 帯 ¥1,800
現代用語の基礎知識2003別冊付録 A2-950 ニッポン風俗・芸能グラフィティ 自由国民社 2003年 C:B ¥400
彷書月刊 A2-551 特集 少女たちの小部屋 弘隆社 2002年2月号 C:B ¥400
「アンケート 少女時代の『私の宝物』」「対談 ありし日の『少女文化』を追って」(森まゆみ・川崎賢子) 追悼 江戸家猫八さん(秋山裕美)。  
早乙女勝元 永島慎二 A2-993 恋人たちの絵本 すばる書房 1975年 C:B 見返しシミ ¥700
菊田一夫 A2-552 落穂の籠 遺稿・演劇随想集 読売新聞社 昭和48年 C:B 
¥1,200
芝居あれこれ あの人この人 私事片々 わが人生─思い出の記
西條八十 A3-998 唄の自叙伝 小山書店 昭和31年 C:B 函入 シミ・ヤケ 
¥1,500
松山巌 A2-116 乱歩と東京1920 都市の貌 PARCO出版 1984年 帯  C:B  
¥1,700
乱歩の旺盛な著作活動は1920年代、その時代は今日に続く都市文化の胎動期ではないか、その原像を訪ねる旅。収められた多くの写真がその「貌」を伝えている。
ノーサイド A2-117 特集 アメリカの贈り物 文藝春秋 1995年3月号 C:B 
¥700
陽気で豊かなアメリカ、戦後の時代を彩り憧れと夢を育んだ人たちと文化を回顧。50年代から60年代初期のグラフィティ。「君美わしく」は淡島千影の登場。
サライ A2-455 特集 占領下のニッポン 小学館 1991年3/21 C:B ¥400
「1945年に始まった、たった7年間の異文化の支配。」食、音楽、ファッション、雑貨がもたらした文化にスポットをあてる。
嵐山光三郎 A2-957 口笛の歌が聴こえる 新潮文庫 昭和63年 C:B 帯 
¥1,200
ノーサイド A2-963 特集 ビートルズ同時代 文藝春秋 1995年11月号 C:B 
¥900
座談「三島由紀夫 善意の素顔」(徳岡孝夫 美輪明宏 半藤一利)は表と裏の三島を浮き彫りにして「素顔」を示す。「君美わしく」は高千穂ひづる。ビートルズ特集はあの時代を共有した多彩なレポートと証言がいっぱい。
植木等 A2-107 夢を食いつづけた男 おやじ徹誠一代記  朝日新聞社 昭和59年 C:B 帯 ¥1,200
労働運動、社会主義、全国水平社運動など社会問題のすべてに関わりながら天衣無縫の人生を送ったオヤジ一代記。その思想の根本は「人間平等」だったという。心棒がズィッと貫かれているような人。大正デモクラシィが起点になるようだ。湿った情緒やセンチメンタリズムの入り込むスキがない。
山田風太郎 A2-20 戦中派不戦日記 講談社文庫 昭和60年 C:B ¥800
山田風太郎 A2-970 戦中派不戦日記←予約オーダ中のためただ今ご注文の受付けを停止しています 番町書房 昭和46年 C:B カバー端擦れ ¥1,500
世に出た最初の単行本がこれ。

山田風太郎 A2-240 同日同刻 太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日 文春文庫 1986年 C:B ¥600
山田風太郎 A2-423 コレデオシマイ 角川春樹事務所 1996年 C:B 帯 ¥700
別冊新評 A2-289 全特集 山田風太郎の世界  新評社 昭和54年 C:B 
¥2,300
奈良本辰也、色川武大、中島貞夫ほか。風太郎ミニ・エッセイ集・私を語る。
芸術新潮 A2-254 特集 写真家が選んだ昭和の写真 ベスト10 新潮社 1989年7月号C:B ¥600
文藝春秋 A2-936 昭和を彩った100人 文藝春秋「日本の顔」傑作選 文藝春秋 平成17年 C:B 非売品 ¥800
松本徳彦 A2-255 昭和をとらえた写真家の眼 戦後写真の歩みをたどる 朝日新聞社 1989年 C:B ¥700
笹本恒子写真集 A2-295 きらめいて生きる 明治の女たち 清流出版社  1996年 C:B ¥1,200
明治生まれの60人、1990年代に撮影されその時点でカクシャクとして生きぬいていた女たち。
石黒敬章編 A2-297 総天然色写真版 なつかしき東京 講談社カルチャーブックス  1992年 C:B 帯 ¥600
華房良輔 A2-993 らくがき闘争 青春出版社プレイブックス 昭和45年 帯 C:B 
¥1,000
大学闘争あるいは紛争の時代(1968年頃から70年代はじめ)にバリケードやトイレなどで採集した大学落書き写し書き集。珍本。

週刊朝日増刊 A2-236 わが家のこの一枚」に見る日本百年 朝日新聞社 1975年 3/25 C:B ¥600
文人たちへの追想
写真 垂見健吾 文 半藤一利 A2-290 昭和史の家 文藝春秋 1989年  C:B 帯 
¥2,300
昭和時代の著名人が住んでいた家を訪ね、家を軸に足跡をたどり風貌を偲ぶ。夢声、川端、長谷川一夫、大河内傳次郎、谷崎、三島、水原茂など24名。
篠山紀信 A2-172 作家の仕事場 新潮社 昭和61年 C:B 帯 カバーヤケ シミ  
¥2,000
写真と人物評伝からなる共同創作集。書斎の写真集といってもいいけれど作家評の人選がいい。田中小実昌-殿山泰司(「オレたちのコミサン!!」)、星新一ー和田誠、山田風太郎ー色川武大、向田邦子ー山口瞳など。全編カラーの写真を眺め読んでいくと昭和の彩りがくっきりと。
小説現代 A2-913 創刊500号記念現代作家大全集 新潮社 昭和61(1986)年2月号 C:B ¥600
「処女作の頃 500字エッセイ」「小説新潮名作図書館」石坂洋次郎(群ようこ)内田百閒(江國滋)藤原審爾(色川武大)ほか。「ひと昔ずつ40年 漫画特集」杉浦幸雄 安西水丸。
文藝春秋編 A2-233 作家の顔 「文壇エピソード・写真館」文藝春秋 平成元年 C:B 
¥1,500
昭和文壇史。写真がいいですね、それと昭和10年からの芥川賞・直木賞年表が面白い。特に選考の評。A4判。題字は松本清張による。
榊原和夫 A2-922 榊原和夫の現代作家写真館 公募ガイド社 1995年 C:B 
¥1,500
人物スナップ 仕事場(書斎) 原稿 小説あるいは文学についてのエッセイで構成された55人の作家たち
季刊「銀花」編集部編 A3-925 “手”をめぐる四百字 文化出版局  2007年  C:A 帯 ¥1,000  
副題は「文字は人なり、手は人生なり」。四百字詰めの原稿用紙に埋められた手書き文字(タイトルを記した最初のページ)がそのまま読める大きさで掲載されている。「こぶし」と付けられた章には野坂徹夫 赤瀬川原平 石牟礼道子 辰巳芳子 村田喜代子 山根基世 角田光代の肉筆が。初出は季刊「銀花」百号からで文学、美術工芸、芸能など二百余名に上るという(「あとがき」)。帯に「その手の跡をたどれば、書き手の息づかいが聞こえ、生きる姿があらわれる」。美しい角背ハードカバー、ていねいな編集にも注目。
週刊金曜日編 A2-991 100人が選んだ究極の「一字」 金曜日 2006年 C:A ビニールカバ装 ¥1,000
「今、ひとつだけ字を書くとしたら?」何を書きますか。初出は「週刊金曜日」連載の「一字一会」 毒と書いた岸田今日子 普はイッセー尾形 神は忌野清志郎 時は羽田澄子・・・実際に描いた文字が大きくでてそのキャプション(理由や説明)があります。
長部日出雄 A2-775 振り子通信 津軽書房 1990年 C:B 帯 ¥1,200
昭和55(1980)年から63(1986)年にいたる時代と身辺の雑記帳。
文藝春秋編 A2-218R ノーサイド 特集 ベストセラー再読 文藝春秋 1996年3月号 C:B ¥600
昭和21年から60年までのベストセラーを今の眼で読み返してみるという企画。驚異的なのは「窓ぎわのトットちゃん」、ピーク時には毎日20万部刷っていた、平台(オフセット印刷のことでしょう)だったのが間に合わなくなり高速輪転機に切り替えたと当時の編集者談。「全国に約八千の書店があるとして、週に1冊でも売れれば中ヒット、一日に一冊売れたら大ベストセラーですよ」とは説得力があります。「君美わしく」は司葉子、「数寄屋橋慕情」の森本哲郎・加藤武・半藤一利も読ませます。
アサヒグラフ別冊 A2-289 井伏鱒二の世界 文藝春秋 1992年 C:B 端折れ 
¥1,200
ブルーガイド編集部 A2-303 あの人の眠る場所 東京のお墓めぐり 実業之日本社 2001年 C:B 帯 ¥600
コース別、寺別、人名索引付きのお墓ガイド。
「 不滅の弔辞」編集委員会 A2-917 不滅の弔辞 集英社 1998年 C:A 帯 
¥1,000
告別式や送る会で遺影に捧げられた弔辞集、松田優作に原田芳雄が裕次郎に勝新が逸見政孝に山城新伍が大杉勝男に張本勲が杉村春子に北村和夫が三船敏郎に千秋実が語りかける。
寺山修司編 A2-975 恋なき子 あなたの詩集6 新書館 1973年 C:B 
¥1,300
ブックデザインは宇野亜喜良。
田中未知 A2-877 寺山修司と生きて 新書館 2007年 C:A 帯 ¥950
最近刊行された寺山の評伝に対して「苛立ちを書かずにはいられない」(20ページ)。
サントリークォータリー A2-878 インタビュー<スキャンダルの素顔>寺山修司 サントリー 1982年季刊13号 C:B ¥600
寺山へのインタビューの副題は「“日常性”を挑発する戦略」
大山のぶ代 A2-927 夕食ばんざい 食卓が家族をつなぐトーク&クッキング リビングマガジン 昭和57年 C:B 帯 ¥1,200   
家族の夕飯風景 レシピ インタビューの構成、東八郎夫人 佐藤蛾次郎夫人 近江俊郎夫人 芦田淳夫人 フランキー堺夫人などなど時代を感じさせるわが家の夕飯。

別冊NHKきょうの料理 A2-702R 昭和のおかず 日本放送出版協会 2003年 C:B ¥800
インスタントラーメンが発売された昭和33(1958)年が「きょうの料理」テキストが創刊されたとある、「名物先生。人気の味を再現」には阿部なを 飯田深雪 辰巳浜子らの思い出の味を紹介。
阿部なを A2-949 おばあちゃんの台所修業 鎌倉書房 昭和60年 C:B ¥1,200
昭和34年、48歳でデパート(上野松坂屋)に店を出し、55歳でNHKに出演したとある、人形作家にして料理家でもあった阿部なをの世界。
阿部なを A2-996 阿部なをの日々のおかず帖 NHKきょうの料理シリーズ 1996年 C:B ¥700
阿部なをは1996年9月27日に逝去、その年の暮れに新たに編集された一冊全部阿部なを集。
枝本なほみ A2-998 枝本なほみの料理がピッとうまくなる ちくま文庫 2009年 C:B ¥400
師との運命の出会いだけでも読む価値あり、パーティ会場で阿部なをと初めてことばを交わし「もうここから動きたくない、なをさんの隣にずっといたい」と綴る。余談ですが運命の出会いといえば加賀見幸子と久保純子のそれも外せない、阿川佐和子の対談シリーズに収録されています。

山口瞳 A2-54 行きつけの店 新潮文庫 平成12年 C:B ¥300
本田由紀子編 A2-149 老舗饅頭 [創業百年以上] 小学館 1995年 C:B ¥400
伊勢人 A2-908 特集 赤福のれん 伊勢文化舎 2006-7年新春号 NO.154 C:B ¥800  
2007年に創業300年を迎えた伊勢の赤福特集。
監修大河内昭爾 A2-150 東京おいしいもの文学散歩 漱石・鴎外から昭和まで 婦人画報社 1994年 C:B ¥400
高見順ほか,帯のコピーは「お好焼とともに50年 高見順の名作『如何なる星の下に』の舞台浅草の『染太郎 女主人の“はる”さんを、オペラ、芸人、踊り子、文士、ジャーナリストなど熱きファンが綴った思い出ばなしのかずかず・・・」とある。秋山庄太郎 江戸家猫八 小沢昭一 田崎潤 中川一政 淀橋太郎 本田靖春 正邦乙彦 望月優子などなどとても書ききれないほど。 
★昭和時代探訪古書店★

最新情報
古書藍書房TOP
A 昭和の時代と日本映画
日本映画黄金時代
昭和という時代 
奇人・変人・天才


B こんな人たちがいた
とてもかなわない人たち
高峰秀子本

対談の時間
イラスト・写真がいっぱい

C 文庫三昧
文庫の読み方
こんな文庫がいた

ご注文の流れ
古物営業法および通信販売法についても記載しています
泉麻人 A2-169 僕の昭和歌謡曲史 講談社 2000年 C:B ¥1,500
カバー 峰岸達。歌謡青春史の傑作。
金子修介 A2-457 失われた歌謡曲 小学館 1999年 C:B ¥900
1955年生、「独断と偏見」に満ちていて堂々としているところがスゴイ。共に生きた時代の昭和歌謡曲史、抱腹絶倒の名著。
森まゆみ A2-538 昭和ジュークボックス 旬報社 2003年 C:A 帯 
¥1,400
著者の本に「抱きしめる、東京」というのがありますがこのジュークボックスには抱きしめたくなるような懐かしさと痛みが・・・。 
立川談志 A2-837 談志絶唱 昭和の歌謡曲 大和書房 C:A 帯 ¥1,200
はしだのりひこ A2-992 モお父さんゴハンまーだ 教育史料出版会 1986年 C:B 薄ヤケ ¥1,000
インド旅行から帰ると妻は入院していたという驚きから物語はスタートする、主夫稼業の顛末をつづるドキュメント。
週刊平凡臨時増刊 A2-206 ヒットソング ’75/歌のアルバム 平凡出版 昭和50年1月 C:B ¥800
ソニー・マガジン編 A2-859 なつメロ ヒット曲 ザ・プロマイド ソニー・マガジンズ 1994年 C:A 帯 ¥700
天知真理から松田聖子の時代のアイドル歌手をプロマイドと歌詞でまとめた文庫です。 
森山良子 A2-76S ま、いいか 毎日新聞社 C:B 署名入 1999年 ¥1,200
意外性に富んだ名著、この本にも人名索引があってしかるべき。「泉谷とユーミンの『ノーノーボーイ」』はすごかった」(ザ・パーティ)とありますが、聴いてみたいなァ。和田誠の表紙画の良いこと、特筆ものです。
松任谷由実 A2-903 DA・DI・DA YUMING VISUALIVE 1985-86年 C:B ¥1,000
コンサートのパンフレット。
月刊カドカワ A2-985 総力特集 森高千里 清清しい季節 角川書店 1994年9月号 C:B ¥500
「完全保存版全50ページ」は天才少女・森高の聞き書き、アルバム解説、私と楽器、歩みなどで構成される。このアーティストが残したものは想像を超えるのでは? 
イルカ A2-77 とんがらし 八曜社 昭和50年 C:B ¥400
南こうせつ A2-78 愛の塩焼き 八曜社 昭和48年 C:B ¥300
谷村新司 A2-79 蜩 ひぐらし 八曜社 昭和50年 C:B ¥300
愛川欽也 A2-129 じんじろげの詩 立風書房 1972年  C:B 帯 ¥600
東由多加 A2-160 地球よとまれ、ぼくは話したいんだ 講談社文庫 昭和56年 C:B 帯 ¥700
60年代後半の焼きつくすような青春の燃焼が・・・熱い本。解説は小椋佳。
喜多條忠 A2-130 神田川 新書館 1974年 C:B ¥600
阿木燿子 A2-241 プレイバックPARTⅢ  新潮文庫 昭和60年 C:B ¥500
阿木燿子の詩×篠山紀信×山口百恵。
なぎら健壱 A2-75 日本フォーク私的大全 ちくま文庫 1999年 C:B ¥500
カムジン A2-915 フォーク大全集 産経新聞社 2005年5月号 C:B 特典CD付 
¥500
泉麻人 A2-80 僕の昭和歌謡曲史 講談社文庫 2003年  C:B ¥300
ゴシップ・ジャーナリズム 下世話と評判される芸能ニュース」もジャーナリズムの一つの姿。たかが芸能のスクープではないか、に対して時代とともにそれは変化していくものであり先取りされたものは世の中を活性化させ変化を後押しするのではないか、と云う。毒っ気を含んだ本がもつ面白さが弾む(?)。
竹中労 A2-983 タレント残酷物語 スターを食いものにする悪い奴は誰だ エール出版社 昭和54年 C:B シミ ¥2,800
竹中版<黒い画集 芸能界編> 芸能プロダクションの構造、巨額の負債に翻弄されるスター、凋落のアイドル。
竹中労 A2-52R エライ人を斬る 各界トップスターを総撫斬りする 三一書房 1971年 C:B ¥800
加東康一 A2-429 スキャンダルの昭和史 話の特集 1985年 C:B 背少歪み 
¥800 
敗戦直後から東京オリンピックまでの芸能(界)事件簿に社会・世相をかぶせていく。写真が豊富。
梨元勝 須藤甚一郎 前田忠明ほか A3-931 芸能レポーターの逆襲 おしりペンペンだぁ。 日本文化出版 昭和59年 C:B ¥700
ロス疑惑 投資ジャーナル 大麻にあんなハナシやこんなハナシの1984年芸能事件簿大座談会。
梨元勝 A2-229 梨元にいいつけるぞ」 芸能界名物レポーターの突撃エッセイ 講談社 昭和55年 C:B ¥1,000
梨元勝 A2-495 梨元勝のスキャンダル生中継 毎日新聞社 昭和58年 C:B ¥800
梨元勝 A2-230 「恐縮です」で25年 ワイドショー最前線・芸能スクープ史 テレビ朝日 1992年  C:B 帯 ¥1,200
梨元勝 A2-241 ここまで書いたら怒られる あッ!と驚く芸能族 ベストセラーズ 1985年 C:B ¥500 
保坂貢 A2-247 スターダストメモリー 芸能事件記者日誌 光文社 カッパホームズ 昭和59年 C:B ¥500 
杉浦孝昭 A2-430 おすぎの猛毒!! 芸能界てんやわんや カッパホームズ 昭和59年 C:B ¥1,000 
週刊女性 A2-828 愛と涙のメモリアル50年史 主婦と生活社 2007年 C:B 
¥700
週刊女性創刊50周年記念 1957年から2007年にわたる芸能グラフィティ。
森まゆみ A2-33 谷中スケッチブック 心やさしい都市空間 ちくま文庫 1994年 C:B ¥400
山本夏彦 久世光彦 A2-11 昭和恋々 清流出版 1998年 C:A 帯 ¥1,000
朝日新聞社会部 A2-14 有楽町有情 未来社 1981年  C:B ¥1,000
泉麻人 A2-373 青春の東京地図  晶文社 2001年  C:A 帯 ¥900 
1956年生まれの著者が綴るチョット昔の東京案内。どうってことのない文章なのに青春の時代と昭和が重なり、ヒトコマごとにあの頃の空気が甦る。  
黒田征太郎 A2-864 友だちのつくり方 主婦と生活社 昭和48年 C:B ¥600 
著者の最初の本だと思われますが半自伝。 
泉麻人 なぎら健壱 町田忍 やくみつる A2-172 いいだろ?これ 娯楽四天王が綴る仕事・趣味・生き方 IMS出版 2002年 C:A 帯 ¥700
あきれるほどにバカバカしくておかしい、少年時代から今日までを振り返るとなれば話題は当然、昭和30年代に。みんな何がしかのコレクターなのですが牛乳瓶だとか納豆ラベル、食堂のナプキンとか、たあいもないところがいい。  
昭和30年代探訪 昭和30年代気分満載
永倉万冶 A2-7 新・昭和30年代通信  小学館 昭和61年 C:B 帯 ¥1,600
力道山からビートルズまで「1955-1964」のメモリ-。心に刻み込まれた原っぱの思い出は消えない。帯に「面白くて、懐かしくて、妙にヤル気のでてくる<昭和30年代の心>」とあります。昭和30年代の明るさ、元気、今の若者が好む文化の原形がこの時代にあったという著者のことばに納得。この時代に少年期・思春期を送った世代にはたまらない1冊。
永倉万冶 A2-21R 昭和30年代通信 ちくま文庫 1990年  C:B シミ ¥600
なぎら健壱 A2-69 東京昭和30年下町小僧 データハウス 1988年 C:B 小口ヤケ ¥1,500
雑誌の付録のような感触と表紙にあふれる30年代グッズに「!」。昭和30年代の下町の生活、その匂い、音、路地のあちこちは子どもたちの遊び場所だった。東京オリンピックとともに昭和の下町も大きく変わっていった、失ったものは幻か。
なぎら健壱 A2-12R 東京昭和30年下町小僧 ちくま文庫 1994年 C:B ¥500
荷風! A2-978 特集“昭和30年代”東京 日本文芸社 平成18年 VOL.8 C:A ¥500
前田武彦に聞く「テレビ黎明期の人気番組を見る」昭和30年代の隠れファンが選ぶ「わが映画女優」(北川れい子 芦川いづみは第2位!) 都電 東京タワー 東京五輪 駄菓子屋。
なぎら健壱 A2-16 東京酒場漂流記 ちくま文庫 1995年 C:B ¥500
なぎら健壱 A2-18 ぼくらは下町探検隊 ちくま文庫 2003年 C:A ¥500
なぎら健壱 A2-143 大江戸アウトドア 洋泉社 1997年 C:B ¥1,200
中野翠 A2-253 我楽多じまん なごみの懐かし雑貨 祥伝社 平成16年 C:A 帯 
¥700
昭和40年代以前の「我楽多」には「何とも言えず、心がなごむ・・・ダサくてもチャチでも、私にとっては存在の根っこにあるもの・・・」(はじめに)。だからおかっぱ少女の羽子板とか木工のブックスタンド、ゆかた美人の絵のうちわにトキメクのですね。
平野理恵子 A2-420 わたしの和道具帖 清流出版 2005年 C:A 帯 ¥600
副題「懐かしいけど現役だい!」
高田喜佐 A2-421 暮らしに生かす江戸の粋 集英社Be文庫 2003年 C:A 
¥300
原一男・疾走プロダクション編 A2-162 ゆきゆきて神軍 製作ノート+採録シナリオ 話の特集 1987年 C:B ヤケ ¥800
宮城まり子 A2-713 まり子のテレソン 三笠書房 昭和50年 C:B 帯  ¥900
昭和50年3月21日、日本で最初のチャリティ・テレソン25時間の記録。
堀隆次 A2-316 刑事(デカ)根性 恒文社 昭和41年 C:B ¥1,200
戦後の事件史にかかわった30余年の捜査秘録。
松田道雄 A2-808 巨視的しつけ法 幼児の育て方 筑摩書房 昭和39年 C:B 
¥600
松田道雄 A2-989 こんなときお母さんはどうしたらよいか 暮しの手帖社 昭和45年 C:B ¥800  
新書判よりいくらか大きいサイズのコンパクトな本(本文210ページ)、ハシカ オタフクカゼ ヒキツケ 夜泣き さかまつげなどなどお母さんからの手紙に答える。その症状についてだけでなく周辺や生活にまで広げ核心を外さない。医療の進化がいかほどであれ根本はここ、「こうしたらいい」がリアルに判る。
山田宗睦 A2-238 危険な思想家 戦後民主主義を否定する人びと カッパブックス 昭和40年 C:B ¥400
文藝春秋 A2-979 特別企画 安保と青春 されどわれらが1960 文藝春秋 平成22(2010)年12月号 C:B 
樺美智子 人しれず微笑まん 樺美智子遺稿集 三一新書 1960年 C:B
樺光子編 友へ 樺美智子の手紙 三一新書 1969年 C:B ¥1,000(3冊セット)
2010年12月号の文藝春秋「安保と青春」特集を「樺美智子遺稿集」「友へ 樺美智子の手紙」と重ねて読んでみるとこの隔たりは一体何だろう、どうにも埋めようがない断絶と違和感・・・樺美智子の時間は1960年6月で止まったまま、 その時間は解き放たれたことがあったのだろうか、それとも過ぎ去っていった時代の点景にすぎないのか? 樺の2冊は政治の季節のモニュメンツとして読まれてきたと思われますが時代の匂いがプンプンしていますね、この時代のド真ん中の匂い。勉強一途な女学生の<生活と意見>の何という真面目さ、たぶんマジメだったのは樺だけでなくこの時代の日本人の姿そのものだったのかもしれない。しかし、60年安保から数年後の日本は政治の季節から経済の季節へとなだれ込んでいく。
島成郎 島ひろ子 A2-993 ブント私史 批評社 2010年(新装増補改訂版) C:B 帯 ¥600 
古川録波 A1-77R 悲食記 学風書院  昭和33年 C:B カバー欠 ¥1,400
真ん中にロッパのイラストレーションとタイトルと著者名が刻まれている、カバーはどんなデザインだったのか? 角背の四六判。
八尋不二 A2-363 京の酒 駸々堂 昭和46年 C:B ¥700
「酒徒列伝」には京都の活動屋たちをはじめ関西文化人や若き日の田辺聖子の顔まで。
マイクック A2-962 特集 スープとシチュー 日本割烹学校出版局 昭和44年2月号 C:C 表紙痛み ¥500
表紙 和田誠 題字 佐野繁次郎 随筆 黒柳徹子 林忠彦 対談は那須良輔 矢口純 女流 瀬戸内晴美 男流 川端康成
日本テレビ編 A2-996 ごちそうさま 第2集 日本テレビ放送網立風書房 昭和48年 C:B 帯 献呈署名入(高島忠夫 寿美) ¥1,200
スターの自慢料理が主に料理中の写真入りで掲載されています、青島幸男 十朱久雄・幸代 南田洋子 金子信雄ほか大勢。ハードカバーA5変型版。
伊藤精介 A2-49 銀座名バーテンダー物語 中公文庫 1999年 C:B ¥500
吉村平吉 A2-298 浅草のみだおれ 三一書房 1997年 C:B ¥700
野中花 A2-62 昭和・奇人、変人、面白人 酒の肴100人たち 青春出版社 昭和58年 C:B 新書版 ¥700
山口洋子 A2-998 あの日に帰りたい 昭和、愛しき日々よ イーストプレス 2008年 C:A 帯 ¥400
「まえがき」に夕暮れ時のバスのなかから主婦の買物姿をはるかに見ながら・・・「私はどんどん普通の女から遠ざかっていった」とある。華やかなりし昭和の時代はどこか寂しげ。
カメラ 葛西宗誠 文 大久保恒次 A2-230 フォトあまカラ帖 三和図書 昭和39年 C:B 函入 ¥1,600
「あまカラ」に連載されたものから20編を精選、「宇治茶」から「鴨」まで。うまいものガイドではなく土地と人(採取・産出し加工するなど)と食の写真帖。モノクロです。
小泉信三他 A2-978 食べもの随筆 河出新書 昭和31年 C:B ¥600
里見弴 徳川夢声 森田たま 佐野繁次郎 吉村公三郎 中里恒子 花柳章太郎らが綴る。新書判
食べ処・呑み処=昭和グラフィティ  
洋酒天国 A3-906 洋酒天国50号 洋酒天国社 昭和35年 C:B ¥600
50号を記念してこれまでの表紙を並べている。
荻昌弘 A2-53 快食会談 旺文社文庫 1982年 C:B ¥400
扇谷正造編 A3-911 運鈍根 井上梅女聞き書き 産業能率短期大学出版部 昭和47年 C:B 函入 ¥1,000
初出は「あまカラ」誌、昭和39年5月号のから昭和40年5月号まで連載された。
團伊久磨 A2-139 舌の上の散歩道 朝日新聞社 昭和51年 C:B 小口少シミ ¥600
藤村志保 A3-933 木立の中の食卓 藤村志保・軽井沢の四季 グラフ社 平成10年 C:B ¥700
軽井沢での春夏秋冬に包まれた自然と食卓をつづった本ですが、往年の名女優が今は緑に囲まれた暮らしを愉しんでいる、そんな素朴な様子が伝わってきて嬉しくなる。
駒敏郎 A2-60 東京の老舗 京都の老舗 角川文庫 昭和57年 C:B ¥400
加東康一 A2-63 いい酒いい友いい人生 日本文芸社 平成元年 C:B 帯 ¥400
サライ A2-65 特集1 小津安二郎の東京下町案内 特集2 名物饅頭 小学館 1992年4/16号 C:C ¥300
貴田庄 A2-86 小津安二郎の食卓 ちくま文庫 2003年 C:B ¥400
色川武大 A2-55 喰いたい放題 集英社文庫 1990年 C:B ¥400
山口正介 A2-990 山口瞳行きつけの店 ランダムハウス講談社 2007年 C:A 帯 
¥500
抑制が効いたいい本だと感じました。店というより人同志のさりげない想いがいい。
山口洋子 A2-972 酒場での─飲み上手遊び上手 ベストセラーズ 昭和46年 C:B 
¥600
この時、著者は30代半ばの頃。
週刊朝日編集部編 A2-155 この店この味 二見書房 昭和50年 C:B ¥700
案内役の執筆陣は荻昌弘、團伊玖磨、黒柳徹子、池波正太郎、森英恵、国分綾子、おおば比呂司、落合恵子、岡部冬彦、うつみ宮土理の10名。新書版、料理の写真はカラー。
金子信雄 大空真弓 林与一ほか A2-963 スターが選んだ名古屋の味 名古屋タイムズ社 1986年 C:B ビニールカバー装 ¥700
副題は「行ってみたい177店徹底ガイド」。その店にスターがいる写真が多く手間ひまかけた名店ガイド。

食の文学館 A2-978 特集 熱海の文学者たち 熱海・伊東文学と味覚の旅 紀伊國屋書店 昭和63年第4号 C:B ¥700
みかんの花咲く丘 付録「私の伊東うまいものメモ」(中山千夏) 祖父潤一郎の熱海(渡辺たをり) 伊豆の思い出(井伏鱒二)
懐かしの昭和30年代。町も人も、もちろん子どもたちも元気だったあの頃。「銀座百点」バックナンバーもこのページ最下段にあります。
久世光彦 A2-118 家の匂い 町の音むかし卓袱台があったころ 主婦の友社 平成13年 C:A 帯 ¥1,000
「日本人の忘れもの」とある。著者の回帰は昭和の10年台にまで跳んでいく。表紙に魅せられましたね、和田誠。
前田豊 A2-118R 玉の井という街があった 立風書房 1986年 C:B ¥600
田辺聖子 A2-516 田辺写真館が見た“昭和” 文藝春秋 2005年 C:A 署名落款入 帯 ¥2,500
NHKドラマガイド A2-976 芋たこなんきん NHK出版 2006年 C:B ¥500
対談 田辺聖子 藤山直美 出演者インタビュー 昭和初期の大阪
絵 桐谷逸夫 文 桐谷逸夫 桐谷エリザベス A2-119 東京 いま・むかし 消えゆく町並みと人情 日貿出版社 平成8年 C:B 帯 ¥800
画文集で伝える東京下町の記録
加藤武 A2-86 街のにおい 芸のつや 新しい芸能研究室 1993年 C:B 帯 背汚れ 
¥1,600
木挽町生。昭和20年「歌舞伎座燃ゆ」から始まる街と芸。
小沢昭一 A2-990 句集変哲 三月書房 1992年 C:B 函入 ¥1,800
 装画 小沢英子。
 
林真理子 A2-221 食べるたびに、哀しくって・・・ 角川書店 昭和60年 C:B 
¥700
安西水丸の表紙画のせいだけではないのでしょうが何となく惹かれて目を通してみると意外な面白さ。高校に入学して初めての弁当の時間(「笑う弁当」)では弁当は「各自が一人一個ずつ持ってくる“家庭”に違いない」とある。カツ丼がめったに食べられなかった学生時代、納豆トーストと白湯の女友達の話など情けなくて俗っぽく「恥ずかしい感情におそわれ」る(著者のあとがきのことば)のは青春グラフィティだからこそなのでしょう。
林真理子 A2-726 テレビしちゃった マリコの芸能界探検記 CBSソニー出版 1984年 C:B ¥1,500 
昭和58~59年頃にTVのキャンペーンに駆出されたという、著者のTV業界・タレント「探検」記。「私をいじめた人たちのことなんか、全部書いちゃおーと。」
秋竜山 A2-324 ぼくの純情フラフラ東京 みずうみ書房 1987年 C:B 
¥1,000 
1942年伊東生まれ、上京したのは中学を卒業して五反田の青果市場での出稼ぎだった。
岸井良衛 A2-15 大正の築地っ子 青蛙房 昭和52年 C:B 函入り ¥1,600
著者は明治41年生。「東京下町新富育ち」からさらに時代は遡る。
監修近藤富枝 A2-818 文豪の愛した東京山の手 漱石、鴎外、実篤、芥川を求め歩く JTB C:B ¥500